ここから本文です。

更新日:2017年5月8日

小児科

診療内容

特色

千葉市の地域小児科センターとしてこどもたちに信頼される小児医療を目指しております。救急疾患から小児一般診療、小児の専門治療まで幅広い診療を提供しております。救急疾患では、千葉市小児救急の拠点病院として、内因・外因を問わず365日小児科医が常時対応する態勢をとっております。直近5年間の新規入院患者数は年々増加し平成28年度は小児科単独で2,132名で、多くのこどもたちをケアする機会を得ております。また千葉市学校健診の三次検診機関として心臓病・腎疾患の精査、乳児健診など地域保健にも積極的に関わっております。

平成29年5月現在、小児科常勤医師は18名で新生児科医師を含めると24名となります。小児の入院ベッド数は42床(ハイケアユニット4床を含む)です。小児科担当医師の資格や専門分野は診療スタッフの項を御覧ください。

小児科を受診される方へ

外来診療

外来予約

かかりつけ医からの紹介状をお持ちの方は下記の予約専用電話をご利用ください。

電話:043-277-8014 月曜〜金曜 9時~12時 
13時〜16時

一般外来(午前)

受付時間:月曜日~金曜日 8時30分~11時30分

予約をされずに来院された場合、新患・予約外担当医師が担当させて頂きます。一般外来への受診には紹介状は必要ではありませんが、かかりつけ医からの紹介状をご持参いただくと、よりスムースに診療を進めることが出来ますので、ご協力をお願いいたします。前医で受けられた検査の結果や処方された薬の内容及び予防接種の記録は、診療上大切な情報であることをご理解願います。お薬手帳や母子手帳をご持参いただきますようお願いいたします。

専門外来(午後)

各種の専門外来を開設しております。完全予約制です。小児科に加え、小児外科疾患、小児整形外科疾患も専門医が診療する態勢を備えております。発熱・下痢などの急性期症状がある場合は午前中の一般外来の受診をお願いしております。ご理解の程、宜しくお願い致します。

・アレルギー(気管支喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなど)

・神経(てんかん、熱性けいれん、発達遅滞、運動障害など)

・循環器(川崎病、先天性心疾患、不整脈など)

・先天代謝異常症(アミノ酸代謝異常症、脂肪酸代謝異常症、糖代謝異常症など)

・消化器(難治性下痢症、肝臓病など)

・感染症(慢性気管支炎など)

・内分泌(甲状腺疾患、低身長など)

・小児外科疾患(虫垂炎、ヘルニア、停留精巣など)

・小児整形疾患(骨の先天性疾患、股関節疾患、骨折、側弯症など)

 

ご予約は随時地域連携室で行いますので、かかりつけ医にご相談ください。予約なしに来院される場合は、まず、午前の一般外来を受診していただきます。その時に診察した新患・予約外担当医師がお話を伺い、必要な検査をしたうえ専門外来を予約させていただきます。

 

夜間の救急について

夜間の時間外救急は、当院に設置されております千葉市夜間応急診療(夜急診)にて365日受け付けております。この救急外来では、千葉市医師会の医師と院内外の小児科医が協力して救急対応にあたっております。救急外来では、看護師がトリアージをおこなって、治療の緊急性の高いお子さんから優先的に診察する院内トリアージシステムを取り入れています。発熱、嘔吐、下痢、けいれん、呼吸が早い、耳痛、うでが挙らない、頭をぶつけたなど、種々の症状に対応しております。初期対応をする医師は、小児科や内科を専門とする医師です。診察結果により、しかるべき専門医にご紹介する場合もございます。ご理解の程、宜しくお願い致します。 

救急車搬送受入数

26年度

27年度

28年度

小児科

722

871

1,249

小児科夜急診

841

838

803

小児総数

1,563

1,709

2,052

入院診療

小児病棟は3階です。小児病棟には、小児科、小児外科、耳鼻科、整形外科、形成外科などのお子さんが入院する病床です。

小児のベッド数42床:ハイケアユニット4床、預かり病床4床、有料個室4床を含む

なお、新生児病棟40床(NICU15床、GCU24床、感染隔離室1床)も3階にあり、6名の専従医が担当しております。

小児科からの眺め1小児科からの眺め2

 小児病棟からの眺め

4床部屋は東京湾を見渡せるオーシャンビューとなっております。晴れた日に富士山が一望できます。病棟保育士が3名おり、こどもたちのケアをしております。小児病棟にはプレイルームを設置、季節の行事もプレイルームで行います。

院内学級:長期間入院となる小学生のお子さんが入院中に学習する場です。

3.入院数・疾病について

平成28年度の年間入院患者数は2,132名と多く、厚労省DPCのMDC分類である「小児疾患」の入院患者数は県内でトップとなっております。主な疾患として感染症、けいれん・脳症などの神経、呼吸器、川崎病、IgA血管炎、循環器、アレルギー、代謝・内分泌、腎臓、頭部外傷、小児外科、耳鼻科、整形外科、形成外科のこどもたちの診療を行っております。重篤なこどもたちは、小児病棟内のハイケアユニット(HCU)あるいは集中治療室(ICU)において治療をおこないます。

 

