• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2015年4月1日

シラミ

シラミは人を吸血し、吸血された人はその後激しいかゆみに悩まされます。日本でみられるシラミはコロモジラミ、アタマジラミ、ケジラミの3種類です。

一覧

  1. コロモジラミ
  2. アタマジラミ
  3. ケジラミ

1.コロモジラミ

アタマジラミの同種の別亜種であり、体長はコロモジラミの方が少し大きい程度で、形態的に区別することは困難です。衣服の縫い目やヒダの中に潜み、体表に移動して吸血します。

形態

卵は、約0.5mmの白色で、衣類の縫い目などに粘着液でしっかりとへばりつき、約7日でふ化します。

被害

血を吸われてしばらくしてから、かゆみがおこりますが、感じる度合いは人によって差があります。

対策

毎日入浴し、肌着も洗ったものに取り替えます。

熱湯に浸すことができる衣類は、熱湯に浸し、その後アイロンがけをします。

成虫用に、0.4%フェノトリン粉剤(スミスリンパウダー、スミスリンシャンプー)が市販されています。

下着・寝具類に使うときには、15g/m^2の割合で散布し、1時間後に洗濯します。

帽子、枕、タオル類の共用は、やめましょう。

タオル等

このページのトップへ戻る

2.アタマジラミ

1980年代後半に減少したアタマジラミ症が、90年代になって再び増加してきています。保健所には、年間を通じて市民の方からの相談が寄せられています。

形態

(1)アタマジラミの卵

アタマジラミの卵

卵の大きさは約0.5×0.3mmで、色は白~乳白色をしており、真珠のような光沢があります。頭髪にしっかりと固着しています。
<右図:毛髪に付着したアタマジラミの卵>

(2)アタマジラミの成虫

アタマジラミ

成虫の大きさは1~2.7mmで、色は褐色です。幼虫・成虫とも似た形をしています。
<右図:アタマジラミの成虫>

生態

卵 → (7~10日間でふ化) → 幼虫 → (8~10日間でう化) → 成虫 (成虫の寿命は約30日間です)

成虫は、約1カ月間に300個程度の卵を産みます。

成虫は、頭髪の中で生活しており、皮膚から吸血しています。

頭髪から離れても、約3日は生きることができます。

感染経路

頭髪の接触や、クシ・タオル・寝具など体に直接触れるものを共同使用する家庭内や、集団生活の場で感染します。

保育所、幼稚園、小学校低学年の児童に多く発生する傾向にあります。

被害

血を吸われてしばらくしてから、かゆみがおこりますが、感じる度合いは個人差があります。

頭髪から頭髪へと移っていくため、突然感染することがあり、不潔にしていなくても感染します

対策

(1)頭髪はできるだけ短くカットします

卵のついた髪を一本ずつ切り、取り除きましょう。

(2)毎日、ていねいに洗髪します

子供の場合、洗い方が不十分なので、大人が髪のつけ根まで洗ってあげましょう。

洗髪後、目の細かいクシやブラシでよく髪をすきましょう。

(3)タオル類などの共用はやめましょう

帽子、枕、タオル類の共用は、やめましょう。

タオルの他、枕カバー・シーツなども共用は避け、こまめに取り替えましょう。

(4)その他

ふとん乾燥機や熱湯で熱処理(60度5分間)した後で洗濯し、その後アイロン仕上げをするとより効果的です。

成虫用に、0.4%フェノトリン粉剤(スミスリンパウダー、スミスリンシャンプー)が市販されています。(使用する場合には、説明書に従って使用しましょう)

アタマジラミは不潔の代名詞ではありません!!

何故、今になってアタマジラミ症が流行するのでしょうか。

それは、DDTやBHCなどの薬剤の使用が禁止されたこと、海外旅行が、年々盛んになり持ち帰られたことなどに原因があるようです。

戦後の混乱した時代のシラミは、不潔の代名詞でした。しかし、現在流行しているアタマジラミは必ずしも不潔な環境でなくても、どこからか一度持ち込まれると、家庭・保育園・学校などで接触感染により流行します。

シラミを知っている世代が少なくなっている現在、シラミを正しく認識し、駆除することが大切です。

子供達の心を傷つけることはやめましょう!

もし、あなたのお子さんにアタマジラミがいても、決してあわてる必要はありません。

駆除の方法さえ間違えなければ2週間で駆除できます。大切なことは大人が「アタマジラミのいる子は不潔だ」「だらしないからうつるのだ」といった考えを捨てて、子供達に接することです。

大人の何気ない一言で、子供達は深刻に悩んだり神経質になったりするものです。アタマジラミの害より怖いのは、子供達の心を傷つけることです。

このページのトップへ戻る

3.ケジラミ

形態

ケジラミ

成虫のオスは約1.5mm、メスは約2mm

色は灰白色で、カニに似た姿をしています。

生態

陰毛部で生活し吸血していますが、頭髪・眉毛・まつ毛に寄生することもあります。

卵は約7日間でふ化し、幼虫になります。さらに約15日で成虫になります。

成虫の寿命は約20日間です。

感染経路

陰部の接触で感染することが多いのですが、衣類・寝具・トイレカバーなどから感染した例もあります。

被害

血を吸われてしばらくしてから、かゆみがおこりますが、感じる度合いは個人差があります。

対策

可能であれば、陰毛を剃ってしまいます。

成虫用に、0.4%フェノトリン粉剤(スミスリンパウダー、スミスリンシャンプー)が市販されています。(使用する場合には、説明書に従って使用しましょう)

このページのトップへ戻る

住居衛生相談事業のページへ戻る

お問合せ

千葉市保健所 環境衛生課 施設指導班
千葉市美浜区幸町1-3-9
Tel 043-238-9940
Fax 043-238-9945

このページの情報発信元

保健福祉局健康部保健所環境衛生課

千葉市美浜区幸町1-3-9 千葉市総合保健医療センター2階

電話:043-238-9939

ファックス:043-238-9945

kankyo.PHO@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)