ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療・生活衛生 > 食品 > 食中毒 > ボツリヌス食中毒対策の実施

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年4月12日

ボツリヌス食中毒対策の実施

平成29年3月、東京都において乳児に対し離乳食としてジュースに蜂蜜を混ぜて与えたことによる乳児ボツリヌス症による死亡事案が発生しました。

 

ボツリヌス食中毒について

1.症状

特徴的な神経症状(視覚異常、言語障害、呼吸困難、嚥下[のみこみ]困難など)、重症例では死亡(神経症状の発症前に嘔吐、下痢、便秘などを示すこともある)

乳児ボツリヌス症では、がんこな便秘、乳の吸い方が弱い、泣き声が弱い、無表情、首と手足の筋力が落ちるなどの症状がみられます。(乳児ボツリヌス症は、乳児の腸管内の細菌叢(様々な細菌の集まり)が不安定で、ボツリヌス菌の感染に対する抵抗力が低いためにおきると考えられています。)

2.原因食品

  • いずしや、瓶詰、缶詰など、長期間保存されることが多い自家製の食品が原因になりやすいです。
  • レトルト食品と似た包装がされているために、誤って冷凍保存されなかった食品も原因になっています。
  • 海外では、ハム・ソーセージなども原因になっています。
  • 乳児ボツリヌス症の主な原因として、ハチミツが報告されています。自家用の井戸水や、自家製の野菜スープ(推定)が原因とされる症例も報告されています。

3.原因菌、その分布と特徴

ボツリヌス菌

  • 海水、河川などの泥砂や、そこに生息する魚介類などに広く分布しています。
  • 空気のないところでしか発育できない嫌気性菌です。
  • 食品中で増殖の際に食中毒の原因となる毒素を作ります(ボツリヌス毒素)。
  • 耐熱性の芽胞を作るので、熱に非常に強いです(熱に弱いものもいる)。
  • 低温でも発育できます。

4.予防方法など

  • 真空パック、缶詰が膨張していたら食べないで下さい。
  • 調理には新鮮な原材料を使い、十分に洗浄して下さい。
  • 魚の調理には腸内容物が魚肉を汚染しないように注意して下さい。
  • 「要冷蔵」と表示された食品の冷蔵保存を徹底して下さい。
  • 1歳未満の乳児に、ハチミツや、ハチミツ入りの離乳食・飲料・お菓子などを与えないで下さい(乳児ボツリヌス症)。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

保健福祉局健康部生活衛生課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター1階

電話:043-245-5213

ファックス:043-245-5556

seikatsueisei.HWH@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)