• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年5月12日

千葉市のたばこ対策

千葉市の受動喫煙防止対策や禁煙支援など、たばこ対策に関する情報を総合的に紹介しています。

  1. 受動喫煙防止対策
    喫煙は、周囲の人にも健康影響を及ぼします。千葉市では、健康増進法に基づき、公共施設や民間施設等の受動喫煙防止対策推進に取り組んでいます。
  2. 禁煙支援
    たばこの健康への影響を普及啓発するとともに、禁煙に取り組む市民への支援を実施しています。
  3. 路上喫煙・ポイ捨て防止に関する取組
    千葉市では条例で、路上喫煙・ポイ捨てについて禁止行為として定めています。取締地域では罰則も課せられます。
  4. 千葉市のたばこ対策の現状と取組
    千葉市では平成25年度に「健やか未来都市ちばプラン」を策定し、健康目標の1つとして、「たばこは健康に害があることを知り、自分や周りの人の健康を守る」ことを課題とするとともに、「COPD(慢性閉塞性肺疾患)の認知度の向上」を重点取り組み項目としています。
  5. 関連機関等へのリンク

1受動喫煙防止対策

受動喫煙とは

受動喫煙とは「室内またはこれに準ずる環境において、他人のたばこの煙を吸わされること」(健康増進法第25条より抜粋)を言います。

受動喫煙による健康への影響

喫煙は、吸っている本人だけでなく、周囲のたばこを吸わない人の健康にも影響を与えることがわかっています。
受動喫煙による肺がんと虚血性心疾患の死亡数は、年間約6,800人にもなります

「大切な子どもを守りたい」
受動喫煙シンボルマークです

家族への影響 夫が1日20本以上吸っていると、妻の肺がん死亡率は1.9倍になります。
お腹の赤ちゃんへの影響 赤ちゃんが栄養不足、酸欠状態になり、妊娠・出産異常、先天異常、低出生体重児、知的能力の低下、ADHD(注意欠如・多動症)のリスクが高くなります。
こどもへの影響 SIDS(乳幼児突然死症候群)、風邪、肺炎、中耳炎などのリスクが高くなり、誤嚥ややけどの原因になります。
職場の仲間への影響 職場での受動喫煙により年間約3,600人が死亡しています。肺がんの危険性が10年で1.3倍、30年では1.86倍と高くなります。

受動喫煙防止に関する法律

多くの方が利用する施設の管理者の方、事業主の方は、受動喫煙の防止に努める必要があります。
1)健康増進法

第25条(受動喫煙の防止)抜粋

学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、事務所、官公庁施設、飲食店その他の多数の者が利用する施設を管理する者は、これらを利用する者について、受動喫煙を防止するために必要な措置を講ずるよう努めなければならない。

健康増進法の対象となる施設
学校 体育館 病院 社会福祉施設 官公庁施設
集会場 展示場 百貨店 鉄軌道駅 鉄軌道車両
飲食店 観覧場 事務所 タクシー 旅客船ターミナル
旅客船 美術館 航空機 屋外競技場 ホテル・旅館等の宿泊施設
博物館 商店 バス 金融機関 航空旅客ターミナル
遊技場 娯楽施設 劇場 バスターミナル その他
平成22年2月25日に厚生労働省健康局長より、基本的な方向性と具体的方法について、次のとおり示されました(*1)。
【基本的な方向性と具体的方法】
  1. 多数の者が利用する公共的な空間は、原則として全面禁煙であるべき
    1. 全面禁煙を行っている場所は、その旨を表示し、周知を図る
    2. 来客者等にも理解と協力を求める
  2. 全面禁煙が極めて困難な場合は、適切な受動喫煙防止対策を進める
    1. 全面禁煙が極めて困難な場合は、当面の間、喫煙可能区域を設定する等の対策に努め、将来的には全面禁煙を目指す
    2. 喫煙可能区域を設定する場合は、「分煙効果判定基準策定検討会報告書(*2)」等を参考に、たばこの煙が非喫煙場所に流れ出ないなど、適切な措置に努める
    3. 禁煙区域と喫煙可能区域を明確に表示・周知を図り、来客者等にも理解と協力を求める
    4. 未成年者や妊婦が喫煙可能区域に立ち入ることがないよう、ポスター掲示などで注意喚起を行う
  3. 屋外でも、子どもが利用する公共的な空間は、配慮が必要
    1. 屋外であっても、子どもの利用が想定される公共的な空間では、受動喫煙防止のための配慮が必要

