• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年10月3日

まちづくり活動支援に関する情報

稲毛区地域活性化支援事業補助金交付団体からのお知らせ

各団体のイベント情報などを掲載します。

※各団体名(下線部分)をクリックすると、該当ページにジャンプします。

H29団体名 H28団体名 H27団体名 H26団体名

淑徳大学コミュニティ政策学部

矢尾板ゼミ

敬愛大学金子ゼミ もっと稲毛発信委員会 穴川商栄会 稲毛土曜にほんご学級
稲毛区シニアリーダー連絡会 RiSM

いいね稲毛実行委員会

NPO法人スピリッツ
ボッチャ同好会 黒砂地域防災会議 NPO法人Drops  ニルス理科実験クラブ
NPO法人Drops 介護予防の会 輝 NPO法人にこにこ稲毛

 HARAPECO LAB

稲毛東5丁目自治会 NPO法人 現役シニアの会 NPO法人まちづくりスポット稲毛

敬愛大学学友会 

いなげこどものWAネットワーク 稲毛地区更生保護女性会 千葉県ダブルダッチ協会  CHIPS
  ちば・子育て応援しよう会  長沼郷土歴史クラブ    
  稲毛東5丁目自治会   CHIPS   

平成29年度補助金交付団体

NPO法人Drops

NPO法人Dropsは、学生が主体となり、稲毛区緑町の一角「学園通り」を照らすための活動をしています。5周年を迎えるアガパンサスの植栽活動のほか、花の咲かない時期は、電飾でホタルを模した「ペットボタル」で通りを彩ります。すべては、「地域の人にもっと、この地域を好きになり、愛着を持ってもらうため」。その思いは徐々に浸透し、活動は地元自治会の全面協力のもと行われており、手作りの通りは、いつも通りがかる人々を明るい気分にさせてくれます。

今年になり、より地域の人を巻き込んで、愛着を深くする取り組みとして、Dropsは「学園通りの歌」の作成にとりかかりました。地域の小学生に作詞を、地域に住むプロに作曲を依頼し、地域の歌い手・演奏家が音源に吹き込みました。いよいよ歌が完成したということで、お披露目の時です。皆さまぜひお越しください。

【アガパンサス5周年記念 みどりまち音楽祭】

~音楽でつなごうマチのミライ~

日時:平成29年10月14日(土)10:00~12:00

場所:ドルチェホール(千葉市稲毛区緑町1-2-17)

問い合わせ先:gakuendori.koushitai@gmail.com

※市政だより10月1日号では、場所を「緑町公園」と案内していますが、変更になりました。ご来場の方はご注意ください。

 

 

淑徳大学コミュニティ政策学部矢尾板ゼミ

淑徳大学コミュニティ政策学部矢尾板ゼミでは、学生たちが主体となり、稲毛ファミールハイツ内の空き店舗の一室を借りて、地域交流の拠点を運営しています。近隣に暮らす方々との交流のみならず、稲毛区各所で活動する地域団体・個人等の交流スポットとしての機能を持たせ、幅広く事業にチャレンジしています。学生たちの夏休みの期間には、近隣に暮らす方々との交流として、地域の夏祭りに参加したほか、小さな子供たちに宿題を教えたり、お子様の遊び場として拠点のスペースを開放しました。また、拠点においてシンポジウムを開催し、「稲毛区をよりよくするためには」と、稲毛区各所で活動している団体等にも声掛けし、ディスカッションを行ったりもしているそうです。

先日は、学生たちが「稲毛区更生保護女性会」の皆さんに大江戸玉すだれのレッスンを受けているとのことで、様子を拝見しました。地域団体との交流の一環で、学生たち自ら伝統芸能を習いはじめたとのこと。いずれは、地域のィべント等において披露できるようになりたいとのこと。悪戦苦闘しながらも、新鮮さを感じるのか、皆真剣に取り組んでいました。

