ホーム > 花見川区役所 > 花見川区の紹介 > 花見川区長室 > 「だれもが安心できる避難所づくり」講演会に参加しました。

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年8月3日

「だれもが安心できる避難所づくり」講演会に参加しました。

 こんにちは、花見川区長の芦ケ谷です。
今回の区長メッセージは、7月30日(日)の午後、避難所運営委員会の新設や活動の活性化を図ることを目的に花見川区主催で開催した講演会についてです。
政府の地震調査委員会の推計によると千葉市は、今後30年以内に震度6弱以上の地震が発生する確率が85%と県庁所在地の中で全国一高い数値となっています。
いつ起きても不思議でない大地震に備えて各家庭において家具の固定や食料の備蓄自治会単位で行う防災訓練などが重要でありますが、地震に限らず火災や洪水でも避難所生活を余儀なくされるケーズがあります。
こうした非常時に対し、現場での混乱をできる限り少なくするためには、まず地域の小中学校や公民館を対象とした避難所運営委員会の設立と実現可能な運営方法を検討することが重要であります。
現在区内には、避難所が48か所ありますが、9カ所が未設置となっております。
そのため、今回は阪神淡路の大地震の際4年間現地で避難所支援や復興支援に従事し、内閣府の「避難所運営ガイドライン」策定委員でもある外部講師の浅野 幸子先生をお招きして、大規模災害時の実態や避難所つくりの注意点などについて講演をお願いしました。

【講演会の概要】
1回目 13時30分~15時30分
場所 花見川区保健福祉センター
出席者 各避難所運営員会関係者及び42地区自治会関係者 約70名
2回目 17時30分~19時30分
場所 検見川公民館
出席者 検見川小学校区関係者 約25名
講演会では、参加者より、マンホールトイレの活用状況、食物アレルギーを持つ人への対応、非難物資の受け入れ策、在宅避難の問題など活発な意見が出されました。

突如発生する災害に対し、先ず発生直後から3日間の混乱期においては、住民自らが生き残るために最低限なことを自分達で行う必要があります。
そのためには、地域の町内自治会、自主防災組織等が一体となった避難所運営委員会
を母体として避難所を開設・運営を行う体制造りが必要です。
是非この機会に避難所運営委員会未設置な地区は、設立に向けた取組をお願いします。

避難所講演会1 避難所講演会2

避難所講演会3 避難所講演会4

避難所講演会5

 

このページの情報発信元

花見川区 地域振興課

千葉市花見川区瑞穂1丁目1番地

電話:043-275-6157

ファックス:043-275-6719

chiikishinko.HAN@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)