ホーム > 花見川区役所 > 花見川区の紹介 > 花見川区長室 > 第2回区民対話会を開催しました

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年3月30日

平成28年2月20日(土曜日)第2回区民対話会を開催しました

花見川区長の芦ケ谷です。

今回の区長メッセージは、今年度第2回目となる区民対話会についてです。

花見川区では、平成22年度より区民の皆様の声を区行政に反映するため、区民と区長との対話会(区民対話会)を開催しています。今年度2回目となる対話会を去る2月20日に花見川福祉センター3階大会議室にて開催しました。

今回のテーマは、「中高年の健康づくり」認知症予防です。

昨年1月に発表された厚生労働省のデータによると団塊の世代が75歳以上を迎える2025年には、高齢者の5人に1人が認知症にかかるとしており、高齢者率が26%を超える花見川区では、認知症予防が重要課題となっています。

先月市の総合政策局で発表した区の将来人口推計によると出生率など推計条件によりますが、2025年の花見川区の人口は、現在より1万人減って約16万7千人、高齢者率は33%を超えて高齢者が約5万5千人になると推計しています。

これに認知症有病率20%を乗じますと認知症患者が1万1千人に及ぶことになります。

現在精力的に地域活動している町内自治会や敬老会などに参加している高齢者の皆様をみると、とても5人に1人が認知症になるとは想像できませんが、今から生活習慣を見直して、脳トレなど認知症予防を行うことは大変重要であるため、区民対話会のテーマとしました。

対話会には、認知症に造詣が深い「ひらおか内科クリニック」の平岡先生や運動面から認知症予防活動している「スポーツクラブ&スパ・ルネサンス幕張」の武田さんと筒井さんより専門的な立場から認知症の知識や予防策について説明を受け、その後、対話会に参加頂いた皆様と意見交換を行いました。

 

 taiwakai2kutyou taiwakai2hiraoka 
 taiwakai2runesansu  taiwakai2harada

  

(主なご意見)

1区内の認知症患者数を把握する必要があるのでは。

2ラジオ体操と合わせてグランドゴルフや公園清掃など活動を広げたらどうか。

3介護保険の適用を受ける人を少なくするためにも散歩や憩の場が必要。

 認知症予防には、やはり運動とバランスの良い食事が大切であること。また脳の活性化を促すことが重要でありますが、区で既に推進している糖尿病0プロジェクトの取組みと共通している点が多いため、今後は、糖尿病0プロジェクトにも認知症予防を考慮したいと思います。傍聴人も含め参加者の皆様ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの情報発信元

花見川区 地域振興課

千葉市花見川区瑞穂1丁目1番地

電話:043-275-6157

ファックス:043-275-6719

chiikishinko.HAN@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)