yaoita1   yaoita2 yaoita3

稲毛東5丁目自治会

稲毛東5丁目自治会では、地元の商店街と連携し、自治会活動に参加した人に地元商店街で使えるお買い物ポイントを付与し、自治会活動を活性化させる活動を継続して行っています。町内の掃除やセーフティウォッチャー、町内のイベントへのスタッフとしての参加にポイントを付与し、地道に自治会活動への参加を呼びかけたところ、参加する人数は目に見えて増えてきたとのこと。平成29年7月29日・30日には、毎年恒例の夏祭りが開催されました。最近新たに自治会活動に参加し始めた方も、一緒に準備を進めて迎えた夏祭り当日。会場は大いに盛り上がり活気にあふれており、今後も変わらぬ伝統を守りながら、ますます盛んに地域活動が展開されるであろうと期待が膨らみました。

inagehigashi1   inagehigashi2

ボッチャ同好会

ボッチヤ同好会は、障害のある人もない人も、高齢者でも子供でも、誰もが一生涯を通じて楽しめるスポーツ「ボッチャ」の普及のため活動しています。毎週月曜日17時(原則。変更の場合があります)から、穴川コミュニティセンター1階多目的室において活動しており、初めての方も気兼ねなく参加できます。今回、皆さんの活動風景を覗いてみましたが、和気あいあいとしたムードで本当に楽しそうに活動されている一方で、「ボッチャはスポーツ。だんだんと負けたくないという気持ちになってくるんだよね」と、真剣な一面も垣間見えました。

ボッチャ同好会では、新たに参加するメンバーやボランティアの方を大募集しています。

パラリンピック正式種目でもある「ボッチャ」。今後ますます注目が集まることでしょう。

ご興味のある方はぜひ下記までお問合せください。

【問い合わせ先】

ボッチャ同好会事務局 担当:千葉

TEL:043-441-6537  FAX:043-441-6527

 boccya1   boccya2   boccya3

 

稲毛区シニアリーダー連絡会

 稲毛区シニアリーダー連絡会は、千葉市が行う講座を受講し、介護予防の知識・重要性や運動指導の技術を学んだシニアリーダーが、稲毛区内の地域の高齢者を対象にシニアリーダー体操を実施します。地域における介護予防・高齢者の健康増進を目指すとともに、地域における交流の場の創出を図ります。

稲毛区内の公民館や町内自治会の自治会館・集会所等、皆さんのお近くで頻繁に開催しておりますので、気軽に足を運んでみてはいかがでしょうか。

写真は、穴川集会所での体操の様子です。この日はあいにくの雨模様で、参加者はいつもより少なかったとのこと。しかし、体操のプログラムには工夫が施され、誰でも簡単に参加できることはもちろん、参加者同士でコミュニケーションをとれる内容となっており、皆さん笑顔で参加されていました。

 

shinia1   shinia2   shinia3

 

いなげこどものWAネットワーク

 いなげこどものWAネットワークは、稲毛区内の子どもに関わる個人・団体が連携し、さまざまな活動が点から線へとなるよう、「お互いの顔の見えるつながり」作りを目指し、日々様々な活動を行っています。 平成29年7月1日(土)午後1時30分から、情報を交換し、互いに学び合う場として、「第2回いなげ子育てフォーラム」が開催されました。今回のテーマは「活動の継続に向けた人材募集・人材育成」。子育て支援活動を行っている個人・団体が集まり、日ごろの活動例や参加者の立場から感じることなどを意見交換しました。

写真は、今回のフォーラムの様子です。フォーラムは今後も継続的に開催の予定ですので、ご興味のある方はどうぞご参加ください。

また、当団体が発行する子育て情報誌「おたからぽけっと」も必見です。

【団体ホームページ】

https://inage-kodomonowa.jimdo.com/(外部サイトへリンク)

kosodate1   kosodqate2   kosodate3

 


 平成28年度補助金交付団体

稲毛地区更生保護女性会

稲毛地区更生保護女性会では、犯罪や非行のない明るい地域づくりを目指し、様々な地域活動が行われています。平成28年12月9日(金)には、稲毛区役所敷地内にて、「歳末事故防止運動」として、ひったくり防止のための自転車かごカバーを無料で配布しました。自転車のかごカバーは、壊れてしまったなどの理由で不要になった傘の布部分を使い、どなたでも簡単に作ることができるとともに、自転車のかご部分をカバーで覆うことでひったくりの被害にあうことを未然に防ぐ効果があります。

