• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2015年4月1日

ノミ

吸血性の昆虫で、現在までに約1300種、日本では50種類以上が知られています。

ノミについて

ネコノミ

人の血を吸って被害を与えるものとしては、ヒトノミ、イヌノミ、ネコノミがよく知られています。ネコノミは、本来ネコに寄生する種類ですが、人や犬など他の動物の血も吸います。

<右図:ネコノミ>

形態

卵は白色で0.5mmくらいの大きさです。粘着性が無くサラサラしています。

幼虫は乳白色で、1.5~3.5mmくらいの大きさです。血は吸いません。

さなぎの期間は外界の温度によって差があり、7日から1年近くになるとこもあります。

成虫は縦に扁平な形をしています。体長はオスが1.5~2.5mm、メスは2~3.5mmです。

被害

ノミは体のどの部分でも吸血しますが、特にネコやイヌを抱いたりする腕(手からひじ)、床にいるノミが飛びつくことのできるひざから足首付近が集中して刺されます。

吸血されると大変かゆく、かなり大きく赤くなります。特に小さな子供さんでは刺された部分が水泡になることもあります。

かゆさがしつこく残り、数日間続き、かゆさがぶり返してくるのもノミによる被害の特徴です。

発生

ノミに関する相談は、6~9月に集中しています。梅雨時から夏にかけてはノミの活動時期であり、また、被害者はネコやイヌのペットと何らかの関わり合いがあるようです。

ネコやイヌを飼っている。(あるいは一時的にネコやイヌを預かった)

家に出入りするノラネコ、ノライヌがいる。

ノラネコ、ノライヌが住みついている空き家、倉庫などがある。

対策

(1)ペットにノミが寄生している場合

ペットの体をよく洗い、ノミ取りクシなどを使って成虫を取り除きます。

ペットがいる部屋の床下、畳のふち、カーペット、押入れのすみ等、「ノミがいると思われる場所」を掃除機でていねいに掃除し、卵や幼虫を吸い取ります。

ペットの体には、ノミ取り首輪やノミ取りシャンプーを使い、殺虫剤を直接まくことはやめましょう。

(2)ノラネコやノライヌに寄生している場合

ノラネコやノライヌを家に寄せつけないようにしましょう。

ペットショップや薬局で売られている「忌避剤」を家の周囲にまくなどの方法があります。

 

住居衛生相談事業のページへ戻る

お問合せ

千葉市保健所 環境衛生課 施設指導班
千葉市美浜区幸町1-3-9
Tel 043-238-9940
Fax 043-238-9945

このページの情報発信元

保健福祉局健康部保健所環境衛生課

千葉市美浜区幸町1-3-9 千葉市総合保健医療センター2階

電話:043-238-9939

ファックス:043-238-9945

kankyo.PHO@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)