診療科等のご案内

ここから本文です。

更新日:2016年3月10日

介護支援専門員の皆さまへ

医療と介護の連携強化のために

当院では、患者様の退院にあたり、地域の介護支援専門員とより一層の連携を図るために、以下の支援を行っています。

『地域生活連携シート』の活用

介護支援専門員より、入院前の介護支援について情報提供をいただき、退院支援へ役立てています。担当の患者様が当院へ入院された際には、『地域生活連携シート』をお送りください。地域連携室より情報提供をお願いする場合もあります。

退院支援が必要な患者様に対しての『退院調整計画書』の作成

ご本人・ご家族・院内スタッフ間で、支援の内容や方針を共有しています。また、退院に向けてかかりつけ医や訪問看護ステーションと情報共有しています。

在宅サービス事業所との連携と院内スタッフからの情報提供

介護支援専門員や訪問看護ステーション等と退院前カンファレンスを行い、院内スタッフより情報提供をさせていただきます。その際、『介護支援連携指導料』『退院時共同指導料』を算定しています。

介護支援専門員の方へのお願い

  • 担当の患者様が当院へ入院された際には、『地域生活連携シート』をお送りください。
  • 患者様の様子を見るために来院する際は、事前に地域連携室へご一報ください。急な来院の場合、院内スタッフが対応できない場合があります。ご一報下されば、可能な限り調整し、情報提供をさせていただきます。来院時は、救急入り口にて面会者手続きをお願いいたします。
  • 在宅にて支援されている患者様についてお問い合わせがある場合は、サービス担当者に対する照会(依頼)用紙(PDF:18KB)(別ウインドウで開く)をご活用ください。

交流会の開催

地域における様々な社会資源に関する情報を共有し、協働する仕組みを作るため、市内医療機関、あんしんケアセンター、訪問看護ステーションとの交流会を定期的に開催しています。

*市内医療機関とあんしんケアセンターの交流会(ホールあおば)
第1回 平成25年11月
第2回 平成26年11月

交流会の風景1(JPG:41KB)
第2回 交流会風景
交流会の風景2(JPG:38KB)
グループワーク「事例を通して連携を考えてみよう」
※訪問看護ステーションとケアマネジャーと市内医療期間との交流会(ホールあおば)
第1回 平成26年1月
第2回 平成27年1月

このような交流会を通じて、千葉市の「地域包括ケアシステムの構築」が進み、医療・介護のサービスを切れ目なく提供することができればと考えます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する (改善提案とは?)