メンバーは自転車で区役所にやってきた方々に声をかけ、ひったくり被害にあわないために必要なことを丁寧に説明するとともに、かごカバーを配布していました。今回配布したかごカバーは、メンバーたちが持ち寄りひとつひとつ作成したものだとのことです。

kouseihogo   kouseihogo   kouseihogo3

 

NPO法人 現役シニアの会

現役シニアの会では、地域の中高年者に対し、社会参加を促進し、友人作りの場所の提供を行うことを目的に、月に1回歌声コンサートを開催しています。昔懐かしい童謡や流行歌、青春の思い出の歌をみんなで大きな声で歌うことで、健康増進を期待するとともに、多くの友人の友人が集う憩いの場であり、社会参加への意欲を高める場としています。

【歌声コンサート】

日時:毎月第3土曜日 10時30分~12時まで

場所:イオン稲毛文化ホール(JR稲毛駅前)

参加費:500円

shinia   shinia2   shinia3

 

ちば・子育て応援しよう会

ちば・子育て応援しよう会では、「子育てしている人へたくさんの情報を届けたい」、「子どもに関わる活動をする支援者の情報発信をお手伝いしたい」という思いから、長い間「いなげ子育てフォーラム」立ち上げの準備を行ってきました。「いなげ子育てフォーラム」とは、行政、NPO法人、ボランティア団体、個人が行う小さな活動など、地域に点在する様々な活動をネットワークで結び、それぞれの団体が一体となり地域ぐるみで子育てを行うことを目的とした取り組みです。平成29年1月28日(土)13:30~、「いなげ子育てフォーラム2016」と銘打ち、地域で活動する支援者が集まり情報交換会を開催しました。情報交換会には50名超が集まり、活発な意見交換が行われていました。

inagekosodate   inagekosodate2   inagekosodate3

 

敬愛大学金子ゼミ もっと稲毛発信委員会

もっと稲毛発信委員会は、敬愛大学の学生で構成される団体です。学生目線で稲毛の魅力を調査し、WEBやフリーペーパーを用いて広く発信することで、区内に通学する学生が稲毛のまちをもっと好きになり、通学途中に「寄り道」してくれる稲毛を目指します。平成28年度は稲毛区内の飲食店にスポットを当て、町内自治会や地域団体に情報提供等の協力を仰ぎながら、まだあまり学生に知られていない飲食店をピックアップし、取材活動を行っています。今回は、平成29年2月7日(火)、京成稲毛駅前に所在する「日韓家ごはん 新」にてメンバーが取材を行いました。取材した飲食店は随時WEB、フリーペーパーで情報発信するほか、平成29年3月末を目途に情報を取りまとめ、区内の飲食店マップを作成し、主に学生に向けて配布します。

mottoinage   mottoinage2   mottoinage3

 

 介護予防の会 輝

 介護予防の会 輝では、地域のボランティアが高齢者の介護予防を行い、元気な町、住み続けられる町をつくることを目的に、あんしんケアセンター天台の協力のもと、地域の公民館やあんしんケアセンターにおいて、体操教室・認知症カフェを定期的に開催しています。平成29年3月7日(火)、草野公民館にて、体操教室を行いました。介護予防の会 輝のスタッフ、ボランティアスタッフ、あんしんケアセンター天台の職員が集まり、地域の高齢者30人ほどを前に、運動指導を行います。運動の内容はどなたでも取り組みやすいものであることはもちろん、参加者同士のコミュニケーションも図れる充実した内容となっており、参加者は皆いきいきと取り組んでいました。

 輝1 輝2

平成27年度補助金交付団体

いいね稲毛実行委員会 

H27団体名 最新のお知らせ
いいね稲毛実行委員会
団体ホームページ(外部サイトへリンク)
団体Facebook(外部サイトへリンク)

 

 


NPO法人Drops 

H27団体名 最新のお知らせ
NPO法人Drops(ドロップス)
団体ホームページ(外部サイトへリンク)

