• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2015年12月8日

平成25年度「みんなで創る中央区づくり」活動状況

新着情報

各団体の活動状況

千葉市社会福祉協議会寒川地区部会
「要支援者も含めた避難訓練を実施」

社会福祉協議会寒川地区部会では、災害時に避難行動要支援者が無事に避難できる体制づくりを進めています。これまでシールやタオルを作成することによる支援を進めてきましたが、その最終段階として2月23日に寒川地区の6町内自治会と協力して避難訓練を実施しました。

当日は避難行動要支援者も含め、約160名が参加しての訓練となりました。各町内自治会ごとに集合し、寒川小学校に避難しました。避難所では、日赤奉仕団から新聞紙でのスリッパ作成など、避難生活で役に立つ知識が紹介されました。

寒川01 寒川02 寒川03

都地区町内自治会連絡協議会
「東大和市社会福祉協議会を視察しました」

都地区町内自治会連絡協議会は、パトロールや見守りを通じて安全安心な町をつくり、環境・福祉の向上を目ざしています。

1月28日には、「見守り・声かけ活動」を先駆的に行っている東大和市社会福祉協議会への視察を行いました。現地では、平成8年度から小地域福祉活動として、同じ地域に住む人が協力員として訪問し、安否確認や声かけを行っていることが紹介されました。

実際に活動を行っているボランティアの方からは、地域の人しか気づくことのない体調の変化や何気ない会話の中から変化を感じとる事例が挙げられました。また、ゆるやかな見守りを継続的に行うためには、ある程度システム的な見守りが必要になるという意見もありました。

東大和01 東大和02

千葉寺第2メリーポピンズの会
「花壇や憩いの場づくりが進んでいます」

千葉寺第2メリーポピンズの会は「花と緑で地域をハッピーに!」をテーマに花壇づくりを通して、高齢者、独居者との交流、憩いの場づくりを行っています。

11月10日は、団地の清掃日に合わせて作業を行いました。これまで、あまり整備されていなかった団地内の緑地にフェンスを設けるなど、花壇を整備しました。また作業終了後に交流するための椅子やテーブルのあるスペースの用意も進んでいます。

メリーポピンズの会1 メリーポピンズの会2 メリーポピンズの会3

千葉市社会福祉協議会蘇我地区部会
「蘇我地区『あんしんカード』から見守りへ地域支えあい事業」

社会福祉協議会蘇我地区部会では、見守り体制の充実を図るため「安心カード」の導入を図っています。12月中に町内自治会加入の世帯に全戸配布する予定です。

安心カードは冷蔵庫に保管するタイプで、全戸に導入することで日常、災害時を問わず緊急時に的確な対応や家族への連絡が迅速に行えるようにすることを目的としています。

約5,700世帯という多くの世帯に配布するため、仕分け作業などは、蘇我中学校の協力により対応する予定です。

蘇我1

第9地区町内自治会連絡協議会
「地域が運営する支え合いの避難所づくり」

第9地区町内自治会連絡協議会は、「地域が運営する支え合いの避難所づくり」事業を推進しており10か所の避難所で運営組織を立ち上げました。本年度中に各避難所の特性を考慮したマニュアルを作成し、地域の実情に合わせた運営ができるような体制をつくることを目標にしています。

9月30日には、蘇我コミュニティセンターでHUG(避難所運営ゲーム)を活用した全体研修会を開催しました。当日は、HUGを開発した静岡県地震防災センターから招いた講師の指導のもとHUGに取り組みました。

想像以上にめまぐるしく状況が変化していくHUGに参加者も頭を悩ませながら避難所運営をシミュレートしていきました。講師からは、「実際の避難所運営では、必ず混乱が起きるので、HUGのなかでも混乱しながらも対応していくことが大切」というアドバイスがありました。今後は各避難所単位でHUGを用いた研修会を実施する予定です。

9地区1 9地区2

千葉市社会福祉協議会東千葉地区部会
「東千葉地域の見守り体制づくり」

千葉市社会福祉協議会東千葉地区部会は、「見守り体制づくり」のためにアンケート調査を行っています。今回のアンケートは、平時の見守り体制をつくることを目的としたもので、支援を必要とする高齢者や障害のある方などの意向を尊重しながら行っています。

地域で孤立しないように日頃の付き合いの中で声かけや安否確認などの見守りを行い、万が一の災害時に備えるため、アンケート内容を工夫しています。11月中にはアンケートを回収し、分析を行っていく予定です。

東千葉1

大森町さつき防犯パトロール隊
「各家庭と町全体の防犯意識の高揚を図る」

大森町さつき会防犯パトロール隊は、町内自治会の有志が集まり地域のパトロールを行っています。防犯意識を高めるために歌舞伎の目をモチーフにした防犯プレートも作成し、町内に配布しています。

9月27日には、中央警察署から講師を招き、青色防犯パトロールの講習を行いました。防犯パトロールの基礎知識のほか、振り込め詐欺やひったくりの発生状況などが紹介されました。

大森1 大森2

コロボックルの森
「コロボックルの森プレーパーク」

コロボックルの森は、千葉公園や作草部市民の森などで毎週水曜日と月に1回週末に未就学児向けのプレーパークを開催しています。

千葉公園お花見広場で行われた9月1日の週末プレーパークには、子どもたちの森公園のプレーリーダーも参加し、親子合わせて30名以上が集まり、にぎやかな会になりました。

この日は、スイカ割りや、子どもたちの手形を記したフラッグづくりなどを行いました。今後はロープやネットを使った子どもの外遊びを行っていく予定で、参加者も随時募集しています。当日の飛び入りも大歓迎です!

コロボックルの森1 コロボックルの森2

葛城中学校区を元気にする会
「地域活性化支援事業」

葛城中学校区を元気にする会は、8月19・20日の2日間「第29回本町中央地区子供の夕べ盆踊り大会」を開催しました。7つの町内自治会を中心に多くの人の協力のもと行われている盆踊り大会です。

当日はたくさんの子どもたちが参加し、夏休みの思い出に残るような楽しい会になりました。子どもたちが無料で楽しむことのできる綿菓子、ポップコーンといった出店もあり、とくに綿菓子には長蛇の列ができていました。

葛城1 葛城2

ホームタウンを話し合う会
「Let's Enjoy SOGA スタンプラリー2013」

ホームタウンを話し合う会は、蘇我駅周辺の店舗が企画するスタンプラリー、「Let's Enjoy SOGA スタンプラリー2013」の出発式を7月27日(土曜日)に開催しました。出発式の詳細は、中央区役所フェイスブックページにて公開しています。

Let's Enjoy SOGA スタンプラリー2013 出発式!!(外部サイトへリンク)

ホームタウン1

千葉市社会福祉協議会生浜地区部会
「みんなで見守る町づくり・生浜」

社会福祉協議会生浜地区部会は、要援護者と児童の見守り活動を行う「みんなで見守る町づくり・生浜」をスタートさせました。7月14日には、活動の趣旨が説明され、淑徳大学准教授の小倉常明先生から地域での見守り活動について講演いただきました。

講演の中では、昨今の社会福祉の動向や地域福祉活動の事例が紹介されたほか、実際に見守り活動を行う際の注意点も示されました。今後は世帯状況や援護する側、される側の意識についてアンケートを行い、見守りの課題解決に取り組んでいく予定です。

生浜1 生浜2

このページの情報発信元

中央区 地域振興課

千葉市中央区中央3丁目10番8号

電話:043-221-2111

ファックス:043-221-2179

chiiki.CHU@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)