<補足>施設の出入口付近にある喫煙場所の取扱い(*3)
施設の出入口付近に喫煙場所を設けることで、屋外から施設内に流れ込んだ他人のたばこの煙を吸わせることも「受動喫煙」であるため、喫煙場所を出入口から極力離すなど、必要な措置を講ずるよう努める必要がある。
≪参考≫
*1厚生労働省健康局長通知(PDF:481KB)平成22年2月25日(健発第0225号)
*2分煙効果判定基準策定検討会報告書(PDF:350KB)平成14年6月
*3厚生労働省健康局総務課生活習慣病対策室長(PDF:234KB)事務連絡平成22年7月30日

2)労働安全衛生法

平成26年6月25日公布の労働安全衛生法の一部改正では、事業主の方は、雇用する労働者の受動喫煙防止のための適切な措置を講ずるよう努めることが明記されました。
第68条の2
事業者は、労働者の受動喫煙(室内またはこれに準ずる環境において、他人のたばこの煙を吸わされることをいう)を防止するため、当該事業者及び事業場の実情に応じ適切な措置を講ずるよう努めるものとする。

千葉市の公共施設における受動喫煙防止対策

平成24年4月1日より、千葉市の公共施設(一部対象外)については、敷地内禁煙もしくは建物内禁煙となっています。

受動喫煙防止対策PRステッカー

受動喫煙防止対策に取り組む飲食店や事業所等を対象に、受動喫煙防止対策PRステッカーを配付しています。
お店や事務所などを禁煙にしたら、ステッカーの表示などで、施設の利用者や従業員の方にお知らせしましょう。

【ステッカーの種類】

全面禁煙 店舗や施設等が全て禁煙の施設
時間禁煙 時間を限定して禁煙としている施設
完全分煙 喫煙室を設けて、喫煙場所と非喫煙場所を完全に分割している施設

受動喫煙防止対策に関する支援事業

厚生労働省などでは、飲食店を始めとする事業所等へ受動喫煙防止対策を実施するための支援を行っています。

受動喫煙防止対策に関する各種支援事業(外部サイトへリンク)(厚生労働省)

1)受動喫煙防止対策助成金制度

2)受動喫煙防止対策に係る相談支援業務

3)職場内環境測定支援業務(たばこ煙濃度等の測定のための機器の貸与)

振興事業貸付(外部サイトへリンク)(日本政策金融公庫)

受動喫煙防止対策等を実施する場合の、設備資金及び運転資金の貸付

九都県市受動喫煙防止対策共同キャンペーン

千葉市を含む、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・横浜市・川崎市・相模原市・さいたま市の九都県市で、毎年9~11月頃に共同キャンペーンを実施しています。

九都県市受動喫煙防止対策共同キャンペーンポスター(PDF:1,333KB)

2禁煙支援

たばこの健康影響についての講演会や、効果的な禁煙の方法をアドバイスし、禁煙成功までを支援する「禁煙サポート」を実施しています。

たばこに関する講演会

たばこやCOPDに関する講演会等を開催し、正しい知識の普及啓発を図っています。
平成29年度医師講演会一覧(PDF:349KB)

  • 千葉市作成のリーフレット

こどもに無煙環境を(PDF:1,889KB)

今どきたばこ事情(PDF:2,824KB)

禁煙サポート

禁煙を迷われている方への耳より情報!

