ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療・生活衛生 > その他生活衛生 > 事業者の皆さまへ > 宿泊料を受けて人を宿泊させる営業を行う場合の手続き

ここから本文です。

更新日:2018年8月7日

宿泊料を受けて人を宿泊させる営業を行う場合の手続き

「宿泊料を受けて、人を宿泊させる営業」を行う場合には、旅館業の営業許可(別ウインドウで開く)住宅宿泊事業法(民泊)の届出(別ウインドウで開く)千葉市国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業(特区民泊)の認定(別ウインドウで開く)、いずれかが必要です。

(自宅の一部や空き家、マンションの空き室などを活用して宿泊サービスを提供する、いわゆる「民泊」も「宿泊料を受けて、人を宿泊させる営業」になります。)

「千葉市内で宿泊料を受けて人を宿泊させる営業を行いたい」とお考えの方は、保健所環境衛生課 営業指導班(電話043-238-9939)までご相談ください。 

このページの情報発信元

保健福祉局健康部保健所環境衛生課

千葉市美浜区幸町1-3-9 千葉市総合保健医療センター2階

電話:043-238-9939

ファックス:043-238-9945

kankyo.PHO@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)