ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

骨髄バンクのドナー登録にご協力ください

 白血病などの難治性血液疾患の治療には、骨髄移植や末梢血幹細胞移植などの造血幹細胞移植が有効です。これらの移植手術には、患者さんと白血球の型(HLA型)が一致した造血幹細胞の提供が必要ですが、このHLA型が一致する確率は、兄弟姉妹で4人に一人、それ以外では、数百から数万人に1人と非常にまれなため、(公財)日本骨髄バンクが主体となり、患者さんとドナーの橋渡しを行っています。

毎年2,000人以上の患者さんが適合するドナーの登録を待ち望んでいます。

命のボランティア、ドナー登録は2mlの採血から。1人でも多くの患者さんの命を救うためには、1人でも多くのドナー登録が必要です。

あなたの登録が、患者さんの命をつなぐチャンスになるかもしれません。

造血幹細胞移植とは

白血病などの病気は、造血幹細胞に異常が起こり、正常な血球を造れなくなるため貧血や免疫不全などが起こります。

造血幹細胞移植は、病気に冒された造血幹細胞を健康なものに置き換える治療法です。造血幹細胞を骨髄から採取して移植する治療法が骨髄移植で、末梢血から採取して移植する治療法が末梢血幹細胞移植、さい帯血から採取して移植する治療法がさい帯血移植です。

ドナー登録とは

造血幹細胞(骨髄・末梢血幹細胞)の提供希望者が、HLA型などを骨髄データセンターに登録することをいいます。登録されたHLA型が患者と一致した方がドナー候補者として選ばれます。

ドナー登録の流れ

  1.  ドナー登録を希望される方は、ドナー登録のしおり「チャンス」を読み、内容を十分理解したうえで、「骨髄バンクドナー登録申込書」に必要事項を記入し、お近くの登録窓口かドナー登録会に持参ください。「チャンス」は、公益財団法人日本骨髄バンクホームページのほか、登録窓口や保健福祉センター、区役所などでお配りしています。
  2. 登録窓口で登録に要する時間は約15分です。*混雑時はお待ちいただく場合があります。
  3. 腕の静脈から約2mLを採血し、HLA型(白血球の型)を調べます。検査に費用はかかりません。
  4. 後日、日本赤十字社から「登録確認書」をお送りします。ドナー登録された方のHLA型は、患者さんのHLA型と定期的に適合検索されます。

*ドナー登録のしおり「チャンス」はこちらから→公益財団法人日本骨髄バンク(外部サイトへリンク)

ドナー登録できる方

  • 骨髄・末梢血幹細胞の提供の内容を十分に理解している方
  • 年齢が18歳以上、54歳以下で健康な方
  • 体重が男性45㎏以上/女性40㎏以上の方

 ※骨髄・末梢血幹細胞を提供できる年齢は、20歳以上、55歳以下です。

 ※血圧、病歴などにより登録できない場合があります。

 千葉市の登録窓口

  • モノレールちば駅献血ルーム 千葉市中央区新千葉1‐1‐1 千葉都市モノレール千葉駅構内     

                 電話:047‐457‐9928

  • 運転免許センター献血ルーム 千葉市美浜区浜田2‐1   千葉運転免許センター内 

                 電話:047‐457‐9928

 ※受付時間、曜日は窓口に直接お問い合わせください。

骨髄・末梢幹細胞の提供まで

  1. ドナー候補者となったら、日本骨髄バンクから連絡があります。本人・家族の意向、健康状態、日程などについてアンケートに回答します。
  2. コーディネーターが確認検査の日程調整をします。確認検査では骨髄・末梢血幹細胞提供についての詳しい説明と、医師による医学的な説明と問診を行い、提供の意思に変わりがなければ、健康状態を確認するための採血をします。
  3. ドナーに選ばれると、コーディネーターと医師が、候補者と家族の最終的な提供意思を確認します(最終同意)。最終同意の後は患者さんの命にかかわるため、提供意思の撤回はできません。同意後、提供日と病院の調整をします。
  4. 提供の1か月前に、採取病院で詳しい健康診断が行われ、安全な採取に備えます。
  5. 採取方法によって、自己血輸血のための採血または白血球を増やす薬の注射を行います。
  6. 骨髄または末梢血幹細胞採取。骨髄採取では通常3泊4日、末梢血幹細胞採取では1~2日の入院をします。
  7. 骨髄・末梢血幹細胞が患者さんのもとへ運ばれ移植されます。
  8. 採取後は数日以内で退院し、日常生活に戻ることができます。退院後は電話での健康状態の確認や健康診断など、体調が回復するまでフォローアップします。

 ※詳細はドナー登録のしおり「チャンス」をご覧ください。 

提供者インタビュー

骨髄バンク事業を通じて骨髄を提供された方に、貴重な実体験を語っていただきました。興味のある方は是非ご覧ください。

提供者インタビューVol.1(PDF:175KB)

ドナー登録後、住所が変わった方へ-住所変更はお済ですか?

住所変更の連絡がないと、患者さんと適合したことをお伝えできません。

移植を望む患者さんのためにも、引っ越しをされた場合は、必ず住所等の変更手続きをお願いします。

変更の手続きはこちらから→造血幹細胞移植情報サービス(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)

臍帯血バンクについて

さい帯血バンクに「ドナー登録」の制度はありません。さい帯血バンクと提携している産科施設で出産予定の妊婦の方で、さい帯血の提供に同意いただいた方から採取しています。

さい帯血バンク、さい帯血の提供・移植についてはこちらをご参照ください。
造血幹細胞移植情報サービス(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)

骨髄移植ドナー支援事業について

骨髄移植ドナー支援事業について

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

保健福祉局健康部健康企画課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所1階

電話:043-245-5204

ファックス:043-245-5554

kikaku.HWH@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)