• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2019年6月7日

2.障害者向けサービス

障害者手帳医療費への支援手当等の支給日常生活用具や補装具在宅サービス住宅改造社会参加

手帳の交付・成年後見制度利用の支援

  • 身体障害者手帳の交付
    身体障害者福祉法等による各種援護の基礎となる「身体障害者手帳」を交付しています。
    *視覚、聴覚又は平衡、音声・言語・そしゃく、肢体不自由、内部(心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう又は直腸・小腸・免疫・肝臓)の機能障害が対象
    →申請等の窓口は、区保健福祉センター高齢障害支援課です。なお、判定は障害者相談センターで行います。
  • 療育手帳の交付
    知的障害児・者の方が各種の援護措置を受けやすくするため、「療育手帳」を交付しています。
    →申請等の窓口は、区保健福祉センター高齢障害支援課です。判定は、18歳未満の方は児童相談所、18歳以上の方は障害者相談センターで行います。なお、平成26年10月より様式が新しくなりました。詳しくは「千葉市療育手帳が新しくなりました」をご覧ください。
  • 身体障害者手帳・療育手帳関係の各種様式
    1.心身障害者(児)医療費助成関係、2.身体障害者手帳関係、3.身体障害者福祉法による診断書記載要領、4.身体障害者福祉法第15条第1項の指定医関係、5.指定自立支援医療機関(更生・育成医療)指定関係、6.療育手帳関係の様式を一括して掲載しています。
  • 精神障害者保健福祉手帳の交付
    精神保健福祉法等による各種援護の基礎となる「精神障害者保健福祉手帳」を交付しています。
    →申請等の窓口は、区保健福祉センター健康課です。なお、判定は、こころの健康センターで行います。手帳に記載されている「居住地」「氏名」の変更、手帳の再交付や返還などについても、区保健福祉センターにて受け付けています。
  • 成年後見制度の利用支援
    成年後見制度の利用が必要な知的障害者・精神障害者の方に対し、家庭裁判所への審判請求費用や後見人報酬などを助成しています。
    →事前の手続が必要となります。申請等の窓口は、区保健福祉センター高齢障害支援課です。
    ご存じですか?成年後見制度…成年後見制度についての情報を掲載しています。

↑ページの先頭へ戻る

 医療費への支援

  • 自立支援医療(更生医療)
    障害の軽減、進行の防止、機能の回復のための治療を行う場合、その費用の一部を公費負担する制度です。
    →事前の手続が必要となります。申請等の窓口は、区保健福祉センター高齢障害支援課です。
  • 心身障害者(児)医療費助成
    重度の障害者、障害児の方が診療を受けた場合、保険診療の範囲内で自己負担額を助成する制度です。
    →事前の手続が必要となります。申請等の窓口は、区保健福祉センター高齢障害支援課です。
  • 心身障害者(児)医療費助成関係の各種様式
    1.心身障害者(児)医療費助成関係、2.身体障害者手帳関係、3.身体障害者福祉法による診断書記載要領、4.身体障害者福祉法第15条第1項の指定医関係、5.指定自立支援医療機関(更生・育成医療)指定関係、6.療育手帳関係の様式を一括して掲載しています。
  • 自立支援医療(精神通院医療)、精神障害者の入院医療費助成
    精神保健福祉課でご案内しています。

↑ページの先頭へ戻る

 手当等の支給

障害のある方が20歳未満の場合
障害のある方が20歳以上の場合
その他
  • 心身障害者扶養共済
    障害児(者)を扶養している満65歳未満の方が加入者となり、毎月一定の掛金を払い込み、加入者が死亡又は重度障害になったとき、障害児(者)に終身一定の年金を支給します。
    →申請等の窓口は、区保健福祉センター高齢障害支援課です。

↑ページの先頭へ戻る

 日常生活用具・補装具など

  • 日常生活用具費の支給
    障害者(児)の日常生活上の不便を解消し、自力で生活を営むことを容易にするため、「日常生活用具費」を支給します。
    *日常生活用具の例
    1.介護訓練支援用具(特殊寝台、特殊マット、移動用リフト等)
    2.自立生活支援用具(入浴補助用具、移動・移乗支援用具、頭部保護帽、火災警報器、自動消火器等)
    3.在宅療養等支援用具(ネブライザー(吸入器)、電気式たん吸引器、パルスオキシメーター等)
    4.情報意思疎通支援用具(点字ディスプレイ、聴覚障害者用通信装置(ファックス)、人工喉頭、緊急通報装置等)
    5.排泄管理支援用具(ストマ装具、紙おむつ等)
    6.住宅改修費(居宅生活動作補助用具)
    →事前の手続が必要となります。申請等の窓口は、区保健福祉センター高齢障害支援課です。
  • 大規模災害に備えオストメイト用装具を預かります
  • 補装具費の支給
    障害のある部分を補って日常生活や職業活動をしやすくするために必要な「補装具」の交付、修理、借受に要する費用を支給します。
    *補装具…盲人安全杖、義眼、補聴器、義手、義足、車いすなど
    →事前の手続が必要となります。申請等の窓口は、区保健福祉センター高齢障害支援課です。
  • 軽度・中等度難聴児補聴器購入費の助成
    身体障害者手帳の交付対象とならないため、補装具費支給制度が利用できない軽度・中等度難聴児に、補聴器の購入費用について助成します。
    *平成26年5月から、FM型受信機等を単独で助成することとしました。
    →事前の手続が必要となります。申請等の窓口は、区保健福祉センター高齢障害支援課です。

