• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2016年3月24日

 平成27年度「みんなで創る中央区づくり」活動状況

活動状況の見出し

各団体の活動状況

 子育て支援ステーションニッセ「子育てママパパ応援プロジェクト~自分らしい子育てみつけませんか?~」

千葉寺町にある子育て支援ステーションニッセは、乳幼児とその保護者の支援として、遊び場の運営やコンサート等のイベントを実施しています。

子育てステーションニッセの活動

「母親の抱える不安が少しでも軽減し、一人でも多くの母親が自分の育児に自信をもち、子どもと楽しく毎日を過ごせるようになってほしい。」

そんな気持ちで、地域の親子に交流の場へ出向いてほしいと、原則毎月第3水曜日の午前中に、さまざまな催しを計画中です。7月22日(水曜日)は赤ちゃんの水分補給について、講師の方を招き、地域の親子と一緒にお話を伺いました。

将来的には、同世代の親子同士を繋ぐ役割以外にも、参加してくれた親子と一緒に地域に参加していく活動も考えたいとの事です。

 

「子育て支援ステーションニッセ」のホームページはこちら(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)から。 

 淑徳大・生実町プレーパーク

 生実町の淑徳大学グラウンド内の森の中に開設された「淑徳大・生実町プレーパーク」では、子ども達が自然探検遊びや農業体験を楽しむことができます。

 プレーパークの活動1

 この活動は淑徳大学生を中心にした実行委員と地域の自治会や敬老会が連携して実施されています。

 

 プレーパーク3

 子ども達が安心して自然の中で遊べる場所づくりとともに、世代の異なる人々が交流する場になっています。

 プレーパーク2

 このページのトップへ

 社会福祉協議会川戸地区部会「安心カード配布」

 社会福祉協議会川戸地区部会(以下、川戸地区部会)の「安心カード配布」事業は、かかりつけ医や緊急連絡先等を記載する「安心カード」を全世帯に配布し、冷蔵庫に入れておいてもらうことで、万一の場合に役立ててもらおうというものです。

 安心カード川戸地区部会では、一人暮らしの高齢者の方の希望を調査し、定期的に訪問をする等の見守り活動を続けていました。その活動の中で、実際に高齢者の方が倒れてしまった際に緊急連絡先がわからない等のことがあり、「安心カード」の必要性を感じたそうです。その経験から一人暮らしの高齢者等に「安心カード」を配布していましたが、他の世帯からも配布の希望があり、今回は地区の全ての世帯に配布する計画を立てました。

 配布については、町内自治会の協力を得て進めています。以前、福祉ニーズを把握するために全世帯対象のアンケートを行った際にも第21地区町内自治会連絡協議会(町内自治会)及び、民生委員に協力していただいて、その経緯から川戸地区部会の活動に対し理解が進み、今回の「安心カード」の活動に対してもスムーズに協力が得られたとのことです。

 川戸地区部会の活動は、高齢者等の気持ちを汲みながらデリケートに進めていく活動も含まれます。「何かと忙しい中、ボランティアで活動するのは確かに大変だが、ここに来ると色々な人と出会える。」と、スタッフの方が仰っていたのが印象的でした。今後も様々な人の協力や連携を得ながら、地域福祉活動を進めていただきたいと思います。

 

 

 このページのトップへ

 蘇我中学校地区コミュニティづくり懇談会「福祉的配慮か必要な人をケアする避難システムづくり」

 

 高齢者や障害者、日本語が不得手な外国人、乳幼児とその保護者等は、災害時には自力での避難が難しいといわれています。また、避難所でも様々な困難があり、迷惑がかかる等の理由でそもそも避難するのをためらってしまうという事例もあるそうです。

 避難所の様子蘇我中学校地区コミュニティづくり懇談会では、そのような人たちを支援する避難システムづくりを進めており、各自治会で要支援者・支援リストや地域ごとのニーズに合わせた避難所運営マニュアルを作成し、8月には避難訓練を実施しました。

 訓練では、地域ごとに集まった住民の方が相互に安否確認をし、避難所となる体育館に避難します。避難所では自治会ごとの場所を確保したほか、男女別の更衣室や授乳室、一般の避難所では支障がある方に対しての福祉避難スペース、感染症対策の隔離室を別に設けました。また、あらかじめ障害者や病人の役を演じる方を選び、避難所の受付で別に用意した避難所(第二体育館)に案内し、救護担当がついたり、福祉避難所(一般の避難所では支障がある方のための避難施設)への搬送訓練も行いました。

 訓練終了後には、避難所運営委員会の皆さんによる反省会が行われ、今後は各避難所での情報共有や研修を経て、避難所運営マニュアルを改良していく予定です。

 

 

このページのトップへ

 ウェストリオテナント会「千葉西口きずなプロジェクト」

  千葉駅西口にあるウェストリオテナント会では、千葉駅西口再開発事業の長期化により、テナント間も含めた事業者同士や地域とのつながりか希薄であることを課題に挙げ、「千葉西口きずなプロジェクト」として、イベントや清掃活動を通じた賑わいの創造や新たなコミュニティの形成をめざしています。

 千葉駅西口イルミネーション

 

 

 

 

 

 

 

 イベントを通じての地域住民とのふれあいの他、清掃活動や防災訓練など地域の方に参加してもらえる取り組みを検討していきたいとの事です。

 西口マルシエの写真

詳細はこちら(WESTRIO ウェストリオ ホームページ)(外部サイトへリンク)

 このページのトップへ

このページの情報発信元

中央区 地域振興課

千葉市中央区中央3丁目10番8号

電話:043-221-2105

ファックス:043-221-2179

chiiki.CHU@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)