ホーム > 花見川区役所 > 花見川区の紹介 > 花見川区長室 > 第36回九都県市合同防災訓練に参加しました。

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2015年8月31日

第36回九都県市合同防災訓練に参加しました。

こんにちは、花見川区長の芦ケ谷です。
今回の区長メッセージは、8月30日(日)千種町の千葉工大グランドで行われた第36回九都県市合同防災訓練千葉市会場についてです。
この訓練は、首都直下地震を始め東海地震、房総半島沖地震等、千葉市に大きな被害をもたらす地震の切迫性が指摘されており、これらの地震による被害を最小限に止めるため、実践的な総合防災訓練を実施し、防災関係機関の災害対応能力の向上、防災体制の充実強化を図るとともに、市民の防災・減災意識の高揚と知識の向上を図ることを目的に開催されました。

今回の訓練の特徴は、次の5点です。
(1)千葉工大レスキューロボットの救助訓練への参加及び展示
(2)消防ヘリコプターによる海浜病院災害派遣医療チーム(DMAT)の災害現場搬送訓練
(3)自衛隊、警察、消防、ライフライン関係機関相互の連携強化を図る訓練の実施及び九都県市相互の連携を図るため東京消防庁とさいたま市消防局が救助部隊を派遣
(4)市内全域避難所(283か所)を対象とした避難所一斉開設・運営訓練を実施し、併せて各区会場(8か所)に防災ボランティアを派遣し、避難所運営訓練の指導を行う。また、ペット同行避難訓練をモデル的に実施
(5)9月1日(火)に市内全小・中学校をはじめ市民、事業所を対象に「千葉市いっせい防災訓練」(※シェークアウト訓練)を実施  ※机の下などに隠れて身を守る訓練

会場となった千種町の千葉工大グランドには、自衛隊、県警、消防局を始め医療、緊急輸送、ライフライン、建設関係、市議会など多くの防災関係機関や団体に加え、避難訓練や初期消火活動に参加頂いた千種町自治会、三角町自治会、こてはし台自治会の皆さま総勢約550人が参加する大規模な防災訓練となりました。

9時30分に大規模地震が発生を想定し、避難誘導訓練~上空偵察情報伝達訓練~初期消防訓練(消火器、地元自治会対応)~情報収集及び広報活動訓練~救出・消火活動の順で展開し、その後ライフライン施設応急復旧訓練や救援物資緊急輸送訓練、毒劇物災害対応訓練、多重衝突事故車両救出訓練などが行われました。

会場内には、日本赤十字社千葉県支部、千葉市社会福祉協議会、千葉市建設業協会、東京ガス、東京電力、各種通信メーカー、千葉工大など25の展示・体験コーナーが設置され、私も市長、副市長、各局長、議長、副議長と一緒にブース見学を行いました。
あいにくの雨にも関わらず多数の市民が会場を訪れており、改めて防災に関する市民の関心の高さを感じました。
寺田寅彦の言葉で「天災は忘れた頃に来る」という有名な言葉がありますが、家具転倒防止の設置や防災グッズ、非常食の確保など日頃から防災意識をもって準備しておくことの重要性を強く感じました。

防災訓練に参加頂いた町内自治会や消防団を始め避難所運営委員会の皆さま、ご協力ありがとうございました。

 

防災訓練a

防災訓練b

防災訓練c

防災訓練d

このページの情報発信元

花見川区 地域振興課

千葉市花見川区瑞穂1丁目1番地

電話:043-275-6157

ファックス:043-275-6719

chiikishinko.HAN@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)