• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年12月11日

よくあるお問い合わせ

Q1.食品営業許可を受けるためには、どのような手続きが必要ですか?

Q2.食品衛生責任者について教えてください。

Q3.イベントで飲食物を提供したい。どのような手続きが必要ですか?

Q4.屋台や自動車で移動して食品を調理販売する場合の手続きについて教えてください。

Q5.バザーや町内会のお祭りで飲食物を提供したい。何か手続きは必要ですか?

Q1. 食品営業許可を受けるためには、どのような手続きが必要ですか?

A1.下記のページに詳細を記していますので、ご参照ください。

新たに食品営業を始められる皆さんへ

問い合わせ先:食品安全課食品指導班(電話043-238-9934)

Q2. 食品衛生責任者について教えてください。

A2.「千葉市食品衛生法に基づく公衆衛生上講ずべき措置の基準に関する条例(外部サイトへリンク)」で、営業者は、施設又はその部門ごとに、食品衛生に関する責任者(以下「食品衛生責任者」)を定めることとなっています。
さらに、営業者は、営業時には施設の見やすい場所に「食品衛生責任者」の氏名も掲示しなければなりません。

 食品衛生責任者の業務は、次のとおりです。
     1. 衛生管理について点検及び記録を行うこと。
     2. 衛生管理上の不備又は不適事項を発見した場合に、営業者に意見を述べること。

 「食品衛生責任者」になるには、栄養士・調理師・製菓衛生師・食鳥処理衛生管理者・船舶調理士・ふぐ処理師・食品衛生管理者・食品衛生監視員の資格が必要です。
上記の資格がない場合は、「食品衛生責任者養成講習会」を受講することにより資格が得られます。

 「食品衛生責任者」を初めて設置するとき、または変更するときは、「食品衛生責任者設置(変更)届」を提出してください。
その際、必ず資格証の原本を添付してください。なお、資格証原本は、確認後、その場で返却します。

問い合わせ先:食品安全課食品指導班(電話043-238-9934)

 

Q3. イベントで飲食物を提供したい。どのような手続きが必要ですか?

A3.食品衛生の危機管理の観点から、食品営業許可の有無にかかわらず、事前にイベント内容の届出をお願いします。
(なお、町内会、学校等の行う短期的な催しについてはQ5をご覧ください。)

イベントが開催される際、食品の製造、調理、加工等を行い販売する場合や、牛乳(乳飲料を含む)・鮮魚介類・食肉を販売する場合は、業種ごとの食品営業許可が必要です。食品営業許可が必要な方は、Q1Q4をごらんください。

届出書類
  1. イベント開催主催者イベントの実施計画の概要を提出してください。
  2. イベントで飲食物の販売、試飲・試食等を行う出展者は食品営業許可の有無に関わらず食品取扱届を提出してください。

  

詳細については、下記の内容をご確認ください。
 

記入例

記入用紙(PDF)

記入用紙(ワード)

実施計画の概要 

【様式第1号】

ダウンロード

(PDF:249KB)

ダウンロード

(PDF:111KB)

ダウンロード

(ワード:27KB)

食品取扱届 
【様式第2号】

ダウンロード

(PDF:205KB)

ダウンロード

(PDF:152KB)

ダウンロード

(ワード:30KB)

 

イベント会場に、上下水道を引いた固定店舗を設営し、食品を調理販売する場合には、期間限定の営業許可が必要です。許可にあたり保健所による立入検査も行いますので、事前に食品安全課までご相談ください。また、期間限定の食品営業許可申請記入例もご確認ください。なお、食品営業許可の申請は、千葉市保健所食品安全課窓口でのみ受け付けております(郵送不可)。

 

記入例

記入用紙(PDF)

記入用紙(ワード)

食品営業許可申請書

【期間限定固定店舗】

ダウンロード

(PDF:493KB)

ダウンロード

(PDF:287KB)

ダウンロード

(ワード:164KB)

 

問い合わせ先:食品安全課食品指導班(電話043-238-9934)

 

Q4. 屋台や自動車で移動して食品を調理販売する場合の手続きについて教えてください。

A4.屋台や自動車で場所を移動して食品を調理販売する場合、以下の営業許可が必要です。

  1. 簡易な飲食店営業等(いわゆる屋台営業)
  2. 自動車を利用して行う営業

どちらも営業区域は、千葉県内一円となりますが、施設基準及び取扱い可能な食品が異なります。自動車を利用している場合でも、作業場が完全な区画ではなく、開放された部分があるなど「2.自動車を利用して行う営業」の施設基準に適合しない施設は、「1.簡易な飲食店営業等」となり、取扱品目に制限がかかります。

詳細については、下記をご確認ください。
簡易な飲食店営業等と自動車を利用して行う営業の施設基準について(PDF:118KB)

申請の流れについてはコチラ

 

問い合わせ先:食品安全課食品指導班(電話043-238-9934)

Q5. 町内会の夏祭りや学校のバザー等で飲食物を販売したい。何か手続きは必要ですか?

A5.千葉市内のイベント会場で飲食物を調理して提供する場合は、原則として営業許可が必要ですが、営利を目的としない町内会の夏祭りや学校のバザー等で、町内会の住民や学校関係者が自ら飲食物を調理して提供する場合、営業許可は不要です。

(飲食物等の提供を業とする営業者が町内会の夏祭りや学校のバザー等に出店する場合は、営業許可が必要です。)

しかしながら、食中毒などの発生が懸念されるので、下記「町内会の夏祭りや学校のバザー等において食品を提供する場合の注意事項」や「餅つき大会ではノロウイルスによる食中毒に要注意!」をよく読み、食品による事故がおこらないよう実施しましょう。

「町内会の夏祭りや学校のバザー等において食品を提供する場合の注意事項」(PDF:332KB)

「餅つき大会ではノロウイルスによる食中毒に要注意!」(PDF:644KB)

 

厚生労働省の食中毒のホームページ(外部サイトへリンク)も参考にしてください。


事前の検便を実施することも食中毒予防には有効です。調理に直接従事される人は、検便(腸管出血性大腸菌O157など)をあらかじめ実施し、陰性であることを確認することをお勧めします。

また、屋外で飲食物の調理を行う場合、取扱う食品は必要最小限とし、加熱調理食品でかつ調理工程の簡単な(焼くだけ、煮るだけ、蒸すだけ)品目を選びましょう。仕込みは衛生的な環境で実施してください。

テント内に少なくとも下記の物品を用意しましょう。
     手洗い用と器具洗浄用の蛇口付きポリタンク(各18リットル以上)
     手指消毒薬(アルコールスプレー等)
     排水設備(バケツ等)
     クーラーボックス(食材温度確認用の温度計を入れてください)
     食器(使い捨て容器)を衛生的に保管するための収納設備(プラスチックケース等)
     ふた付きのごみ箱 

なお、保健所では、食中毒等の事故が起こらないよう、個別に基本的な衛生指導も行っています。模擬店開催にあたっては、食品安全課食品指導班にご連絡ください。
また、具体的な指導が必要な場合は、下記の書類に必要事項を記入のうえ、ご相談ください。

 

記入用紙(PDF)

記入用紙(ワード)

「模擬店の開催について」

ダウンロード

(PDF:65KB)

ダウンロード

(ワード:35KB)

 

問い合わせ先:食品安全課食品指導班(電話043-238-9934)

 

食品安全課トップページへ戻る

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

保健福祉局健康部保健所食品安全課

千葉市美浜区幸町1-3-9 千葉市総合保健医療センター2階

電話:043-238-9934

ファックス:043-238-9936

shokuhin.PHO@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)