千葉市よくある質問と回答トップページ > 子育て・家庭 > 赤ちゃん・育児 > 産前・産後の家事、育児支援(エンゼルヘルパー)について教えてください。

更新日:2017年3月24日

ここから本文です。

産前・産後の家事、育児支援(エンゼルヘルパー)について教えてください。

質問

産前・産後の家事、育児支援(エンゼルヘルパー)について教えてください。

回答

妊娠中や出産後間もない時期に、昼間、妊婦やお母さんと赤ちゃんだけになってしまう核家族家庭の他、家族が在宅でも高齢や仕事などの理由で家事や育児の手伝いをしてもらえない方に、千葉市と契約を結んだ事業者からヘルパーを派遣し、身の回りの世話や生まれたお子さんへの育児を援助します。
1.対象世帯
(1)妊娠中又は出産後6ヶ月以内で、昼間家事や育児の手伝いをしてくれる人がいない方
 ※昼間、家族がいても仕事などの場合は対象
(2)多胎での出産後1年以内で、そのお子さんを養育している方
2.サービス内容
○家事に関する援助
 ・食事の準備及び後かたづけ ・衣類の洗濯、補修
 ・居室等の日常的な掃除、整理整頓、 ・近隣店舗で持てる範囲の買い物
 ・関係機関との連絡 ・その他必要な家事援助
○乳児の育児に関する援助 
 ・授乳 ・おむつ交換 ・沐浴介助
・適切な育児環境の整備 ・その他必要な育児援助

受付時間

午前8時30分から午後5時30分まで

休日

土、日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)

特記事項

○利用回数
 妊娠中又は出産後6ヶ月以内で、1回2時間、1日2回、最大20回限度。
 多胎の場合は、出産後1年以内で最大50回限度。

○利用時間
 午前8時00分から午後6時00分まで(年末年始を除く)
○利用料金
 1回2時間あたり、1,650円(初回利用はクーポンの利用で無料)
 (※1 生活保護・市民税非課税世帯は無料、所得税非課税世帯(※1を除く)は250円。申請の際に、証明書が必要となります。)

申請期間

申請を受理後、コーディネーター(幼保支援課)が利用者より電話でくわしいサービス内容等を伺いますので、原則として、利用したい日の5日前までに申請してください。
申請時に利用希望日が未定の方は、事前登録をお願いします。
※利用希望日直前の申請やゴールデンウィーク・お盆・年末年始(12月29日~1月3日)・祝日の前後などは、ご希望に添えない場合がございます。

申請窓口

幼保支援課 電話 043-245-5180
※申請は、各区保健福祉センターの健康課・こども家庭課の他、HPより電子申請も可です。

問い合わせ先

幼保支援課 電話 043-245-5180(午前8時30分~午後5時30分)

このページの情報発信元

こども未来局こども未来部幼保支援課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター9階

電話:043-245-5105

ファックス:043-245-5629

shien.CFC@city.chiba.lg.jp

このFAQはあなたの疑問を解決しましたか?

千葉市役所コールセンター

web

電話番号:043-245-4894

年中無休 午前8時30分~午後9時
土日休日・年末年始は午後5時まで