ここから本文です。

更新日:2015年4月21日

食中毒発生状況

平成27年度食中毒発生状況

件数 発生年月日 原因施設 原因食品 病因物質

患者数
(死者数)

措置
1 平成27年4月5日 飲食店 4月3日に当該施設が調理、提供した食事 カンピロバクター・ジェジュニ 4※
(0)
営業停止
3日間
発生数(件) 1 患者数(死者数) 4※
(0)

※調査中のため変更の可能性あり

(参考)過去の発生状況

年度 発生数(件) 患者数(人) 病因物質
平成26年度 8 85※ アニサキス、腸炎ビブリオ(O3:K6,TDH産生)、クドア・セプテンプンクタータ、サルモネラ・エンテリティディス、ノロウイルス
平成25年度 9 145 アニサキス、ノロウイルス、サポウイルス、カンピロバクター
平成24年度 14 103 カンピロバクター、サポウイルス、サルモネラ、ヒスタミン、アニサキス、黄色ブドウ球菌、セレウス菌、ノロウイルス
平成23年度 8 70 カンピロバクター、腸管出血性大腸菌O157、ウェルシュ菌、アニサキス
平成22年度 7 245 カンピロバクター、黄色ブドウ球菌、ノロウイルス、A型肝炎ウイルス、アニサキス
平成21年度 13 237 病原大腸菌、カンピロバクター、ノロウイルス、ヒスタミン、アニサキス
平成20年度 16 368 病原性大腸菌O27H7、カンピロバクター、サルモネラO7、ノロウイルス、植物性自然毒、動物性自然毒
平成19年度 2 8 腸炎ビブリオ、メタミドホス
平成18年度 4 74 カンピロバクター、腸炎ビブリオ、病原大腸菌(毒素原性大腸菌O169)、ノロウイルス
平成17年度 7 640 ノロウイルス、腸管出血性大腸菌0157、病原大腸菌06H16、黄色ブドウ球菌
平成16年度 4 131 ノロウイルス、ウェルシュ菌、セレウス菌、腸炎ビブリオ
平成15年度 1 9 カンピロバクター
平成14年度 4 90

黄色ブドウ球菌、カンピロバクター

※調査中のため変更の可能性あり

このページの情報発信元

保健福祉局健康部生活衛生課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター1階

電話:043-245-5213

ファックス:043-245-5556

seikatsueisei.HWH@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)