毎月第3土曜日に学園通りで、アガパンサスのお手入れを行います

「学園通り」で、電線地中化に伴う道路の舗装工事が行われ、Drops(ドロップス)では、これをきっかけにより良い通りをつくることを目指し、町内自治会、学生、商店の方々などを交えたミーティングを行ってきました。ミーティングの結果、「学園通り」の植裁帯へアガパンサスの苗を植えました。

日時 毎月第3土曜日10時00分から ※雨の日は中止
場所 学園通り
集合場所 京成みどり台駅前集合
内容 アガパンサスのお手入れ
持ち物 軍手、ビニール袋、汚れてもいい服装、帽子、タオル
問合せ先 メールアドレスinfo@drops-c.org
※活動に興味がある方は、お気軽に下記メールアドレスにお問い合わせください。

※「学園通り」とは
京成みどり台駅前から千葉大学正門までの通りは「学園通り」と呼ばれています。この通りを中心として、大学、小中学校、幼稚園などの多くの教育機関が集まっています。まさに、稲毛区の特徴である「文教のまち」を表す通りとなっています。特に通学時間帯には子供や学生の姿も多く、非常に賑やかです。

 

アガパンサスのお手入れの様子をお伝えします 

 すっかり夏模様の空の下、アガパンサスの植栽作業を行いました。アガパンサスはすくすくと育ち、学園通りを紫色に染めています。地道な植栽活動が実り、アガパンサスの花芽の数は現在3,399本となりました。

 agapannsasu    agapannsasu2

 

※「アガパンサス」とは
学名は、Agapanthus、和名は、紫君子蘭(くんしらん)です。学名は、ギリシャ語のagape(愛)とanthos(花)の合成語で、「愛の花」という意味だそうです。花色は、淡青色が一般的ですが、白色、紫色もあります。

 


NPO法人まちづくりスポット稲毛 

H27団体名 最新のお知らせ
NPO法人まちづくりスポット稲毛
団体ホームページ(外部サイトへリンク)
  •  

 


千葉県ダブルダッチ協会 

H27団体名 最新のお知らせ
千葉県ダブルダッチ協会
団体ホームページ(外部サイトへリンク)

 

 


CHIPS 

H27団体名 最新のお知らせ
CHIPS(チップス)
団体Facebook           

ワークショップ「旗をつくる」を開催しました 

内容は、自分たちが住む街の空間を自ら変えていく体験で、街路灯に縦長の旗を市民参加のかたちで制作します。旗の上半分は商店街のオレンジ色で、下半分に元気、ワクワクをテーマに思い思いの色彩で表現していただきます。稲毛あかり祭「夜灯」のイメージカラーでもあるオレンジは、温かく元気の出る色彩でもあるので、スタジオから提案するこれらの活動をオレンジプロジェクトと呼んでいます。たくさんのご来場ありがとうございました。 

ワークショップ「旗をつくる」
日時

◆平成27年8月10日(月曜日) 第1部10時~12時、第2部14時~16時

◆平成27年8月11日(火曜日) 第1部10時~12時、第2部14時~16時

会場 稲毛オープンスタジオ【住所:千葉市稲毛区稲毛東2-16-38
対象者 小学生以上
参加費 無料
申込み・
問合せ

CHIPS 担当 加藤さん

電話090-2312-3029
Eメールosamk37@faculty.chiba-u.jp

 

アート教室を開催します 

主に絵画中心に制作していますが、そっくりに描写するデッサン的技術の習得だけでなく、自己表現の仕方やすることの大切さについても考えます。受講生が制作した作品を、現在、稲毛オープンスタジオに展示していますので、お気軽にご覧ください。 

アート教室
日時 第1~第4日曜日14時00分~17時00分
※ただし、年末年始は除く
会場 稲毛オープンスタジオ【住所:千葉市稲毛区稲毛東2-16-38
対象者 小学生以上
受講料 こども4,000円(月額)
大人5,000円(月額)
※さらに、入会金(一律4,000円)が必要となります
申込み・
問合せ
CHIPS 担当 加藤さん
Eメールosamk37@faculty.chiba-u.jp

 

