ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療・生活衛生 > 健康 > 感染症 > 鳥インフルエンザH7N9 > 中国における鳥インフルエンザA(H7N9)の患者の発生に関する情報

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年11月30日

中国における鳥インフルエンザA(H7N9)の患者の発生に関する情報

中国において鳥インフルエンザA(H7N9)に感染した患者が発生した旨、WHOが発表しました。

ヒトは、感染した家きん(鳥)やその排泄物、死体、臓器などに濃厚に接触することによってまれに感染することがあります。これまでのところ、ヒトからヒトへの持続的な感染は確認されておりませんが、流行地域に渡航する際などは注意が必要です。

市民のみなさまへのお願い

中国に旅行・滞在される方は、渡航先の情報に注意していただくとともに、手洗いやマスクの着用などの咳エチケットをこころがけてください。
また、鳥類に直接触ったり、病気の鳥や死んだ鳥に近寄ったりしないようにしましょう。
なお、中国の発生地域からの到着時に発熱などの症状がある場合は、検疫所へ相談してください。
38度以上の発熱と咳などのインフルエンザのような症状が出て、症状が出る前10日以内に中国に渡航又は居住していた方については、最寄りの医療機関を受診して下さい。
その際、中国に行っていたことをお伝えください。

鳥インフルエンザA(H7N9)に関するQ&A

鳥インフルエンザA(H7N9)について(Q&A)(厚生労働省)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

感染予防について

ヒトは、感染した鳥やその排泄物、死体、臓器などに濃厚に接触することによって、まれに感染することがあります。

発生地域へ渡航する際等は、以下の点に特に注意して下さい。

・鳥との接触を避け、むやみに触らないこと。

・生きた鳥が売られている市場や養鶏場にむやみに近寄らないこと。

・手洗いを励行すること。

医療機関のみなさまへ

平成27年1月21日から、鳥インフルエンザ(H7N9)が感染症法における二類感染症に指定され、診断した医師は直ちに最寄り保健所に届出が必要です。

疑い患者を診療した場合には、保健所感染症対策課(電話:043-238-9974)までご連絡ください。

千葉市の相談窓口一覧

健康について 保健所感染症対策課 043-238-9974
食品について 保健所食品安全課 043-238-9935
家畜について 農政センター農業生産振興課 043-228-6282
ペットについて 動物保護指導センター 043-258-7817
野鳥について 環境保全課 043-245-5195

このページの情報発信元

保健福祉局健康部健康企画課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所1階

電話:043-245-5204

ファックス:043-245-5554

kikaku.HWH@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)