↑ページの先頭へ戻る

 在宅サービス

  • 在宅重度心身障害者へのおむつ給付
    在宅で、ねたきりの重度身体障害者、重症心身障害児(者)、障害福祉サービスの支給決定を受けている難病患者でねたきりの方に、紙おむつを給付します。
    →事前の手続が必要となります。申請等の窓口は、区保健福祉センター高齢障害支援課です。
  • 寝具乾燥サービス
    在宅でねたきりの重度身体障害者の方で、寝具を衛生的な状態に保つことができない方に、寝具の乾燥及び丸洗いを行います。
    →事前の手続が必要となります。申請等の窓口は、区保健福祉センター高齢障害支援課です。
  • 訪問理美容サービス
    在宅の重度肢体不自由者で、理容店または美容院に行くことが困難な方に対し、理容師または美容師を自宅に派遣します。なお、派遣費用は市が負担し、調髪に伴うサービス料金は自己負担となります。
    →事前の手続が必要となります。申請等の窓口は、区保健福祉センター高齢障害支援課です。
  • 福祉電話の貸与
    難聴者または外出困難な身体障害者1・2級の方が、コミュニケーション及び緊急連絡の手段の確保を図るため、福祉電話を貸与します。
    →事前の手続が必要となります。申請等の窓口は、区保健福祉センター高齢障害支援課です。
  • 点字図書費の支給
    在宅の視覚障害者(児)の方が、点字図書を購入する費用を支給します。
    →事前の手続が必要となります。申請等の窓口は、区保健福祉センター高齢障害支援課です。

↑ページの先頭へ戻る

 住宅改造

↑ページの先頭へ戻る

 社会参加

コミュニケーションの支援・情報提供
外出の支援
  • 身体障害者用自動車改造費助成
    重度の身体障害者(上肢・下肢・体幹機能障害)が、就労等の社会参加に伴い、自ら所有し運転する自動車を改造する場合、その費用の一部を助成します。
    →事前の手続が必要となります。申請等の窓口は、区保健福祉センター高齢障害支援課です。
  • 自動車運転免許取得助成事業
    身体障害者が、就労等の社会参加に伴い、新規に自動車運転免許を取得する場合、その費用の一部を助成します。
    →事前の手続が必要となります。申請等の窓口は、区保健福祉センター高齢障害支援課です。
  • 福祉タクシー利用券
    重度の障害者等の外出を容易にするため、タクシー利用料金の半額を限度に助成します。
    →事前の手続が必要となります。身体障害者・知的障害者の方の申請等の窓口は、区保健福祉センター高齢障害支援課、精神障害者・難病・小児慢性疾患の方の申請等の窓口は、区保健福祉センター健康課です。
  • 自動車燃料費助成
    日常生活で自動車を使用する重度の障害者等に、その燃料費の一部を助成します。
    →事前の手続が必要となります。身体障害者・知的障害者の方の申請等の窓口は、区保健福祉センター高齢障害支援課、精神障害者・難病・小児慢性疾患の方の申請等の窓口は、区保健福祉センター健康課です。