「たばこをやめたいけどやめられない」と思うことはありませんか?
禁煙治療や禁煙補助剤を利用すると、比較的楽に、より確実に、あまりお金をかけずに禁煙に取りくむことができます。
また、あわせて指導(禁煙サポート)を受けることで、禁煙に成功しやすくなります。
サポートは無料です。たばこの依存度を知るための、呼気一酸化炭素濃度測定や尿中ニコチン代謝物濃度測定も実施しています。ぜひ、一度ご相談ください。
禁煙サポートのご案内(PDF:3,470KB)
お住まいの区の相談窓口
名称 住所 TEL FAX
中央保健福祉センター健康課 中央区中央4-5-1Qiball(きぼーる)11F 043-221-2582 043-221-2590
花見川保健福祉センター健康課 花見川区瑞穂1-1 043-275-6296 043-275-6298
稲毛保健福祉センター健康課 稲毛区穴川4-12-4 043-284-6494 043-284-6496
若葉保健福祉センター健康課 若葉区貝塚2-19-1 043-233-8714 043-233-8198
緑保健福祉センター健康課 緑区鎌取町226-1 043-292-2630 043-292-1804
美浜保健福祉センター健康課 美浜区真砂5-15-2 043-270-2221 043-270-2065

世界禁煙デー・禁煙週間

世界禁煙デー(5月31日)
WHO(世界保健機関)が「たばこのない世界」を目指して、世界各国に呼びかけている記念日です。
禁煙週間
世界禁煙デーからの1週間(5月31日~6月6日)、厚生労働省が定めたテーマに沿って禁煙及び受動喫煙防止の普及啓発を積極的に行っています。
禁煙週間に合わせて、国や千葉県、千葉市などでイベントを開催しています。

平成29年度のテーマ

「2020年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう~」
(参考)WHO世界禁煙デーのテーマ:「Tobacco - a threat to development」

平成29年度「禁煙週間パネル展」

たばこが身体に与える影響や禁煙の方法について、パネル展を実施します。
たばこをやめたいのにやめられないのは「ニコチン依存」という病気のためです。
禁煙治療や禁煙補助剤を利用すると、ニコチン切れの症状を抑えることができるので、比較的楽に、あまりお金もかけずに、しかも自力で禁煙に取り組むのに比べて3~4倍も成功しやすくなることがわかっています。
たばこを吸っている方も、あなたの大切な人の身体が心配な方も、ぜひお立ち寄りください。

日程:5月31日(水曜日)~6月6日(火曜日)

会場:生涯学習センター1階(中央区弁天3)

禁煙相談(パネル展併設): 6月1日(木曜日)10時~12時、6月2日(金曜日)13時30分~15時30分

問い合わせ先:千葉市保健福祉局健康部健康支援課(電話:043-238-9926)

無煙たばこ・スヌースの健康影響について

無煙たばこを使用すると、他のたばこ製品と同様に、使用者への健康影響があり、特にスヌースに関してはニコチン依存に陥りやすいことが指摘されています。
無煙たばこ・スヌースの健康影響については、厚生労働省健康局より、注意喚起の通知が出ています。

無煙たばことは

製品を燃焼させることなく使用するたばこ製品であり、スヌースを含む嗅ぎたばこ、ガムたばこを含む噛みたばこなどの形態があります。
30種類以上の発がん性物質や、依存性物質であるニコチンを含んでおり、使用者への健康影響が指摘されています。
また紙巻きたばこ(通常のたばこ製品)より容器が薄くて小さく、菓子と類似した容器に入っているものもあり、かつ、使用方法が口腔内のために、使用しているかどうかの判別が紙巻きたばこよりも困難であることが指摘されています。そのため、未成年者の使用や、こどもの誤摂取、誤飲について、特に配慮が必要です。

スヌースとは

「スヌース」は、加工したたばこ葉を入れた「ポーション」と呼ばれる小袋を口に含み、上唇の裏にはさんで使用する無煙たばこの一種です。
その使用により、口腔がんなどの原因となるほか、歯周疾患を引き起こし、循環器疾患のリスクも高める可能性があります。また、口腔粘膜や鼻腔粘膜からのニコチンの吸収速度が速いために、依存に陥りやすく、紙巻きたばこの安全な代替品とならないことが指摘されています。

