ホーム > 市政全般 > 組織案内 > 組織から探す > 保健福祉局健康部健康企画課 > 「健やか未来都市ちばプラン」の一部指標を設定しました

ここから本文です。

更新日:2015年8月18日

「健やか未来都市ちばプラン」の一部指標を設定しました

 平成25年9月に策定された「健やか未来都市ちばプラン」において、「今後設定」としていた指標を平成27年7月23日付けで下記のとおり設定いたしました。

 この指標は、生活習慣病の1つである糖尿病の発症に密接な関係を有している「血糖コントロール値の不良者の割合を減少させること」を目標としています。

 設定の概要

 1 今回、設定した指標

  •  生活習慣病の発症・重症化予防の徹底 

    ○糖尿病

     指標名3:血糖コントロール指標におけるコントロール不良者

          (HbA1cがNGSP値8.4%(JDS値8.0%)以上)の割合の減少

 

※HbA1c(ヘモグロビン・エイワンシ-)は、赤血球の蛋白であるヘモグロビン(Hb)と血液中のブドウ糖  が結合したもの。過去1~2カ月の平均的な血糖の状態を調べることができる。

また、HbA1cの測定値を表記するために用いられているのが、NGSP値(国際標準値)およびJDS値(従来日本において使われていた値)である。

2 設定の詳細

 

健やか未来都市ちばプランについて

 


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

保健福祉局健康部健康企画課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所1階

電話:043-245-5204

ファックス:043-245-5554

kikaku.HWH@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)