ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療・生活衛生 > 健康 > 食育 > 災害時の食生活について

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2019年10月2日

災害時の食生活について

地震等の災害時には、いつもと同じ食事をすることは難しい状況となる場合があります。災害時においても、健康で過ごすために必要な食事ができるよう、平常時から備えておきましょう。

災害が起きる前にできること

食品や調理に必要なものを備えましょう。また、実際に使ってみましょう。下記パンフレットを参考にしてください。

災害時の食の備え(千葉市)

  • いざという時のために、最低3日以上、可能な限り7日分以上の食の備えをしましょう。
  • 特に、乳幼児や高齢者、糖尿病等で食事療法を受けている方などがいる場合は、その家族に合わせた食品等も備えましょう。

緊急時に備えた家庭用食料品備蓄ガイド(農林水産省)(外部サイトへリンク)

  • 11、12ページに備蓄食料品を使った簡単レシピ(缶詰編、レトルト食品編)が掲載されています。

鍋を使って、ご飯を炊く

停電していても、火があれば、ご飯を炊くことができます。

  1. 鍋に米を入れます。
  2. 研いだ米1合につき、水210ml(米の重量の1.4倍程度)を入れます。(無洗米の場合、225ml(米の重量の1.5倍程度)
  3. 鍋のフタをせず、強火で沸騰させます。
  4. 沸騰したら、底から軽くかき混ぜます。
  5. フタをして弱火で15分程度炊きます。
  6. 炊きあがったら、15分ほど蒸らして出来上がり。

ローリングストック

ローリングストックとは、特別な防災用食品等だけでなく、日持ちの良い食品(米や缶詰、レトルト食品等)を買い置きして、日常生活で消費、減った分を新たに買い足すことで無駄なく備蓄することです。賞味期限に注意しながら、消費しましょう。

災害時に気を付けたいこと

衛生面に気をつける

食事の準備や食事前には、ウェットティッシュなどで手をふきましょう。

調理の際、素手で扱わずに、ラップなどを利用しましょう。

缶詰やレトルトパックは、開けたら早めに使い切りましょう。

栄養バランスを考える

たんぱく質、ビタミン・ミネラル類が不足しないよう組み合わせに気をつけましょう。

主食(エネルギー源)・主菜(たんぱく質源)・副菜(ビタミン、ミネラル、食物繊維源)を組み合わせると栄養のバランスが良くなります。

災害時メニューの組み合わせ例 例1 例2
主食 非常用ご飯 パンの缶詰
主菜 魚の缶詰 魚肉ソーセージ、スキムミルク
副菜 フリーズドライ味噌汁、トマトジュース ポタージュスープ、フルーツ缶詰

その他の情報

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

保健福祉局健康部健康支援課

千葉市美浜区幸町1丁目3番9号 千葉市総合保健医療センター2階

電話:043-238-9926

ファックス:043-238-9946

shien.HWH@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)