• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年7月14日

 平成28年度「みんなで創る中央区づくり」活動状況

◆各団体の活動状況

 NPO THOT「本がつなげる、みんなの居場所」

 「本がつなげる、みんなの居場所」とは、地域住民がテーマに沿った本を持ち寄って、本の紹介をすることで共通部分を認識し、年齢や性別、職業や国籍を超えた交流をすることができる地域の居場所をつくることにより、高齢者や子育て世代等が地域で孤立せず、自然と集まり、交流できることを目的としています。
最初の取り組みとして、空き店舗を利用した、「まる空間」というコミュニティカフェの設立にかかわり、このカフェが「本がつなげるみんなの居場所」となることを目指し、人が集まる仕組みを作るため、「親子で本箱作り」をしました。その中で、小さい子どもと親の組み合わせばかりではなく、高齢の父親と子で参加していただいた親子もいたことで、本がつなげる多世代間交流が始まりました。
その後、いろいろな本をテーマに「ぐりとぐらのカステラづくり」、「アリスのティーパーティー」など、様々な企画を通して、「まる空間」というコミュニティカフェを地域の方に周知してもらうことができました。また、「箸置きづくり」や「グリーフケアを考える茶話会」、「歌声喫茶」など、高齢者や認知症の方を交えたイベントを実施し、介護・老後への不安等を共有、相談できる場を提供することができました。

詳しい活動内容はこちら(外部サイトへリンク)
H28活動NPOTHOT

 

 ママの働き方応援隊 千葉おゆみ野校「赤ちゃん先生プロジェクト」

 「赤ちゃん先生プロジェクト」とは、0~3歳までの赤ちゃんとその母親が教育機関や高齢者施設等に出向き、赤ちゃんとのふれあいを通し、今の自分や過去の自分を振り返り、それぞれに合った感じ方をしてもらう活動を行っています。
・小中学生には、いじめ・自殺の防止のため、「いのちの偉大さ」、「友達・言葉の大切さ」を
・高校・大学では、育児体験を通し、「親になる責任」を
・高齢者施設では、癒しと共にふれあいや、生きていく喜びを、また、母親に知恵や文化の継承を与えることを目的としています。
際に活動を行い、内容を知っていただくと、「次年度もぜひ来てください」と評価をいただき、小学校の活動後には、児童から「体験できてよかった」とたくさんの感想をいただき、目的であった「いのちの偉大さ」、「友達・言葉の大切さ」を感じていただけたと思います。
動に参加した赤ちゃんは、回数を重ねるごとに人見知りも少なくなり、成長を感じました。
た、母親もみんなでの振り返りを通し、活動・子育てに意欲的になっていきました。
童の感想や、高齢者のみなさんが喜んでいただけるのを感じ、子育てをしながらも人の役に立ったことや、笑顔にできたことで自信がついたようです。
h28活動ママの働き方1 h28活動ママの働き方2

  

このページの情報発信元

中央区 地域振興課

千葉市中央区中央3丁目10番8号

電話:043-221-2105

ファックス:043-221-2179

chiiki.CHU@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)