    ※「福祉タクシー利用券」と「自動車燃料費助成」は、どちらか一方のみの受給となります。

  • 通所施設の通所交通費の助成
    • 心身障害者通所施設通所交通費助成事業
      障害者総合支援法・児童福祉法に定める通所施設、福祉作業所、ワークホームへの通所に必要な交通費の一部を助成します。
      →事前の手続が必要となります。申請等の窓口は、区保健福祉センター高齢障害支援課です。
    • 精神障害者共同作業所等通所交通費助成事業
      精神障害者保健福祉手帳を持つ方で、保健福祉センターのデイケアクラブ、共同作業所、精神科デイケア等への通所に必要な交通費の一部を助成します。
      →事前の手続が必要となります。申請等の窓口は、区保健福祉センター健康課です。
文化・交流
  • ボランティア活動支援
    在宅の知的障害者本人によるボランティア活動を支援しています。
    →お問い合わせ先は、千葉市手をつなぐ育成会(電話・FAX:043-242-9258)になります。
  • 知的障害児激励会の開催*毎年7月頃開催
    知的障害のある子供たちが集まり、スポーツを中心とする交流会(運動会)を開催しています。
  • 障害者作品展の開催*毎年10月頃開催
    障害者の自己表現の場と社会の理解促進に資するよう、作品展を開催しています。
  • ディライトフルフェスタの開催*毎年10月頃開催
    精神障害のある方々とその家族、ボランティア、市民が親睦と交流を深める機会として、レクリエーション(レクダンス)やスポーツ(ソフトバレーボール)を行うフェスタを開催しています。
  • ふれあいボウリング大会の開催*毎年11月頃開催
    精神障害のある方々とその家族、作業所職員、ボランティアが親睦と交流を深める機会として、ボウリング大会を開催しています。
  • 肢体不自由児激励会の開催*毎年12月頃開催
    肢体不自由のある子供たちが集まり、歌やゲームによる交流会(クリスマス会)を開催しています。
  • こころの健康教室の開催*毎年2月頃開催
    こころの健康を考え、豊かな生活を送るため、精神保健に関する講演会を開催しています。
  • スプリングフェスティバルの開催*毎年3月頃開催
    精神障害のある方々とその家族、ボランティア、市民が親睦と交流を深める機会として、作品展示やバザー、舞台での発表などで構成されたフェスティバルを開催しています。

スポーツ
  • 千葉市身体障害者スポーツ大会
    身体障害者のスポーツの発展を図るとともに、身体障害者への理解と認識を深めるため、陸上競技を初めとしたスポーツ大会を開催しています。*毎年5月頃開催
    なお、全国障害者スポーツ大会の千葉市代表選手の選考会も兼ねています。
    (開催競技)…陸上、フライングディスク、水泳、アーチェリー、卓球、サウンドテーブルテニス

    過去大会開催結果
  • 千葉市ゆうあいピック
    知的障害者のスポーツの発展を図るとともに、知的障害者への理解と認識を深めるため、陸上競技を初めとしたスポーツ大会を開催しています。
    なお、全国障害者スポーツ大会の千葉市代表選手の選考会も兼ねています。
    • 陸上競技、フライングディスク競技、水泳競技、ボウリング競技*毎年5月頃開催
      過去大会開催結果
    • ソフトボール競技*毎年8月頃開催
    • バスケットボール競技*毎年11月頃開催
      サッカー競技*毎年2月頃開催
  • 千葉市精神障害者卓球大会
    精神障害者の社会参加を目的とし、全国障害者スポーツ大会の選考会を兼ねて開催します。 
  • 千葉市精神障害者ソフトバレーボール大会
    精神障害者の体力増強、交流、余暇に資するとともに、障害者スポーツを普及するために開催しています。
  • 全国障害者スポーツ大会
    障害者の自立と社会参加の促進に寄与することを目的に、毎年、秋季に国民体育大会開催地で開催されます。
    *千葉市代表選手団が参加しています。
その他
  • トイライブラリー
    在宅の障害児の機能回復、能力の発達を促進させるための「おもちゃ」の貸し出しや、遊び方などに関する相談を行っています。
    →お問い合わせ先は、千葉市手をつなぐ育成会(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)(電話:050-3734-0480/FAX:043-206-4220)になります。
    年間の開催予定等は「千葉市トイライブライリーニュース」(PDF:397KB)で紹介しています。
  • 場所 開催日時
    千葉市療育センターすぎのこルーム
    (美浜区高浜4-8-3)
    毎月第1・3土曜日14時00分~16時00分
    *祝祭日の場合及び1月2日・3日は休み
    地域生活支援センターふらる
    (稲毛区作草部2-4-6)
    毎月第1土曜日10時00分~12時00分
    *祝祭日の場合及び1月2日・3日は休み
  • デイケアクラブ
    精神障害者の方を対象に、仲間づくりや社会復帰を支援するため、料理・手芸・音楽・スポーツ・施設見学等を実施しています。
    →事前の手続が必要となります。申請等の窓口は、区保健福祉センター健康課です。
  • 知的障害者職親委託事業
    事業経営者を職親として登録のうえ、住み込みなどで生活指導及び技能習得の訓練を行います。
    →事前の手続が必要となります。申請等の窓口は、区保健福祉センター高齢障害支援課です。

 

↑ページの先頭へ戻る

関連リンク

厚生労働省

独立行政法人福祉医療機構

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

保健福祉局高齢障害部障害者自立支援課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所本庁舎1階

電話:043-245-5175

ファックス:043-245-5549

shogaijiritsu.HWS@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)