ここから本文です。

更新日:2019年3月19日

日常生活用具費の支給

障害者(児)の日常生活上の不便を解消し、自力で生活を営むことを容易にするため、「日常生活用具費」を支給します。

1)対象者

身体障害者(児)、知的障害者(児)、精神障害者、難病等の方(児)

  • 障害区分と程度、年齢要件、性能等を満たす場合、基準額と耐用年数に基づき、日常生活用具用具費を支給します。
  • 原則1割を負担していただきますが、世帯の市民税課税の状況やサービスを利用する方の収入などにより、1か月の負担する上限額が定められています。
  • 所得による制限があります。
  • 介護保険制度が優先となります。

2)日常生活用具の例

  • 介護訓練支援用具(特殊寝台、特殊マット、移動用リフト等)
  • 自立生活支援用具(入浴補助用具、移動・移乗支援用具、頭部保護帽、火災警報器、自動消火器等)
  • 在宅療養等支援用具(ネブライザー(吸入器)、電気式たん吸引器、パルスオキシメーター等)
  • 情報意思疎通支援用具(点字ディスプレイ、聴覚障害者用通信装置(ファックス)、人工喉頭、緊急通報装置等)
  • 排泄管理支援用具(ストマ装具、紙おむつ等)
  • 住宅改修費(居宅生活動作補助用具)

※対象となる品目など、詳しい内容については、下記窓口でご確認ください。

3)窓口

4)申請書等

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

保健福祉局高齢障害部障害者自立支援課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所本庁舎1階

電話:043-245-5175

ファックス:043-245-5549

shogaijiritsu.HWS@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)