稲毛オープンスタジオを開設しました

CHIPS(チップス)とは、アートによる地域の可能性を信じて、自分の専門分野からアプローチする千葉大学を基盤とする学生集団です。CHIPSは、「Chiba Univercity Pure Spirits」=千葉大学の純粋な魂たちと、単語としての意味であるCHIPS=かけらという双方の意味が込められており、常に謙虚な気持ちを持ちながらも純粋で強い意志も併せ持って活動しています。このたび、空き店舗を活用してワークショップなどを行うコミュニティスペース「稲毛オープンスタジオ」を開所しました。

日時:平成25年8月9日(土曜日)16時00分~
会場:稲毛オープンスタジオ【住所:千葉市稲毛区稲毛東2-16-38

(オープニングセレモニーの様子です)

 

CHIPSは、稲毛商店街と千葉大学の学生集団がアートを軸に連携することで、豊富な地域資源の新たな価値を創出し、そして、多くの人へ稲毛の魅力を再発信していくことを目標に活動しています。

このたび、その活動拠点となる「稲毛オープンスタジオ」を開所しました。このスタジオでは、稲毛に密着した形でのワークショップやカルチャースクールなどを開催します。稲毛オープンスタジオはガラス張りなので、外からでも活動の様子を見ることができます。オープンセレモニー当日も、外から「何やっているのかな?」と様子を見て、飛び入りで参加する地域の方もいました。

最後になりますが、千葉大学工学部の学生代表は、「稲毛という土地ならではの地域活性化のモデルになりたい。」と抱負を語っていました。

 

平成26年度補助金交付団体

稲毛土曜にほんご学級 

H26団体名 最新のお知らせ

稲毛土曜にほんご学級
団体ホームページ(外部サイトへリンク)

「稲毛土曜にほんご学級」を開催します

稲毛土曜にほんご学級は、スタッフが日本語を母国語としないこどもと大人に個別指導により日本語を教えています。何か聞きたいことがあれば、生徒さんはすぐにスタッフに質問ができるので、効率的に日本語を勉強することができます。スタッフが生徒に教える日本語の内容も生徒の能力に応じて日常の会話レベルから日本の文化・ルールまでさまざまです。

稲毛土曜にほんご学級の概要
内容 日本語を母語としない子供と大人のための日本語指導と教科支援
日時 毎週土曜日(年末年始、夏休み等長期休暇を除く)10時00分~12時00分
場所 稲毛保健福祉センター3階ボランティア活動室【住所:千葉市稲毛区穴川4-12-4(外部サイトへリンク)
受講料 小学生 2,000円(年間)
中学生以上 3,000円(年間)
問合せ・
申込み
稲毛土曜にほんご学級 池田さん
電話・FAX 043-258-6527
Eメール ikeda3@mb.infoweb.ne.jp
ホームページ http://class.sencity-doyo-nihongo.org(外部サイトへリンク)

稲毛土曜にほんご学級チラシ(英訳版)(PDF:108KB)

活動を手伝ってくれるボランティアを募集しています 

募集内容 (1)日本語指導者、(2)教科指導者
応募条件 日本語教授法講座受講修了者及び受講希望者又は小中高生に教科を教えられる方
申込み・
問合せ
稲毛土曜にほんご学級 池田さん
電話・FAX 043-258-6527
Eメールikeda3@mb.infoweb.ne.jp

  

 稲毛土曜にほんご学級の活動をお伝えします 

先生が日本語を母国語としない生徒(こどもと大人)に個別指導により日本語を教えています。何か聞きたいことがあれば、生徒はすぐに先生に質問ができるので、効率的に日本語を勉強することができます。
現在、生徒は約10人です。生徒の国籍はタイ、インドネシア、中国などさまざまで、年齢層は小学低学年から大人までと幅広く、先生が生徒に教える内容も、生徒の能力に応じて日常会話の日本語レベルから算数や理科までなど、多岐にわたります。そんな生徒を指導する先生は、みんなボランティア経験が豊富であり、時折英語も交えながら熱心に生徒に日本語を教えています。

