青葉病院トップページ > 診療科等のご案内 > 診療科目 > 宗教上の理由で輸血を拒否される患者様へ

診療科等のご案内

ここから本文です。

更新日:2016年7月26日

宗教上の理由で輸血を拒否される患者様へ

 

当院では、宗教上の理由による輸血拒否に対し「相対的無輸血*」の方針に基づき、以下のように対応させていただきます。

  • 輸血を行わずに治療ができるよう最善の努力を尽くしますが、救命・生命の維持のために必要であると医師が判断した場合には、同意がなくても輸血を行います。
  • 患者様が提示される「免責証書」等の受理、署名はいたしません。
  • 当院の方針を説明し理解を得るよう努力しますが、同意が得られず、治療に時間的余裕がある場合は、他医での治療をお勧めします。

 

※「相対的無輸血」とは

 患者様の意思を尊重して可能な限り無輸血治療に努力するが、「輸血以外に救命手段がない」という事態に至った時には輸血をするという立場・考え方

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する (改善提案とは?)