千葉市よくある質問と回答トップページ > 子育て・家庭 > 赤ちゃん・育児 > 子どものための医療費助成について知りたいのですが。

更新日:2019年5月17日

ここから本文です。

子どものための医療費助成について知りたいのですが。

質問

子どものための医療費助成について知りたいのですが。

回答

この制度は、助成対象のお子さんが医療機関(整骨院等を含む)に通院又は入院した場合や、院外処方せんにより保険薬局で薬を受け取った場合に、保険診療の範囲内で医療費の自己負担額の全部または一部を助成する制度です。

【対象】
千葉市にお住まいで、健康保険に加入している0歳から中学3年生までのお子さん
※所得制限はありません。

【助成内容】
0歳から中学3年生までのお子さん 
通院・入院医療費     

【保護者負担】
0歳から小学3年生までのお子さん
通院1回・入院1日につき300円(市民税所得割が課税されていない方は無料)
小学4生から中学3年生までのお子さん
通院1回につき500円(市民税所得割が課税されていない方は無料) ※平成26年8月から
入院1日につき300円(市民税所得割が課税されていない方は無料)

【助成方法】
○(現物給付方式)
子ども医療費助成受給券と健康保険証を医療機関の窓口で提示すると、保護者負担分を除いては、原則として医療費を支払うことなく受診することができます。
○(償還払い方式)
医療機関の窓口で現物給付による助成が受けられなかった場合は、お住まいの区の保健福祉センターこども家庭課へ申請していただくことで、後日、一旦支払った医療費の自己負担分(保護者負担額を除く。)を助成します。
申請の際には、「子ども医療費助成金交付申請書」、「受給券の写し」、「お子さんの健康保険証の写し」、「領収書の原本(受診者の氏名、受診年月日、保険点数のわかるもの)」、「保護者名義の口座のわかるもの」をお住まいの区の保健福祉センターこども家庭課へ提出してください。
なお、高額療養費、附加給付等に該当する場合は、支給決定通知書や限度額適用認定証などが必要になる場合があります。

【受診に当たっての注意】
(1)受診を受ける際、受給券と健康保険証を医療機関に必ず提示してください。
(2)医療機関で受給券を提示しなかった場合や千葉県外の医療機関やこの制度による診療を行っていない医療機関で受診した場合は、保険の自己負担分及び入院時の食事療養費に係る負担金を一度支払い、その後にお住まいの区の保健福祉センターこども家庭課で償還払いの申請をしてください。

【その他】
○0歳~小学校3年生のお子さんについては、保険薬局では保護者負担はありません。(※平成26年8月から中学3年生まで拡大)
○入院時の食事療養費も助成対象です。
○入院により、医療費が高額になった場合でも、社会保険、国民健康保険または県内国民健康保険組合に加入している方は、医療機関の窓口での支払いは、保護者負担のみとなります。
ただし、県外国民健康保険組合に加入している方は、1か月に自己負担額が{80,100円+(総医療費-267,000円)×1%}(一般所得者の場合)を超える場合は、超えた額を医療機関の窓口で支払い、後日、保険者に窓口支払分を請求してください。ただし、保険者から限度額適用認定証の発行を受け、提示した場合は、保護者負担だけで済みます。
高額療養費制度の内容や申請方法等、詳しくは加入されている保険者にご確認ください。
○薬ビン代、差額ベッド代、健康診査、予防接種等は健康保険適用外です。


≪受給券の申請方法について≫

受付時間

午前8時30分から午後5時30分まで

休日

土、日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)

提出書類等

1.子ども医療費助成受給券交付申請書
※基準日に、保護者(生計中心者)が千葉市に住民登録があり、かつ市の市民税額・所得額等の調査に同意している方は個人番号(マイナンバー)の記載は不要です。(申請に必要な書類3.4も不要です。)
注:「基準日」とは
・1月から7月までの申請の場合  ⇒ 申請の前年の1月1日
・8月から12月までの申請の場合 ⇒ 申請する年の1月1日
※6月、7月に8月1日以降有効の受給券を申請する場合は、申請する年の1月1日が基準日です。

2.お子さんの健康保険証の写し
※健康保険証がまだ発行されていない場合は、扶養者の健康保険証をご提出ください。
後日発行され次第、ご提出いただきます。

3.保護者(生計中心者)の個人番号確認書類  個人番号カード(マイナンバーカード)、個人番号通知カード、個人番号が記載された住民票の写しのいずれか
※郵送で手続きする場合は、上記書類のコピーを同封してください。
※申請時に個人番号の確認がとれない場合は、住民基本台帳等で個人番号を確認する場合があります。

4.保護者(生計中心者)の本人確認書類
a.顔写真つき身分証明書の場合は1種類。(個人番号カード、運転免許証、パスポート等)
b.本人の身分証明書(写真なし)の場合は2種類。(健康保険証+年金手帳等)
※郵送で手続きする場合は、上記書類のコピーを同封してください。 

○子ども医療費助成受給券交付申請書の「同意書」欄の内容に同意しない(署名しない)場合は、上記1、2に加え、次の書類が必要になります。
・保護者(生計中心者)の市町村民税課税証明書等(市町村民税額・所得金額・控除額・扶養親族の数の記載があるもの)
注:保護者の市町村民税課税証明書等について
※申請年度(ただし、4月から7月までの申請の場合は、申請の前年度)の市町村民税課税証明書等が必要になります。
※原則は原本を提出していただきます。ただし、各保健福祉センターこども家庭課での複数の申請手続きに提出が必要な場合は、1枚のみで足りることがあります。
※源泉徴収票や特別徴収税額の決定通知書では代用できませんので、ご注意ください。

【申請手続き】
●申請書は、各保健福祉センターこども家庭課や下記「関連情報(申請書ダウンロード)」からも取得することができます。また、千葉市に転入した場合や、新たにお子さんが生まれた場合に、各区役所市民総合窓口課・市民センターで届出する際にも、申請書をお渡ししています。
●申請書に必要事項を記入して、上記の「提出書類等」をお住まいの区の保健福祉センターこども家庭課に持参または郵送してください。なお、郵送で申請される場合には、提出書類の記載漏れ、不足等のないよう必ず確認してください。
また、各区役所市民総合窓口課にて出生届・転入届と併せて申請することもできます。

特記事項

■生計中心者以外の方とお子さんの世帯で転入した場合
「保護者の市町村民税課税証明書等」は主たる生計中心者のものとなりますのでご注意ください。
■未熟児養育医療、育成医療等の公費負担医療制度が適用される場合は、それらの公費医療が優先適用されます。

申請窓口

お住まいの区の保健福祉センターこども家庭課
中央区 電話 043-221-2172、花見川区 電話 043-275-6421、稲毛区 電話 043-284-6137
若葉区 電話 043-233-8150、緑 区 電話 043-292-8137、美浜区 電話 043-270-3150

問い合わせ先

各保健福祉センターこども家庭課
中央区 電話 043-221-2172
花見川区 電話 043-275-6421
稲毛区 電話 043-284-6137
若葉区 電話 043-233-8150
緑 区 電話 043-292-8137
美浜区 電話 043-270-3150 

このページの情報発信元

こども未来局こども未来部こども企画課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所1階

電話:043-245-5107

ファックス:043-245-5547

kikaku.CFC@city.chiba.lg.jp

このFAQはあなたの疑問を解決しましたか?

千葉市役所コールセンター

web

電話番号:043-245-4894

年中無休 午前8時30分~午後9時
土日休日・年末年始は午後5時まで