ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療・生活衛生 > 食品 > 食中毒 > 毒キノコによる食中毒に注意しましょう

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2019年9月26日

毒キノコによる食中毒に注意しましょう

例年、夏の終わりから秋にかけて、有毒な野生キノコを食用キノコと誤認して採取、喫食したことによる食中毒が発生しています。
そのため、厚生労働省は消費者や食品等関係事業者に対し毒キノコによる食中毒の発生を予防するよう注意喚起を行っています。
また、消費者庁も毒キノコかどうか慎重に判断するよう注意を促しています。

毒キノコによる食中毒を予防するには

キノコは山、雑木林など以外にも庭、公園などの身近な場所にも生えます。食用のキノコ類と確実に判断できないキノコ類については、絶対に「採らない」、「食べない」、「売らない」、「人にあげない」ようにしましょう。

  • 虫食い跡のあるキノコは食べられる。
  • 色が鮮やかなキノコは有毒、地味な色のキノコは食べられる。
  • ナスと一緒に料理すれば食べられる。
  • 塩漬けにすれば毒が抜ける。
  • 茎が縦に裂けるキノコは食べられる。

などは「迷信」ですので、信じないようにしましょう。

毒キノコを誤って食べてしまった場合

  • キノコを食べて異常を感じた時は、すぐに医療機関を受診してください。
  • 食べ残しのキノコを持参すると、治療の参考になります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

保健福祉局健康部生活衛生課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター1階

電話:043-245-5213

ファックス:043-245-5556

seikatsueisei.HWH@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)