ホーム > 健康・福祉 > 障害者福祉 > その他障害者福祉 > ヘルプマークの普及にあわせた検討(幕張新都心・バリアフリーコミュニケーション)

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2018年10月25日

ヘルプマークの普及にあわせた検討(幕張新都心・バリアフリーコミュニケーション)

「ヘルプマーク」「ヘルプカード」の普及

平成29年7月に、経済産業省において、援助や配慮を必要としている方々ヘルプカード表が周囲の方に配慮を必要としていることを知らせるマークとして、「ヘルプマーク」がJISマークに追加されました。
現在、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、全国でストラップ型の「ヘルプマーク」やヘルプマークがデザインされた「ヘルプカード」の普及が進められています。

 

「ヘルプマーク」と合理的配慮の種類ごとの「文字マーク」の関連

全国で普及が進められている「ヘルプマーク」や「ヘルプカード」の裏面には、障害のある方などが配慮や手助けをして欲しいことが記入できるように工夫されています。
そこで、この文字マークは、何らかの支援が必要な方であることを示す「ヘルプマーク」などとあわせて利用することを想定しています。
この「文字マーク」を利用することで、外出した際などで困った時に、配慮を必要とする事項を簡潔に示すことができるようになります。
なお、このマークは、常に障害者が見せるものではなく、合理的配慮の提供が必要な際に示すマークとなります。

 幕張新都心・バリアフリーコミュニケーションのトップページに戻る

このページの情報発信元

保健福祉局高齢障害部障害者自立支援課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所本庁舎1階

電話:043-245-5175

ファックス:043-245-5549

shogaijiritsu.HWS@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)