日時:平成27年4月11日(土曜日)10時00分~12時00分
会場:稲毛保健福祉センター3階ボランティア活動室【住所:千葉市稲毛区穴川4-12-4(外部サイトへリンク)

稲毛土曜にほんご学級20150411

 (稲毛土曜にほんご学級の風景)
 

<稲毛土曜にほんご学級_10時00分スタート>
母国語以外の言語を学ぶということは、非常に難しいことです。難易度も一概には言えません。世界中には様々な言語がありますが、その言語の根底には、アルファベットなるものが存在します。しかしながら、日本語ではアルファベットに該当するものが「ひらがな」「カタカナ」と2種類あるほか、さらに「漢字」も存在し、それら3種類をすべて勉強しなければなりません。特に「漢字」はその書き順にも配慮しなければなりませんので、日本語の勉強はハードだと思います。

そんななか、日本語の基礎を勉強している生徒さんがいました。
そのテキストは絵付きで、「1.マスターする文型」→「2.類似文」で構成されています。その一例を紹介します。

  1. 花は種類によって形がちがいます。   
  2. 写真は大きさによって値段がちがいます。切手は国によって絵やもようがちがいます。

これらの文章は、ひらがなと漢字で構成され、花・写真・切手のことばがイメージできるように絵が描かれています。また、すべての漢字にふりがながふられていません。

やはり、「ふりがな」がふられていない漢字になると・・・

授業開始後、しばらくすると遅刻してきた生徒さんがそっと入室する場面がありましたが、10時12分ごろに一人の生徒さんが「遅れてすみませんでした」と入室してきました。その生徒さんは小学4年生ですが、その生徒さんの「やる気」が取材している私に自然と伝わってきました。

この生徒さんの小学校生活は後2年です。2年間はあっという間です。中学生になると授業内容もレベルアップする。だからこそ、今は友達と遊ぶ時間を減らしてがんばって日本語を勉強しなければならない。この時期の日々の努力が今後の人生を大きく左右するのでがんばってほしいと思いました。

 


NPO法人スピリッツ 

H26団体名 最新のお知らせ
NPO法人スピリッツ
団体ホームページ(外部サイトへリンク)
団体ブログ(外部サイトへリンク)
  • こころの応援スペース「あんそれいゆ」を開催します(3月1日更新)

こころの応援スペース「あんそれいゆ」を開催します

母親や父親の気持ちがザワついていたり、イライラしていたりしますと、その感情は子どもへ伝わっています。小さいながらも、その保護者の不安を子どもは敏感に感じます。皆さんご存知でしたか。そこで、NPO法人スピリッツは、子育て中の母親・父親が悩みを抱え込まないように、気持ちを吐き出す場(傾聴)の提供やワークショップを開催しています。お子さんと一緒でも、また、母親や父親のみでも参加することができます。


こころの応援スペース「あんそれいゆ」の概要
内容

気持ちを吐き出す場(傾聴)の提供やワークショップの開催

※こども連れでも大丈夫!

日時

毎月第2金曜日・第4月曜日(年末年始、祝日は除く)10時00分~12時00分

※平成27年5月から毎月第1土曜日・第4月曜日に変更。詳細はお問い合わせください。

場所 小中台地域福祉交流館【住所:千葉市稲毛区小仲台5-3-1(PDF:614KB)
定員 各20人(先着順)
費用 300円(資料代)
問合せ・
申込み
NPO法人スピリッツ 北田さん
電話 080-2034-4963、FAX 043-255-7165
Eメールinfo@spirits-chiba.org

なお、詳細につきましては、NPO法人スピリッツへお問合せください。  

 


ニルス理科実験クラブ 

H26団体名 最新のお知らせ
ニルス理科実験クラブ
団体ホームページ(外部サイトへリンク)

 

 


HARAPECO LAB 

H26団体名 最新のお知らせ
HARAPECO LAB(ハラペコラボ)
団体ホームページ(外部サイトへリンク)
団体Facebook(外部サイトへリンク)

 

 


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

稲毛区 地域振興課

千葉市稲毛区穴川4丁目12番1号 稲毛区役所3階 

電話:043-284-6111

ファックス:043-284-6149

chiikishinko.INA@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)