ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療・生活衛生 > 健康 > 運動習慣 > みんなでつくろう!地域に運動の仲間づくりの輪を!(健康づくりのための運動対策)

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年5月9日

みんなでつくろう!地域に運動の仲間づくりの輪を!(健康づくりのための運動対策)

運動習慣を身につけたい方へ、健康づくりのための運動に関する情報を紹介しています。

1.運動に関するトピックス

2.運動自主グループの紹介

3.ヘルスサポーター養成教室(地域で運動を継続するグループのリーダーを養成します)

4.チャレンジ運動講習会

5.健康づくり支援マップ

1.運動に関するトピックス

地域や職場のみんなと運動に取り組もう!

健康づくり事業のご案内へのリンク

ロコモ(ロコモティブシンドローム)を予防しよう!

ロコモとは、足などの運動器の障害(転倒による骨折など)により、寝たきりや要介護が必要となるおそれがある状態をいいます。足腰の筋肉は、歩いたり、イスから立ち上がるといった日常生活を送る中では欠かせません。ロコモ予防のために足腰をしっかり鍛えることが大切です。

[参考]ロコモパンフレット(公益社団法人日本整形外科学会のページへ)(外部サイトへリンク)

2.運動自主グループの紹介

地域で自主的に健康づくりの運動をしているグループを区ごとに紹介しています。

登録グループの要件

  • 市内で、週1回以上自主的に5人以上で健康づくりのための運動を継続している。
  • 運動の種類は、勝敗目的がなく、器具・道具を使わずに誰でもどこでも手軽にできる運動に限ります。(ラジオ体操、ウォーキングなど)
中央区 花見川区 稲毛区 若葉区 緑区 美浜区

お知らせ

若葉保健福祉センター健康課は、地域住民と共に実施したラジオ体操の推進が評価され、運動器の10年・日本協会(*)の「運動器の10年・日本賞」を受賞しました。
(*)骨や関節などの運動器の健康づくりに取り組む団体

詳しくは、各区保健福祉センター健康課へお問い合わせください。
健康づくりのための運動自主グループ登録申請書(PDF:90KB)

3.ヘルスサポーター養成教室

地域で運動を継続するグループのリーダー(ヘルスサポーター)を養成します。
ウォーキングやラジオ体操など手軽にできる運動を実践し、地域の仲間と継続しましょう。
各区保健福祉センター健康課などで開催しています。

対象 自ら健康づくりのための運動を実践し、地域で仲間とともに運動を継続しようと思っている市民
*医師などから運動を禁止されている方は除きます。
内容

4日間1コース
健康づくりのための運動についての講話と運動実習(例)

1日目:ストレッチと筋力トレーニング
2日目:ストレッチ、筋力トレーニング、ウォーキングまたはラジオ体操(第一)
3日目:ラジオ体操(第一、第二)またはウォーキングとラジオ体操(第一)

4日目:前回までの復習
*その他に健康づくりのための食生活の話や、地域で運動を継続するためのグループワークなどを実施します。

日程 各区保健福祉センター健康課へお問い合わせください。

お問い合わせ先

名称 電話番号 所在地
中央区 中央保健福祉センター健康課 043-221-2582 中央4-5-1きぼーる11階
花見川区 花見川保健福祉センター健康課 043-275-6296 瑞穂1-1
稲毛区 稲毛保健福祉センター健康課 043-284-6494 穴川4-12-4
若葉区 若葉保健福祉センター健康課 043-233-8714 貝塚2-19-1
緑区 緑保健福祉センター健康課 043-292-2630 鎌取町226-1
美浜区 美浜保健福祉センター健康課 043-270-2221 真砂5-15-2

4.チャレンジ運動講習会

職場や地域の仲間と運動をはじめませんか?

事業所や地域などで、新たに健康づくりのために運動を始めようと考えているグループに健康運動指導士または健康運動実践指導者を派遣します。休憩時間などを利用して、運動習慣を身につけるコツを覚え、日常生活で無理なく体を動かしましょう!

対象

市内に所在する事業所など5~30人程度のグループ

概ね18歳以上の方が対象です。

内容

健康づくりのための運動についての講話と運動実技指導(例)

  1. 肩こり・腰痛予防のためのストレッチ
  2. 手軽にできる筋力アップ体操
  3. ウォーキング
  4. ラジオ体操
  5. ロコモティブシンドローム(※)予防のための運動など

※ロコモティブシンドロームとは、骨、関節、筋肉などの働きが衰えることで、くらしの中の自立度が低下し、介護が必要となる可能性が高くなる状態をいいます。

時間

8時30分から21時までの間の30~90分程度
※土曜日、日曜日、祝日も実施します。ただし、年末年始は除きます。

※時間帯や所要時間は、実施可能時間の中でご希望に合わせて対応可能です。

費用 無料
注意事項
  • 参加される皆さんに運動ができる場所を用意していただきます。
    ※原則、屋内での実施となります。事務室、会議室などでも実施可能です。
  • 普段から血圧が高めの方は、運動を見学していただく場合があります。
  • 当講習会の利用は、1団体あたり年1回限りとさせていただきます。
申込方法
申込先
希望日の1か月前までに、申込書を健康支援課へ提出してください。
郵送、FAX、Eメールも可能です。
郵送先:〒261-8755
千葉市美浜区幸町1-3-9千葉市総合保健医療センター2階
健康支援課地域保健班
FAX:043-238-9946
Eメール:health@city.chiba.lg.jp
申込書

健康支援課、各区保健福祉センター健康課で配布しています。
こちらからもダウンロードできます。

5.健康づくり支援マップ

『健康づくり支援マップ』では、運動や食生活などの健康づくり支援情報や、各種教室、地域におけるウォーキングコースや施設の情報を紹介しています。ご自身やご家族の健康づくりにお役立てください。

詳しくは、「健康づくり支援マップ」のページをご覧下さい。

関連リンク

厚生労働省(運動施策の推進)(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

保健福祉局健康部健康支援課

千葉市美浜区幸町1丁目3番9号 千葉市総合保健医療センター2階

電話:043-238-9968

ファックス:043-238-9946

health@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)