ホーム > 花見川区役所 > 花見川区の紹介 > 花見川区長室 > マクハリプレーパークを見学に行きました。(平成29年8月17日)

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年8月23日

マクハリプレーパークを見学に行きました。

こんにちは、花見川区長の芦ケ谷です。

今回の区長メッセージは、区の地域活性化支援事業を活用し、幕張本郷一本松公園で活動している「マクハリプレーパーク」のご紹介です。

プレーパークとは、デンマーク発祥の冒険遊び場のことで、こども達が「自分の責任で自由に遊ぶ」をモットーにして大人がこども達の遊びを見守る公園のことを言います。

現在市内には10か所のプレーパークがありますが、花見川区には「マクハリプレーパーク」1か所となっています。

8月17日(木)午後、毎月第3木曜日に開催している「マクハリプレーパーク」の見学に行きました。

場所は、幕張本郷2丁目の一本松公園内にあり、NPO法人おやこカフェ代表の佐藤さんらが中心となって2年前からスタートしております。

公園では、多くのこども達が水遊びやロープ遊びなどで楽しそうに遊んでおり、こども達をサポートし、時には一緒になって遊ぶ若いプレーリーダーが大活躍していました。

幕張本郷地区は、若い世代が多く住まわれており、普段地域で交流の少ない父親達が積極的に子育てに参加している地域であります。

プレーパークを通じて子育て世代からお年寄りまで幅広い世代が交流し、コミュニケーションの輪が広がることで防犯や地域の活性化につながるものと思います。

makuhariplaypark_01    makuhariplaypark_02

区では、今年度から「おやこカフェ幕張本郷」が行うマクハリプレーパーク事業の活動に対し、倉庫やロープ、テント、ハンモックなど購入の補助を行っています。

こうした子育て環境や地域交流向上につながる取組や高齢者の見守り、認知症対策などの地域活動に対し、区として支援して参りますので地域活性化支援事業の活用についてご検討願います。

makuhariplaypark_03

 

このページの情報発信元

花見川区 地域振興課

千葉市花見川区瑞穂1丁目1番地

電話:043-275-6157

ファックス:043-275-6719

chiikishinko.HAN@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)