海浜病院トップページ > 千葉市立海浜病院初期研修プログラムを検討されている皆さんへ(卒後研修センターにようこそ)

ここから本文です。

更新日:2017年5月26日

千葉市立海浜病院初期研修プログラムを検討されている皆さんへ

・医師臨床研修プログラム説明会を開催します

卒後研修センターにようこそ

卒後研修センター長 寺井 勝

政令指定都市である千葉市は95万の人口を抱える大都市で、千葉大学を始め、寺井院長顔写真千葉県救急医療センター、千葉県がんセンター、千葉医療センターなど多くの
医療施設に恵まれています。そのなかで、千葉市立海浜病院は現在も発展する
幕張メッセに最も近い場所に位置します。2018年には日本サッカー協会の
専用グランド建設、2020年には東京オリンピックの競技が幕張で開催予定
です。幕張ベイタウンでは、今後も住宅開発が予定されています。このような
立地条件にある千葉市立海浜病院の役割は極めて重大です。発展する幕張地域の基幹施設として新生児から高齢者の健康を守る使命を担っております。また、
災害拠点としての使命もあります。そして、これら使命を推進する若い力が求められます。

 

卒後研修に必要なこと

平成16年に始まった卒後臨床研修により、医学生には研修場所を選択する幅が大きく広がりました。医学生の58%は大学病院ではない臨床研修病院で研修をしています。海浜病院は、救急医療を基盤とした典型的な臨床研修病院と言えます。「よりよい研修を受ける」には病院の規模、指導医の質、研修医のためのプログラム構成、そして何よりも「医師としての基盤を形成」するための研修でなければなりません。

海浜病院では、将来に必要な臨床経験に留まらず、社会人として成長する研修医ひとりひとりを温かく支援したいと考えております。その為に、2年間に亘り個人個人の成長の軌跡をしっかり見守り、アドバイス出来る体制を卒後研修センターとして構築しております。

前勤務地の東京女子医科大学八千代医療センターにおける7年間の卒後研修センター長としての経験を活かし、研修医が自主性を養うことが出来るように、同時に、皆さんにとって想い出に残る研修生活となるべくサポートいたします。

 

研修プログラム

平成30年度の研修プログラムです。

卒後臨床研修プログラム(募集人数5名)

自由選択科の期間が11~12か月と長く、ご自身のキャリア形成に合った研修計画が可能です。協力病院は千葉救急医療センター、千葉市立青葉病院、東京女子医科大学八千代医療センター(小児科)です。(詳細は資料1(PDF:2,093KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する (改善提案とは?)