• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2018年3月31日

アリガタバチの生態

人が郊外へと住居を広げていくにつれ、元々そこに棲んでいる虫たちの住みかを侵害する結果となり、虫たちと人間との間にトラブルが増えています。ここでは、保健所に寄せられる相談の中で多い『アリガタバチ』について取り上げます。

アリガタバチの生態

形態

アリガタバチ

成虫は体の色が赤褐色で、光沢があります。(いわゆる“飴色”です)

アリガタバチはオスとメスで形態が異なります。

オスとメスの比較

  オス メス
体長 約1.5mm 2~3mm
人体への害 刺すことはなく、吸血もしない 皮膚を刺す(ただし吸血はしない)
寿命 2~3日 2ヶ月以上越冬する場合もある
成虫の羽の有無 あるものとないものがいる なし

生態

世界共通の品種で、日本では主に関東から西に生息しているとの報告があります。

アリガタバチは、一般に次の図のような一生を送ります。

アリガタバチの一生

シバンムシアリガタバチは、シバンムシの幼虫に卵を産みつけます。

人体への害

成虫は、春から秋にかけて出現することが多く、皮膚を刺すことがあります。

対策

アリガタバチは、体は小さくてもハチの一種

刺されて痛みがひどいときには、医師の診断・治療を受けましょう。

アリガタバチそのものは、殺虫剤に弱い生き物

目の前にいるものには、市販の殺虫剤を使う方法もあります。

殺虫剤を使う前には、説明書をよく読みましょう

畳の中で発生したものの場合

畳の高熱処理が最も効果があります。(畳店に依頼します=有料です

ただし、ナイロン糸を使った畳など高熱処理ができないものもあるので、必ず事前に確認してください。

同時にシバンムシなどの発生防除を行う必要があります

家の中でアリガタバチだけが大発生することは少なく、どこかで寄主となるシバンムシなども発生しています。

 

ハチの生態と防除方法等のページへ戻る

住居衛生相談事業のページへ戻る

お問合せ

千葉市保健所環境衛生課施設指導班
千葉市美浜区幸町1-3-9
Tel:043-238-9940
Fax:043-238-9945

このページの情報発信元

保健福祉局健康部保健所環境衛生課

千葉市美浜区幸町1-3-9 千葉市総合保健医療センター2階

電話:043-238-9939

ファックス:043-238-9945

kankyo.PHO@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)