ホーム > 市政全般 > 組織案内 > 組織から探す > 保健福祉局健康部健康企画課 > 千葉市受動喫煙の防止に関する条例(仮称)の基本的考え方(案)のパブリックコメント手続実施シート

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2018年8月30日

千葉市受動喫煙の防止に関する条例(仮称)の基本的考え方(案)のパブリックコメント手続実施シート

対象施策の案

千葉市受動喫煙の防止に関する条例(仮称)の基本的考え方(案)

所管課

保健福祉局健康部健康企画課

意見の提出期間

平成30年7月13日(金曜日)~平成30年8月13日(月曜日) ※意見の募集は終了しました。

対象施策の案の趣旨、目的及び背景

受動喫煙防止対策のための健康増進法改正案により、多数の者が利用する施設において「望まない受動喫煙」を防止するための規制が図られる見込みです。しかし、同法では、既存の小規模飲食店については喫煙可能とすることもできるとされ、既存の飲食店の約55%が喫煙可能となりうると推計しています。

本市のアンケートでは市民が最も受動喫煙を受けやすいのが飲食店であり、また、自らの意思で受動喫煙を避けることが困難な未成年者や飲食店の従業員を受動喫煙から保護する必要があることから、健康増進法改正案に本市独自の規制を加えることにより、市民の受動喫煙を防止し、健康増進を図るための条例を制定するものです。

対象施策の案の概要

本市独自の規制は、次のとおりです。

1 行政機関の庁舎は敷地内完全禁煙とします【努力義務】

2 既存の小規模飲食店であっても、従業員がいる場合は喫煙不可とします【罰則あり】

3 保護者は、20歳未満の者を受動喫煙から保護するものとします【努力義務】

 


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

保健福祉局健康部健康企画課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所1階

電話:043-245-5201

ファックス:043-245-5554

kikaku.HWH@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)