ホーム > 子育て・教育 > 子育て・家庭 > 赤ちゃん・育児 > 乳幼児突然死症候群(SIDS)

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2019年11月1日

乳幼児突然死症候群(SIDS)

11月1日~11月30日までの1か月間は、SIDS対策強化月間です

乳幼児突然死症候群(SIDS)とは

乳幼児突然死症候群(SIDS)とは、何の予兆や既往歴のないまま乳幼児が死に至る原因のわからない病気で、窒息などの事故とは異なります。

平成29年には、69名の赤ちゃんがSIDSで亡くなっており、乳児期の死亡原因としては、第4位となっています。
以下の3つのポイントを守ることにより、SIDSの発症率が低くなるというデータがあります。

1歳になるまでは、寝かせる時はあおむけに寝かせましょう。

SIDSは、うつぶせ、あおむけのどちらでも発症しますが、寝かせる時にうつぶせに寝かせたときの方がSIDSの発症率が高いということが研究者の調査からわかっています。
医学上の理由でうつぶせ寝を勧められている場合以外は、赤ちゃんの顔が見えるあおむけに寝かせましょう。これは、睡眠中の窒息事故を防ぐ上でも有効です。

できるだけ母乳で育てましょう。

母乳育児が赤ちゃんにとっていろいろな点で良いことはよく知られています。母乳で育てられている赤ちゃんの方がSIDSの発症率が低いということが、研究者の調査からわかっています。

母乳育児のことで心配なことがあれば、各区保健福祉センター健康課内母子健康包括支援センターへご相談ください。

たばこをやめましょう。

たばこはSIDS発症の大きな危険因子です。妊娠中の喫煙はおなかの赤ちゃんの体重が増えにくくなりますし、呼吸中枢にも明らかによくない影響を及ぼします。妊婦自身の喫煙はもちろんのこと、妊婦や赤ちゃんのそばでの喫煙はやめましょう。身近な人の理解も大切ですので、日頃から喫煙者に協力を求めましょう。

各区保健福祉センター健康課では、効果的な禁煙方法をアドバイスし、禁煙成功までを支援する「禁煙サポート(別ウインドウで開く)」を実施していますので、ご利用ください。

 

このページの情報発信元

保健福祉局健康部健康支援課

千葉市美浜区幸町1丁目3番9号 千葉市総合保健医療センター2階

電話:043-238-9925

ファックス:043-238-9946

shien.HWH@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)