ホーム > 稲毛区役所 > 稲毛区の紹介 > 稲毛区長室 > 公益財団法人千葉県青少年協会

ここから本文です。

更新日:2016年3月2日

公益財団法人千葉県青少年協会

公益財団法人千葉県青少年協会は、高校生や大学生などの若者が、自ら参画、行動することで地域に役立っていることを実感できる、大人、若者、子どもたちの体験交流イベント「ヤングフェスティバル」を開催しています。

第11回「ヤングフェスティバル」が開催されました

今年で11回目となる「ヤングフェスティバル」が2月21日(日曜日)に千葉県青少年女性会館で開催されました。曇りのなかでのスタートとなりましたが、親子連れや小中学生など1,100名がご来場しました。このヤングフェスティバルは高校生や大学生からなるヤングフェスティバル実行委員会とワンデースタッフ計57名が中心となり、35種類のイベントがが実施されました。


模擬店では、野菜、勝浦タンタンメン、やきそば、豚汁、サンドイッチ、ワッフルやクッキーなどスイーツが販売されたほか、ミートボールの試食が行われました。また、限定200個で、銚子商業高等学校・千葉商科大学・山崎製パン千葉工場・JA全農ちば・JAちばみどりが共同開発した「四角いメロンパン」が販売されました。


さらに、東日本大震災被災地である「千葉県旭市」を応援するため、千葉県青少年女性会館の入口では、日本赤十字社千葉県支部・千葉県青少年赤十字中央地区の高校生に協力をいただいて、震災で荒れ果てた土地に花の苗を植える「花を植える募金」をおこない、12万円の募金が寄せられました。ご協力ありがとうございました。

日時:平成28年2月21日(日曜日)10時00分~16時00分
会場:千葉県青少年女性会館(住所:千葉市稲毛区天台6-5-2(外部サイトへリンク)) 

第11回ヤングフェスティバル20160221_yf001

(日本赤十字社千葉県支部による災害時の炊き出しの準備中です)

 

フェスティバル当日には、「ご当地キャラ」が応援にかけつけ、ご当地キャラ交流会・抽選会には会場いっぱいのお客様に参加していただき、子どもたちは大喜びでした。

第11回ヤングフェスティバル20160221_yf005

ご当地キャラと一緒に写真もとれる貴重な機会!

左から順に、                        

  • チーバくん(千葉県)
  • ナラシド♪(習志野市) 
  • ちはなちゃん(千葉市)
  • モノちゃん(千葉都市モノレール(株))      
  • 風太くん(千葉市動物公園)
  • かまたん(鎌ヶ谷市)
  • うめ丸くん(睦沢町)
  • あさピー(旭市)

 

(体験コーナー)

第11回ヤングフェスティバル20160221_yf002 第11回ヤングフェスティバル20160221_yf003 第11回ヤングフェスティバル20160221_yf004

バルーンアート体験

いろいろな作品を作りました

管弦楽器にふれよう
千葉大学生が教えてくれました

マイバック絵付け体験

かわいいマイバックの完成!

 

(将棋教室) プロ棋士と将棋を指そう!

第11回ヤングフェスティバル20160221_yf007 第11回ヤングフェスティバル20160221_yf008
阿久津主税八段と1対6の対局です。 西村一義九段と1対4の対局です。

 

最後に「ご当地キャラ」を一部ではございますが、紹介します。 

ナラシド♪

ナラシド♪(習志野市)

習志野市が市制施行60周年を迎えた記念すべき年に、突如習志野市にやってきたナラシド♪。

音楽やスポーツが大好きなナラシド♪は、まさに習志野市を象徴するようなキャラクターです。

 ※「第11回ヤングフェスティバル」のチラシ(JPG:107KB)

 

過去の開催状況

このページの情報発信元

稲毛区 地域振興課

千葉市稲毛区穴川4丁目12番1号 稲毛区役所3階 

電話:043-284-6111

ファックス:043-284-6189

chiikishinko.INA@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)