ホーム > 健康・医療・生活衛生 > 健康 > 高齢者インフルエンザ予防接種を受けたいのですが。

更新日:2017年11月20日

ここから本文です。

高齢者インフルエンザ予防接種を受けたいのですが。

質問

高齢者インフルエンザ予防接種を受けたいのですが。

回答

市では、65歳以上の方などを対象に、季節性インフルエンザの予防接種を実施します。

●対象者
(1) 接種日現在で65歳以上の方(昭和28年1月1日以前に生まれた方に限ります)
(2) 接種日現在で60から65歳未満の方で、心臓機能障害、腎臓機能障害、呼吸器機能障害、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害を持つ身体障害者1級の状態にある方。
●接種期間
毎年10月1日から12月31日まで(平成29年度に限り、インフルエンザワクチンの全国的な供給の遅れに対応するため、平成30年1月31日まで期間を延長いたします)。
●接種費用
自己負担 1,800円
医療機関の窓口でお支払いください。
※対象者で、生活保護を受けている方や世帯の全員が市民税非課税の方は、証明書を医療機関に提出すると費用が免除されます。
●接種回数
1回
※2回目の接種は任意(全額自己負担)です。
●医療機関
対象者は、市内のインフルエンザ予防接種協力医療機関で受けられます。
接種期間内に市外(千葉県内)に滞在している方は、千葉県内定期予防接種協力医療機関で接種できます。接種を希望する医療機関が、千葉県内定期予防接種協力医療機関であるかについてお問い合わせください。千葉市の接種料金で接種できます。
千葉県外に滞在している方は、書類が必要になることがありますので、お問い合わせください。

受付時間

電話による問い合わせ
・高齢者予防接種電話相談窓口:043-238-9966 午前9時から午後5時まで
※開設期間 平成29年9月25日から12月28日まで
・感染症対策課 午後8時30分から午後5時30分まで

休日

土、日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)

必要なもの

●インフルエンザ予防接種予診票(千葉市)
予診票は市内協力医療機関においてあります。予診票のない方は、医療機関においてあるものをお使いください。
●費用が免除になる方は、次のいずれかの書類を予診票と一緒に医療機関へ提出してください。
①介護保険料決定(変更)通知書の写し※ただし保険料段階が1~3の方。「介護保険料算定の基礎」の部分の写しが必要です。
②介護保険料決定通知書兼特別徴収開始通知書(写)
③介護保険料決定通知書兼特別徴収中止通知書(写)
④後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証(写)
⑤インフルエンザ予防接種自己負担金免除対象確認書(保健所感染症対策課で発行)
⑥生活保護受給証明書
⑦支援給付受給証明書
●介護保険料決定通知書がない方は、感染症対策課高齢者予防接種電話相談窓口238-9966までご連絡ください。

特記事項

対象者以外の方については、任意(全額自己負担)の予防接種になります。

問い合わせ先

保健所感染症対策課予防接種班:043-238-9941

このページの情報発信元

保健福祉局健康部保健所感染症対策課

千葉市美浜区幸町1-3-9 千葉市総合保健医療センター2階

電話:043-238-9941

ファックス:043-238-9932

kansensho.PHO@city.chiba.lg.jp

このFAQはあなたの疑問を解決しましたか?

千葉市役所コールセンター

web

電話番号:043-245-4894

年中無休 午前8時30分~午後9時
土日休日・年末年始は午後5時まで