ここから本文です。

更新日:2017年10月1日

産科

千葉市立海浜病院は、平成22年5月に地域周産期母子医療センターの認定を受けました。
産科は、新生児科と連携し、早産児や低出生体重児の出生が予測される妊婦さん(多胎妊娠、妊娠高血圧症候群、切迫早産、前期破水等)や、胎児に問題があると考えられる妊婦さんを重点的に診療しています。また、消化器内科、循環器内科、糖尿病内科とも連携して内科疾患を合併した妊婦さんも診療しています。
他院で早産児や低出生体重児の出生が予測されるなど、当院での診療が必要と思われる場合には、分娩前に当院へ紹介もしくは搬送していただき、当科で分娩後直ちに新生児科医師の診療が行なえる体制をとっています。
また、平成20年4月より妊婦さんの不安や悩みを少しでも解消し、楽しい妊娠・出産・育児が主体的に行えるように支援するために産科病棟助産師が主体となって助産師外来を行っています。
また、平成25年4月より、正常分娩が予測される方の立会い出産を始めました。詳細は助産師外来でご確認下さい。

平成22年5月より千葉県の地域周産期母子医療センターとして認定されました
平成20年4月より助産師外来を始めました

診療内容

一般産科、ハイリスク妊娠(多胎妊娠、合併症妊娠、胎児異常等)を取り扱っています。また、臨床遺伝専門医による遺伝相談も行なっています。(※遺伝相談外来は第1・3・5水曜日の午後に行っています。遺伝相談外来受診には予約が必要です。)
一般産科では、妊婦さんがより安心して分娩に望めるよう、妊娠中期より助産師が主体となって妊婦健診(助産師外来)を行っています。
当院は、新生児科を併設する施設であるため、ハイリスク妊娠を中心に診療を行っています。他の医療機関で妊娠中にハイリスク妊娠と診断された妊婦さんの紹介・受入(母体搬送)を行なっています。

また、当科では妊婦希望による硬膜外無痛分娩、他院での里帰り出産を予定している妊婦さんの妊婦健診は行なっておりません。ご協力よろしくお願いいたします。

診療スタッフ

医師名 職名 資格
飯塚 美徳 統括部長

産婦人科専門医・指導医

周産期(母体・胎児)専門医・指導医
臨床遺伝専門医           

母体保護法指定医

中崎 裕夏 部長

産婦人科専門医

母体保護法指定医

麻酔科標榜医

楯 健司 部長 産婦人科専門医・指導医
母体保護法指定医
木下 亜希 主任医長 産婦人科専門医・指導医
佐藤 美香 医長 産婦人科専門医 
中村 名律子 医長 産婦人科専門医
鉄林 諭慧 医師  

分娩実績

 

2011

年度

2012

年度

2013

年度

2014

年度

2015

年度

2016

年度

分娩数 511 621 682 709 780 659
うち正期産数 355 411 504 536 587 468
うち経膣分娩数 316 399 451 447 476 392
うち帝王切開件数 195 222 231 262 304 267
うち多胎分娩数 52 68 51 73 74 46
うち鉗子・吸引分娩数 17 31 31 54 37 60
低出生体重児出生数 232 250 261

242

307 229
母体搬送受入れ数 140 147 129 132

154

139

 

研修施設指定

日本産婦人科学会専攻医指導施設(連携専門医療型)

日本周産期新生児医学会研修施設(母体・胎児)(基幹施設)

母体保護法指定医師研修機関

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する (改善提案とは?)