ホーム > 中央区役所 > 中央区の紹介 > 中央区の組織 > 転入・転出の手続き

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2019年2月7日

転入・転出の手続き

転入に係わる手続き

前市町村で介護認定を受けていた方

千葉市で引き続き介護サービスを利用する為に、以下の手続きが必要です。

  1. 転出手続き後、前市町村の介護保険担当課にて、受給資格証明書を取得します。
  2. 千葉市の各区市民総合窓口課等で転入手続をします。
  3. 市民総合窓口課または各区介護保険室に受給資格証明書を提出し、要介護・要支援認定手続きをします。
  4. 千葉市の介護保険被保険者証がご自宅に送付されます。(約1週間程度要します。)

※3の手続きを転入日から14日以内に行わない場合、無効となりますので、ご注意ください。

※要介護状態区分は前市町村からの引き継ぎとなります。有効期間は転入日から6か月となります。

前市町村で負担限度額認定(施設の居住費・食費の軽減)を受けていた方は、千葉市で新たに申請する必要があります。また、前市町村に所得の照会をする為、認定に日数を要しますので、ご了承ください。

前市町村で介護認定を受けていない方

手続きの必要はありません。1週間ほどで、介護保険被保険者証が千葉市からご住所に送付されます。

介護保険料の算定

転入された月から、千葉市へ保険料を納めていただきます。転入から約1か月後に納付書を送付いたします。前市町村での納付方法が特別徴収(年金天引き)だった方は、年金天引きが停止になります。年金保険者から市へ通知があるまで(6~10か月程度)は普通徴収(納付書での納付または口座振替等)となり、その後、年金天引きが再開されます。

転出に係わる手続き

千葉市で介護認定を受けていた方

転入先で引き続き介護サービスの利用をする為に手続きが必要です。基本的には窓口にて、手続きをしていただきますが、郵送も可能ですので、ご相談ください。

  1. 千葉市の各区市民総合窓口課等で転出の手続きをします。
  2. 市民総合窓口課または各区介護保険室で受給資格証明書交付の手続きをします。
  3. 受給資格証明書(介護度・有効期間等を記載した証明書)を発行します。
  4. 転入先市町村の住民票担当課で転入手続をします。
  5. 転入先市町村の介護保険担当課に、受給資格証明書を提出します。
  6. 転入先市町村の介護保険被保険者証が発行されます。

※2の手続きを住民票が設定されていた区以外の窓口で行った場合、受給資格証明書は後日、転出先の住所地に送付されます。

※5の手続きを転入日から14日以内に行わない場合、無効となりますので、ご注意ください。

※要介護状態区分は千葉市で認定されたものを引き継ぎます。有効期間は転入日から6か月となります。

千葉市で負担限度額認定(施設の居住費・食費の軽減)を受けていた方は、転入先市町村で新たに申請をしてください。

千葉市で介護認定を受けていない方

手続きの必要はありません。新しい介護保険被保険者証については、転入先市町村にご確認ください。

介護保険料の算定

転出の前月までを千葉市へ納めていただきます。手続きの時期により、転出後も年金天引きされることがあります。その場合、転出先住所へ還付通知をお送りし、保険料をお返しいたします。

市内転居

認定をされている方、されていない方にかかわらず、手続きの必要はありません。1週間ほどで、介護保険被保険者証が転居先住所に送付されます。

負担限度額認定を受けている方は、転居により世帯状況が変わる場合がありますので、再度申請が必要になります。

このページの情報発信元

中央保健福祉センター高齢障害支援課介護保険室

千葉市中央区中央4丁目5番1号 きぼーる13階

電話:043-221-2198

ファックス:043-221-2602

koreishogai.CHU@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)