ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療・生活衛生 > 医療 > 救急医療情報 > 子どもが夜間・休日に急病になったとき

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2016年7月25日

子どもが夜間・休日に急病になったとき

夜間だったら、こんなときはすぐに「夜急診」へ
休日だったら、こんなときはすぐに休日救急診療所へ

熱が出た

  • せき、鼻水、下痢、嘔吐がひどく、食欲がなくて水分も十分にとれないとき
  • 6か月未満の乳児(特に3か月まで)で、熱が高いとき
    • この頃の子供はあまり熱を出しません。肺炎、尿路感染、髄膜炎などの可能性があります。できるだけ早く医師に診せましょう。
    • 単に熱が高いだけではあまり心配はありません。ウイルスは熱に弱くて、ヒトは細菌やウイルスと戦う力が増します。冷やしたり、解熱剤を使って楽に眠れれば、慌てて受診しなくても大丈夫です。

腹痛を訴えた

  • おなかが痛くて歩けないようなとき
  • 2歳までの子供が30分以上も泣き止まないとき
  • 吐き気、嘔吐、下痢、発熱、咳、鼻水、頭痛、のどの痛み、めまいなどがあるとき
    • 簡単に我慢ができる痛みは、あまり心配ないでしょう。もし便の異常がある場合には、便をとっておいて、医師に見せてください。

吐いた

  • 吐いたものの中に血液や胆汁(緑色の液体)が混ざるとき
  • 強い頭痛をともなうとき
  • ひきつけたり、意識がぼんやりしているとき
  • 続けて何回も吐いてしまい、水分がとれないとき
  • おしっこが半日も出ないとき

下痢をした

  • 便の中に、血液や粘液が混ざるとき
  • 腹痛が強く、下痢が1日10回以上あるとき
  • 食欲がなく、水分が十分とれないで、吐き気が強く、おしっこの出が悪いとき(半日以上尿が出ないとき)

ひきつけた

  • 生まれて初めてひきつけを起こしたとき
  • 15分以上続くとき
  • けいれんが止まっても、すぐに繰り返すとき
  • けいれんが止まった後も、意識がはっきりしないとき(呼んでも目を覚まさないようなとき)

咳が出た

  • 何度も咳き込んで吐いたとき
  • 呼吸が苦しそうで、ゼイゼイしたり、息を吸うときに肩を激しく上下させ、肋骨の上や間がペコペコ引っ込む呼吸(陥没呼吸)をしているとき
  • 声がかすれて、オットセイが鳴くような咳や、息が吸いにくいとき

こどもの救急【(社)日本小児科学会】のホームページ

夜間や休日などの診療時間外に病院を受診するかどうか、判断の目安を提供しています。(対象年齢は生後1か月~6歳までのお子さんです。)
こどもの救急<(社)日本小児科学会>へのリンク(外部サイトへリンク)

こども急病電話相談

看護師や小児科医が電話でアドバイスします。(相談日時は、毎日・夜間の19時から22時です。)

電話番号:#8000(プッシュ回線の固定電話や携帯電話)
ダイヤル回線等で#8000がご利用いただけない場合:043(242)9939
こども急病電話相談(千葉県)へのリンク(外部サイトへリンク)

このページの情報発信元

保健福祉局健康部健康企画課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所1階

電話:043-245-5204

ファックス:043-245-5554

kikaku.HWH@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)