千葉市よくある質問と回答トップページ > 健康・医療・生活衛生 > 医療 > 赤ちゃん(こども)の予防接種について教えてください。

更新日:2019年3月4日

ここから本文です。

赤ちゃん(こども)の予防接種について教えてください。

質問

赤ちゃん(こども)の予防接種について教えてください。

回答

お母さんが赤ちゃんにプレゼントした病気に対する抵抗力(免疫)は、百日せきや水痘(みずぼうそう)では生後3か月まで、麻しん(はしか)やおたふくかぜでは生後12か月までにはほとんどが自然に失われていきます。そのためこの時期を過ぎると、赤ちゃん自身で免疫をつくって病気を予防しなければならなくなります。その助けとなるのが予防接種です。発育とともに外出の機会が多くなり、感染症にかかる可能性も高くなります。予防接種に対する正しい理解をお持ちいただき、お子さまの健康にお役立てください。
予防接種の接種時期は「ジフテリア百日せき破傷風不活化ポリオ四種混合ワクチン:DPTーIPV」は生後3か月から90か月未満まで、「BCG」は4か月児健康診査時、「麻しん・風しん混合ワクチン:MR」の第1期は1歳以上2歳未満、第2期は小学校入学前年の4月1日から入学する年の3月31日まで、などのように時期が決まっています。
予防接種の接種時期・接種方法等については、出生届提出時に配布される「予防接種で元気な子ども」またはホームページに詳しく載っていますので参照していただき、かかりつけのお医者さんに予防接種の計画をたててもらいましょう。

受付時間

電話による問い合わせ:午前8時30分から午後5時30分まで
メールによる問い合わせ:随時

休日

土、日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)

必要なもの

・母子健康手帳
・予防接種番号シール(日本脳炎2期、二種混合、HPVは除く)
・希望する予防接種の予診票(お手元にない場合は、市内の予防接種協力医療機関にもあります。)

特記事項

・BCGは「集団接種」です。「集団接種」とは、市が日程と実施会場を指定し、その会場で実施する方法です。BCGは、4か月児健康診査と同時に実施しており、個別に通知(BCGのみ)します。
・「予防接種で元気なこども」は、出生届提出時に配布しています。
・ヒブ、小児用肺炎球菌、B型肝炎、ジフテリア百日せき破傷風不活化ポリオ四種混合ワクチン:DPT-IPV、不活化ポリオ、麻しん風しん混合ワクチン:MR、日本脳炎、ジフテリア破傷風二種混合ワクチン:DT、HPVは「個別接種」です。「個別接種」とは、市内の予防接種協力医療機関(「予防接種で元気なこども」またはホームページを参照)で実施しています。接種日などは、接種を受ける医療機関にお問い合せください。
・HPV(ヒトパピローマウイルス)予防接種について、対象者への勧奨は、国の積極的勧奨の差し控えの方針により行っておりません。 

問い合わせ先

保健所感染症対策課予防接種係:043-238-9941

このページの情報発信元

保健福祉局健康部保健所感染症対策課

千葉市美浜区幸町1-3-9 千葉市総合保健医療センター2階

電話:043-238-9941

ファックス:043-238-9932

kansensho.PHO@city.chiba.lg.jp

このFAQはあなたの疑問を解決しましたか?

千葉市役所コールセンター

web

電話番号:043-245-4894

年中無休 午前8時30分~午後9時
土日休日・年末年始は午後5時まで