新規入院患者数 24年度

25年度

26年度

27年度

28年度

小児科

1,538

1,723

1,779

1,941

2,132

  新生児科

287

270

265

322

267

総 数

1,825

1,993

2,044

2,263

2,399

4.ご面会について

面会時間は平日15時から20時、土曜日、日曜日、祝日13時から20時です。

面会できるのはご両親・祖父母、中学生以上の同胞の方のみです。院内感染予防のため、小学生以下のお子様は、病棟に入ることをご遠慮ください。

それ以外の方のご面会はロビーで付き添いの方との面会になりますのでご了承下さい。

風邪気味の方、下痢、発熱、目の充血などの症状があり体調の悪い方は、ご面会の前に看護師にお申し出下さい。面会できない場合があります。

診療スタッフ

                                     ※H29年4月現在

氏名 職名 専門分野 資格
寺井 勝 院長

循環器 集中治療

小児一般

日本小児科学会専門医・指導医

日本小児循環器学会専門医・評議員

日本循環器学会専門医

日本心臓病学会 心臓病上級臨床医

日本集中治療医学会専門医

日本感染症学会暫定指導医

日本小児救急医学会評議員

金澤 正樹 副院長

先天代謝異常 消化器

小児一般

日本小児科学会専門医・指導医
地引 利昭 統括部長

循環器

小児一般

日本小児科学会専門医・指導医
日本心臓病学会 心臓病上級臨床医

BLSプロバイダー

橋本 祐至 部長

神経

小児一般

日本小児科学会専門医・指導医
日本小児神経学会専門医
PALSプロバイダー
NCPRプロバイダー

JATECプロバイダー

DMAT隊員

阿部 克昭 部長

感染

小児一般

日本小児科学会専門医・指導医 

日本感染症学会専門医・指導医・評議員 

日本化学療法学会 抗菌化学療法指導医

日本小児感染症学会評議員

Infection Control Doctor

杉田 恵美 主任医長

小児一般

先天代謝異常

消化器 

日本小児科学会専門医・指導医

日本小児栄養消化器肝臓学会認定医

廣瀬 陽介 主任医長

救急

小児一般

日本小児科学会専門医・指導医

DMAT隊員

NCPRプロバイダー

JATECプロバイダー

JPTECプロバイダー

ACLSプロバイダー

加藤 いづみ 主任医長

免疫・アレルギー

小児一般

日本小児科学会専門医・指導医

日本アレルギー学会専門医
PALSプロバイダー

JPLSコース修了    

公平 愛生 医長 小児一般 日本小児科学会専門医
細川 真理子 医長 小児一般 日本小児科学会専門医
小玉 隆裕 医長 小児一般 PALSプロバイダー
光永 可奈子 医長 小児一般 日本小児科学会専門医 
鋪野 歩 医師 小児一般

専攻医

PALSプロバイダー

原 真由美 医師 小児一般 専攻医
藤本 遼 医師 小児一般 専攻医
仲村 あずさ 医師 小児一般 専攻医(出向中)
寺中 さやか 医長 小児一般

専攻医 

泌尿器科専門医
高居 宏武 医師 小児一般 専攻医
中島 聡 医師 小児一般 専攻医
横川 大樹 医師 総合診療医 専攻医
武之内 史子 非常勤医師 小児外科 日本外科学会外科専門医
日本小児外科学会専門医
石和田 文栄 非常勤医師 感染 日本小児科学会専門医
Infection Control Doctor
高谷 具純 非常勤医師 内分泌 日本小児科学会専門医
日本内分泌学会専門医・指導医
高谷 里衣子 非常勤医師 内分泌 日本小児科学会専門医
森山 陽子 非常勤医師

小児一般

神経

日本小児科学会専門医
塩濱 直 非常勤医師 神経
日本小児科学会専門医・指導医

日本小児神経専門医

日本臨床遺伝学会専門医
平井 希 非常勤医師 小児一般・集中治療 日本小児科学会専門医
田邉 雄三 非常勤医師 神経

日本小児科学会専門医

日本小児神経学会専門医

亀ヶ谷 真琴 非常勤医師 小児整形

日本整形外科学会専門医 

同『小児整形外科委員会』委員長

医療機関の方へ

当院は、千葉県の地域小児科センター、地域周産期母子医療センターに指定されています。また、日本小児科学会専門医研修基幹施設、日本周産期・新生児医学会新生児認定基幹施設、日本小児神経学会専門医研修認定施設、日本感染症学会認定研修施設として小児のサブスペ専門医を育成しております。小児一般疾患、小児急性疾患の診療が主ですが、専門外来で各領域の慢性疾患の診療を行っています。

紹介について

一般、専門外来において医療機関からのご紹介を随時受けております。

検査依頼CT、MRI、脳波などのご紹介も随時受けています。※検査Dataのみのご報告となります。

電話(代表):043-277-7711

地域連携室予約専用電話:043-277-8014

就職・研修医募集

 スタッフ募集

私共と一緒に小児医療を担うスタッフ、後期研修医(専攻医)を募集中です。小児急性期疾患を中心に外因系を含む救急、専門疾患、入院患者数いずれも豊富で、十分な経験を積むことができます。各専門分野の小児科専門医による指導体制が充実しております。やる気と情熱をお持ちの方をお待ちしております。詳細は下記へお問い合わせ下さい。

 

平成29年度小児科専攻医(後期研修)プログラム(平成30年度は現在作成中です):http://www.city.chiba.jp/byoin/kaihin/documents/shounikouki729final.pdf

 

<問い合わせ先>

〒261-0012 千葉市美浜区磯辺3丁目31番1号

電話:043-277-7711(代表)

FAX:043-278-7482(事務局)

E-mail:kaihinbyoin.MKH@city.chiba.lg.jp

千葉市立海浜病院副院長 金澤正樹

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する (改善提案とは?)