ホーム > 市政全般 > 組織案内 > 組織から探す > 保健福祉局健康部健康企画課 > 平成28年度新型インフルエンザ等対策訓練を実施しました

ここから本文です。

更新日:2017年2月15日

平成28年度新型インフルエンザ等対策訓練を実施しました

新型インフルエンザは、毎年流行を繰り返す季節性インフルエンザと性質が異なる新型のインフルエンザウイルスが出現することにより、およそ10年から40年の周期で発生しています。

発生した場合、ほとんどの人が新型のウイルスに対する免疫を獲得していないため、世界的な大流行(パンデミック)となり、大きな健康被害とこれに伴う社会的影響をもたらすことが懸念されています。

新型インフルエンザ等の発生・流行に備え、関係機関が一体となり対策に取り組む必要があるため、訓練を実施しました。

対策本部運営模擬訓練

新型インフルエンザが県内感染期に移行した場合を想定し、「千葉市新型インフルエンザ等対策本部」の運営模擬訓練を開催しました。

H28honbu

医療機関実動訓練

新型インフルエンザがまん延した場合には原則、全ての医療機関で患者を診療することになります。

独立行政法人地域医療機能推進機構千葉病院(JCHO千葉病院)の協力の元、多数の新型インフルエンザ疑い患者が外来受診した場合を想定し、一般患者と動線を分けて診療を行う訓練を実施しました。

H28jcho

帰国者・接触者外来への連絡訓練

新型インフルエンザ発生初期、流行国からの帰国者等で新型インフルエンザ疑い患者が発生した場合には、特定の医療機関(帰国者・接触者外来設置協力医療機関)で診療を行うことになります。

当該医療機関との迅速かつ確実な連絡経路を確認するため、メールの配信による連絡訓練を実施しました。

 

このページの情報発信元

保健福祉局健康部健康企画課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所1階

電話:043-245-5204

ファックス:043-245-5554

kikaku.HWH@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)