3路上喫煙・ポイ捨て防止に関する取組

「千葉市路上喫煙等及び空き缶等の散乱の防止に関する条例」に基づき、路上喫煙やポイ捨ての防止の周知や巡視活動を行い、美しく快適で安全なまちづくりを目指しています。
また、より効果をあげるために、巡視員がその現場を確認次第、違反者から過料を徴収するなど、取締や罰則を設けています。

4千葉市のたばこ対策の現状と取組

「健やか未来都市ちばプラン」の策定

千葉市では、これまで、健康づくりの計画として平成14年に「新世紀ちば健康プラン」を策定し、市民の健康の保持増進を進めてきました。このプランの計画期間終了(平成25年)に合わせ、すべての市民が支えあいながら、心豊かに暮らせる活力に満ちた「健やか未来都市ちば」をめざして、市、市民の皆さま、関係団体などが総ぐるみで取組む健康づくり運動の総合的な指針として「健やか未来都市ちばプラン」を策定しました。

本プランの健康目標の1つとして、「たばこは健康に害があることを知り、自分や周りの人の健康を守る」ことを課題とするとともに、「COPD(慢性閉塞性肺疾患)の認知度の向上」を重点取り組み項目として、各指標を設け、取り組みの推進を行っています。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)とは
初期は息切れ、せき、たんなどありふれた症状ですが、ゆっくりと呼吸障害が進行し、酸素療法が必要になるなど命に関わる疾患です。
原因の90%は喫煙で、喫煙者の5人に1人が発症するといわれています。
COPDを予防、進行を阻止するには早期に禁煙することが有効です。

健やか未来都市ちばプラン(本編)(PDF:10,655KB)

健やか未来都市ちばプラン(概要版)(PDF:10,399KB)(平成25年9月)

たばこ対策についての各指標

1)受動喫煙の機会を有する人の割合
項目 現状 目標
行政機関 2.6% 0%
医療機関 1.8% 0%
職場(受動喫煙防止対策を
講じていない職場の割合)
32.2% 0%
家庭 10.8% 3%
飲食店 34.5% 15%
2)喫煙率
区分 現状 目標
成人 16.2% 12%
中学2年生男子 1.7% 0%
中学2年生女子 2.9% 0%
高校2年生男子 3.5% 0%
高校2年生男子 2.8% 0%
妊娠中 4.9% 0%
3)COPD(慢性閉塞性肺疾患)
項目 現状 目標
COPDの認知度の向上 22.7% 80%

健やか未来都市ちばプランに基づき取組む千葉市のたばこ対策についてまとめました。

5関連機関等へのリンク

ホームページ 団体名 掲載内容
たばこと健康に関する情報ページ(外部サイトへリンク) 厚生労働省 禁煙支援マニュアル・世界禁煙デー・たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約・検討会報告書など
最新たばこ情報(外部サイトへリンク) 厚生労働省 たばこのリスク・対策・プログラム・事例紹介・統計情報・こどもや女性への影響や啓発媒体など
毎月22日は「禁煙の日」(外部サイトへリンク) 禁煙推進学術
ネットワーク
毎月22日を「禁煙の日」とし、取組情報や喫煙・受動喫煙の害・治療法・啓発媒体などを紹介
禁煙治療に保険が使える医療機関情報(外部サイトへリンク) NPO法人
日本禁煙学会
全国禁煙外来・禁煙クリニック一覧(ニコチン依存症管理料算定医療機関)を掲載(自治体別に検索可)
インターネット禁煙マラソン(外部サイトへリンク) インターネット
禁煙マラソン事務局
・メーリングリストやメールマガジンを利用し、大勢の仲間のアドバイスや励ましを受けて個人にあった方法で禁煙支援を実施
・法人・団体向けの禁煙支援や禁煙支援者向のネットワーク(メーリングリスト)などを提供

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

保健福祉局健康部健康支援課

千葉市美浜区幸町1丁目3番9号 千葉市総合保健医療センター2階

電話:043-238-9930

ファックス:043-238-9946

shien.HWH@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)