ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 認知症 > 千葉市認知症サポーター養成講座

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年12月11日

千葉市認知症サポーター養成講座

  • 認知症サポーター養成講座とは?
  • 認知症サポーターとは?
  • 申し込みの条件は?
  • 内容は?
  • 講師は?
  • 講座を修了したら?
  • 講座を開催するには?
    開催申込書(PDF:183KB) (ワード:52KB)
  • 個人で参加できる講座

認知症サポーター養成講座とは?

町内会、学校、商店会、職場、有志の集まりなどに講師が出向いて、認知症についての勉強会を実施します。

  • この講座は認知症の介護の方法を学ぶためのものではありません。認知症についてほとんど知識のない方に、認知症について正しく理解していただくための講座です。
    市では、在宅で認知症の方の介護をされているご家族のための介護研修を実施していますので、介護について学びたい方は、こちらをご覧ください。
  • 当日会場にお伺いするのは講師のみで、市の職員は参りませんので、市政についてのご質問等はお受けいたしかねます。市政についての講座を受けたい場合は、出前講座をご利用ください。

ページトップに戻る

認知症サポーターとは?

たとえば、町でお年寄りに道を聞かれたとき、普通のお年寄りと同じような案内をすると認知症の人は混乱することがあります。また、同居している家族の方が認知症になったときに、認知症が病気であることを理解していれば、お年寄りの心を傷つけない対応をすることができ、早めに医師の診療を受けて病気の進行を遅らせることが可能な場合もあります。
認知症サポーターとは、認知症に関する正しい知識と理解を身に付けた人のことです。特別になにかの活動を要求されるわけではありませんが、認知症サポーターが、日常生活の中で認知症の人と出会ったときに、その人の尊厳を損なうことなく、適切な対応をすることが、認知症の人と認知症の人を介護する家族の支えになります。
厚生労働省では「認知症を知り地域を作るキャンペーン」の一環として、「認知症サポーター100万人キャラバン」を実施し、認知症の人と家族への応援者である認知症サポーターを全国で800万人養成し、認知症になっても安心して暮らせるまちを目指しており、千葉市もその事務局となっています。

ページトップに戻る

講座の申し込みの条件は?

千葉市内に在住・在勤の方を中心とした集まりで、10名以上の受講生が集まれば開催可能です。会場は千葉市内となります。
人数の上限はありません。

開催を想定している団体(例)

地域の人たちで 自治会、老人クラブ、子ども会、防災・防犯会、介護者の会等の当事者組織、ボランティア団体 など
地域の企業・団体で 商工会議所、同業者組合、金融機関、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、宅配業、タクシー業、警察、郵便局、公共交通機関 など
学校で 小学校・中学校・高等学校生徒、教職員、PTA など
上記以外でも、趣味の集まりや友人同士のグループなどで、講座を開催することも可能です。

ページトップに戻る

内容は?

「認知症サポーター養成講座」の標準テキストにもとづいてビデオ上映も交えた60分から90分の講義が行われます。
標準テキストの内容は下記のとおりですが、必ずしもこの内容にとらわれず、受講生の特性に合わせたアレンジも可能ですので、ご相談ください。

1 認知症を理解する

認知症とはどういうものか?/認知症の症状/周辺症状とその支援/認知症の診断・治療/認知症の予防について/認知症の人と接するときの心がまえ/認知症介護をしている家族の気持ちを理解する

2 認知症サポーターとは

地域で/はたらく場面で/家族の人は/わがまちの認知症SOS便利帳

ページトップに戻る

講師は?

「認知症サポーター養成講座」の講師の資格をもったキャラバン・メイトが認知症の知識を伝えます。
キャラバン・メイトとは、講座開催のための研修を修了した人で、高齢者福祉の仕事に携わっている人や、認知症の家族の介護を経験した人、介護相談員、民生委員などです。


ページトップに戻る

講座を受講したら?

講座を受講したら、認知症サポーターです。認知症を支援する「目印」として、オレンジリングをお渡しします。
「オレンジリング」が連携の「印」になるようなまちを目指します。

ページトップに戻る

講座を開催するには?

  1. 開催を決定。開催日時を決めて、会場を手配してください。会場はできればDVD(もしくはビデオ)の上映ができるところをご用意願います。
  2. 申込書を提出。講座開催の45日前までに郵送かFAXで地域包括ケア推進課に提出してください。
  3. 地域包括ケア推進課が、ご希望の日時・会場で講師をすることのできるキャラバン・メイトを主催者にご紹介します。
  4. 講座のプログラム決定。主催者とキャラバン・メイトで相談して、決定します。
  5. キャラバン・メイトが講座実施の1か月前までに開催計画表(PDF:72KB) (エクセル:35KB)を地域包括ケア推進課に提出します。
  6. テキスト等の受取。地域包括ケア推進課で標準テキストとオレンジリングを用意し、講座で使用するDVDをお貸ししますので、お受け取りください。お受け取りの際には前日までにお電話でご連絡の上、お越しください。費用は千葉市が支出しますが、主催者が独自の教材を作られる場合の教材費及び会場の使用料などは、主催者のご負担となります。
  7. 講座開催。
  8. テキスト等の返却。お渡しした標準テキスト・オレンジリングの余りとお貸ししたDVDを地域包括ケア推進課に返却します。
  9. キャラバン・メイトが講座の実施報告書(PDF:85KB) (エクセル:37KB)を地域包括ケア推進課に提出します。実施報告書は全国で集計して、サポーターの数を把握します。講座実施時にキャラバン・メイトが受講生の性別・年齢階層別の人数をお尋ねしますのでご協力をお願いします(受講生のお名前や住所をお尋ねすることはありません。)。

ページトップに戻る

個人で参加できる講座

※参加をご希望の場合は、各講座のお問い合わせ先(主催者)までご連絡願います。

日時

開催場所 お問い合わせ先(主催者)

平成29年12月17日(日)

13:00~14:30

cafeどんぐりの木

(美浜区高洲1-16-46)

「和みかふぇ」 担当:前澤

電話:090-4932-8478

    FAX:043-277-2639

平成30年3月2日(金)

10:00~11:45

花見川団地商店街

コミュニティプラザ

(花見川区花見川3-26-14)

コープみらい

電話:0120-929-068

     FAX:043-284-1145

 ※折返し担当からご連絡いたします

※ 認知症サポーター養成講座は、原則として主催団体のメンバーを対象として開催しています。ここでは、主催者が一般の方も対象として開催する講座をご案内しています。参加申込方法等詳細については、主催者にお問い合わせください。
※ 個人でサポーター養成講座を受講することを想定したご案内です。お知り合い10名以上でご参加される場合は、個別に講座を開催しますので、上記の手順によりお申込みください。

ページトップに戻る

講座開催のお問い合わせ・お申し込み

「千葉市地域包括ケア推進課医療政策班(サポーター講座担当)」まで
郵送:〒260-8722(住所の記載は不要です)
FAX:043-245-5293
電話:043-245-5267

講座開催申込書
(PDF:183KB) (ワード:52KB)

印刷用案内チラシ
(PDF:326KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

保健福祉局 地域包括ケア推進課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所1階

電話:043-245-5267

ファックス:043-245‐5293

hokatsucare.HW@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)