• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2015年12月8日

平成26年度「みんなで創る中央区づくり」活動状況

新着情報

各団体の活動状況

 ニッセのこべや「地域の中の子どもの居場所」

ニッセのこべやは、こども企画課で所管している「こどもカフェ」に類似した活動を行っており、主に土曜日の午前中に活動し、工作・調理等の創作活動を通じ、幼児・児童への支援を行っています。
中央区地域振興課では8月16日(土曜日)の活動の様子を見学してきました。
この日は、5人の子どもが来ており、木やCD等を活用した「工作」やかき氷・フルーツポンチといった「おやつづくり」を楽しんでいました。

 

 

 蘇我中学校地区コミュニティづくり懇談会「災害時の不安を軽減する安全安心体制づくり」

蘇我中学校地区コミュニティづくり懇談会では、地震等の災害は発生した際に、安否確認・避難支援・地域に密着した避難所運営委員会の立上げを確実にスムーズに行える体制を整えるべく、避難所運営マニュアルの作成・修正を行っております。
8月31日(日曜日)は市内各所で避難訓練が実施され、そのうち、中央区役所の補助金も活用している大森小学校の避難訓練を避難所開設から、住民のみなさんの受付、講評まで見学してまいりました。

 

 

 

 淑徳大学サービスラーニングセンター地域活性化プロジェクト「未来の商店街を創造するフューチャービジョンワークショップ」

白旗町内会・商店会、政策学概論・政策形成論の受講生の有志による勉強会&ワークショップを開催を開催し、白旗商店街の活性化について検討を行っています。

初回では、まず矢尾板俊平准教授より、「商店街の活性化を考える」というテーマで、近年の中心市街地活性化、まちづくり、都市計画に関わる状況を講演を行い、次にワークショップ形式で、学生が地域の皆様からお話を伺いながら、活性化のためのアイディアを検討し、テーブル毎に検討内容の発表を行いました。

本事業では、成果物としてフリーペーパーを発行する予定です。
今後もワークショップを定期的に行っていき、アイディアを実現していくために検討を進めていきます。

 

 

 

千葉市社会福祉協議会川戸地区部会 ~「川戸地区部会お助け隊」活動~  

 千葉市社会福祉協議会川戸地区部会では、平成24年度に「地域の見守り・助け合い事業」に関するアンケートを実施したところ、千葉市社会福祉協議会川戸地区部会では、平成24年度に「地域の見守り・助け合い事業」に関するアンケートを実施したところ、日常生活のちょっとした困りごとに対応するための住民相互による「助け合い」の必要性が確認できたため、はじめに地域の見守り活動を実施してきました。

  平成26年度に助け合い事業内容を川戸地区部会・民生委員・町内自治会会長・千葉市社会福祉協議会区事務所・中央区地域振興課で検討してきた結果、平成27年度より実施する事業内容が完成したため、当該事業を実施するための説明会が平成27年2月21日(土)に川戸公民館で実施されましたので、その模様を報告いたします。

  当日は、先進事例として松ヶ丘地区部会での活動内容の報告があり、その後川戸地区部会での助け合い事業内容の説明を地域の方に向けて行われました。

 川戸地区部会お助け隊説明会風景

このページの情報発信元

中央区 地域振興課

千葉市中央区中央3丁目10番8号

電話:043-221-2102

ファックス:043-221-2179

chiiki.CHU@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)