ホーム > くらし・地域・手続 > くらし・生活・相談 > ペット・動物 > 譲渡 > 犬や猫の譲渡を希望される方へ

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2016年10月17日

犬や猫の譲渡を希望される方へ

千葉市動物保護指導センターでは、収容した迷い犬や負傷猫などで元の飼い主が現れない動物、特別な事情により飼養できなくなった犬や猫について、新たな飼い主とともに生涯をまっとうできるよう譲渡を行っています。

お願い

  • 譲渡は随時行っています。
  • ご見学については、事前に電話の上お越し下さい。
  • 午前中は施設の清掃等で足元が滑りやすくなっておりますので、可能な限り午後1時半から午後4時までの間にお越し下さい。

新しい飼い主さんを待っている動物たち

犬の紹介ページです。

猫の紹介ページです。

猫の譲渡会を開催しています

犬・猫の譲渡会の案内です。

譲渡の手続き

譲渡について

猫のイラストです。

近年、センターに収容又は引取りされる犬や猫は年々減少し、平成27年度では犬187匹、猫473匹と10年前と比べて犬は67%減、猫は60%減になっています。これらの犬・猫のうち、元の飼い主が現れない犬・猫などについても、ボランティアの協力に支えられ新しい飼い主への譲渡が数多く成立しており、殺処分が大幅に減少しました。

そのため、現在センターにおける譲渡は、単に不幸な動物の命を救うことだけにとどまらず、新しい飼い主さんも貰われた動物も、共により幸せになれる相手を選ぶよう心がけています。安易な理由で、動物の譲渡を希望される方はご遠慮願います。

センターに収容される犬や猫は、その一部は性格に難があったり、負傷や疾病のある犬や猫です。そのため、ワクチン接種、駆虫、治療などを行い、特に成犬については、ボランティアの協力を得て、必要な場合は育成、トレーニングののち譲渡可能な動物として、申込者の希望に合っただけでなく、動物の性格と家族構成、その他の相性を考慮したうえで、紹介を行い、譲渡しています。
避妊去勢手術、ワクチンなど譲渡後の適切な飼養のための経費はご負担ください。

集合住宅で動物が飼えない方、もしもの時に代わりにお世話する方がいない、独居の方や高齢者世帯などへの譲渡も行っていません。終生、適正に飼養できる方への譲渡にご理解お願いいたします。

また、動物の管理には十分注意を払っていますが、病気が発見できなかった場合や、年老いている動物の場合には、譲渡後動物病院での治療が必要となる場合があります。

犬のイラストです。


動物保護指導センターのトップページへもどる

このページの情報発信元

保健福祉局健康部生活衛生課動物保護指導センター

千葉市稲毛区宮野木町445番地1

電話:043-258-7817

ファックス:043-258-7818

dobutsuhogo.HWH@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)