ホーム > 稲毛区役所 > 若者と連携する「文教のまち」

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2016年3月18日

若者と連携する「文教のまち」

戦後の「稲毛」~旧軍用地の開拓~

終戦後、陸軍の施設や軍用地が多かった稲毛は、復興に向けて大きくその姿を変えました。

戦後の食糧難と復員軍人や海外からの引き揚げ者の居住と生活の確保のため、軍用地が農地として開墾の対象となり、稲毛区から四街道市にまたがる広大な下志津演習場は、特に大規模な入植が行われました。

現在の六方、山王、長沼原はそうした戦後開拓によって造られた地区です。下志津演習場の入植者の中で前職が農業だった方は少なく、多くの未経験者が、電気も通わぬ土地で困難な農耕を続けました。

今では住宅や工場が増え、かつての広々とした農地の面影はありませんが、昭和20年(1945年)に120名で入植した人たちが建立した長沼原開拓神社が、かつての名残を留めています。

軍郷から文教地区へ

一方で、陸軍の学校や施設が集中していた穴川町、小中台町、轟町、作草部町などでは、使わなくなった軍用地や軍施設に、戦災を受けた諸学校を移転復興した結果、急きょ、千葉市における文教地区へ変貌を遂げることになりました。

今では、区内に千葉大学、敬愛大学、千葉経済大学の3大学をはじめ、高等学校7校に市教育センターなどの教育機関、また、国産ロケットの基礎「ペンシルロケット」の研究にも携わった東京大学生産技術研究所や放射線医療に関する国内唯一の研究機関である放射線医学総合研究所などの科学の最先端を担う研究機関が立地しており、「文教のまち」をまちづくりの旗印にする稲毛区の特徴となっています。

そして、今も稲毛区は、区内にある3大学(千葉大学、敬愛大学、千葉経済大学)と連携して、学生・若者と共に挑む「まちづくり」を進めています。

大学との連携による「まちづくり」の取り組みについては、稲毛区のホームページで紹介しています。

chibadai

 

 

 

 

「千葉大学西千葉キャンパス正門前」

 

keiai

 

 

 

 

「敬愛大学稲毛キャンパス正門前」

 

chibakeizai

 

 

 

 

「千葉経済大学正門前」

 

ホワイトライノ

 

 

 

 

「ホワイトライノ[東京大学生産技術研究所千葉実験所内に造られたテンセグリティ構造では世界初の実物大建造物]」)

このページの情報発信元

稲毛区 地域振興課

千葉市稲毛区穴川4丁目12番1号 稲毛区役所3階 

電話:043-284-6111

ファックス:043-284-6149

chiikishinko.INA@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)