ここから本文です。

更新日:2017年11月22日

譲渡の手続き

子犬や子猫の譲渡を希望される方へ

子犬希望の場合、ほとんど収容がありません。
子猫の収容には時期があり、ご案内までお待ちいただくことがあります。

ご注意

  • 初回の来所当日、すぐに犬猫は持ち帰れません。
  • 飼い主さんと動物の相性を考慮し、譲渡をご遠慮いただく場合があります。
  • 終生(適正)飼養の観点から、譲渡できる方には以下の条件があります。

譲渡の条件

(1)愛玩目的で、終生飼養すること。
(2)千葉市内在住であること。(市外の場合、原則としてボランティア譲渡になります。)
(3)年齢が20歳から60歳であること。独居でないこと(成人の同居家族がいること)。((ただし、61歳以上又は独居の場合は、飼えなくなったとき、代わりに飼うことができ、飼養者としての条件を満たした方の同意書を提出いただける場合は、この限りではありません。)
(4)動物を適正に飼養するための十分な費用を負担できること。
(5)動物の飼養について、同居する家族全員の同意があること。
(6)飼える住居であること。(規約・契約書の写し又は証明書を提出いただきます。)
(7)飼養する頭数が、犬は3頭以下、猫は5頭以下、計5頭以下になること。
(8)現に飼養している犬の登録及び狂犬病予防注射を実施していること。
(9)飼い主のいない猫に給餌していないこと。
(10)現に飼養している動物の不妊手術を実施していること。
(11)入院を要する病気治療中でないこと。
(12)犬の毎日の散歩など、日常のお世話ができること。
(13)原則として、妊婦、要介護者が家族にいないこと。
(14)避妊去勢手術を実施し、報告すること。
(15)猫は室内で飼い、外に出さないこと。
(16)番犬目的で、吠える犬を希望していないこと。

譲渡のながれ

1:収容動物のご案内

  • 限られた人数で運営していますので、ご案内までお待ちいただくことがあります。
  • 当センターは、見学に向いたつくりになっていません。足元にはご注意ください。
  • 気になる動物がいれば、写真をとってかまいません。
  • 動物には、危害防止と感染予防のため、ふれないでください。
  • 傷病動物を収容している場合など、見学できないことがあります。

2:事前審査

  • アンケートをご記入下さい。ヒアリングを実施します。
  • 条件を満たさない方は、譲渡をお断りしています。

3:譲渡の申し込み

  • 申込書を提出いただきます。申込書は申込の日から6か月間有効です。
  • 申込書のダウンロード(ZIP:44KB)
  • 期間が過ぎた後も、引き続きご希望がある場合は再度ご提出いただきます。
  • 気に入った動物がいた場合、帰宅後、家族と相談の上でご連絡をいただきます。予約は原則として1頭までとし、期日までに連絡がない場合は、キャンセルとなります。
  • 希望の動物に既に予約が入っている場合がありますので、ご了承ください。
  • 気に入った動物がいなかった場合、あらかじめ申込書をご提出いただき、しばらくお待ちいただく形となります。ご希望にあった動物が入り、準備が整ったら、センターからご連絡いたします。

4:譲渡の審査

  • 犬をご希望の方は、後日、ご自宅を訪問して確認をいたします。
  • 提出いただいた書類とヒアリングをもとに、譲渡の審査をします。
  • 譲渡が決定しましたら、ご連絡いたします。お渡しの日程の打ち合わせをいたします。

5:お渡し

  • 準備が整った時点で、ご来所いただきお渡しとなります。
  • 終生、適正に飼養する旨の誓約書を提出いただきます。
  • 犬の譲渡の場合は、登録していただきます。(登録手数料3,000円)

6:報告


動物保護指導センターのトップページへもどる

 

このページの情報発信元

保健福祉局健康部生活衛生課動物保護指導センター

千葉市稲毛区宮野木町445番地1

電話:043-258-7817

ファックス:043-258-7818

dobutsuhogo.HWH@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)