• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2019年3月28日

生ごみ水切りモニター

燃えるごみのうち約半分が生ごみです。生ごみの減量には水切りが効果的です。市では、生ごみ水切りモニターを募集し、水切りの効果検証等を行いました。

結果

モニター協力者数

  • Aコース 56名(うち1名辞退)
  • Bコース 40名(うち3名辞退)

報告書(PDF:946KB)

2次募集 募集は終了しました

各種生ごみ水切りグッズ等を実際に使用し、水切り前後の生ごみの重さの計量や、アンケートにご協力いただきます。
水切り器具及び生ごみを計量するためのデジタルはかりは市から貸与し、モニター調査終了後進呈します。

調査について

  • モニター条件水切りへらそうくん
    市内在住・生ごみの減量に興味があり、調査に協力できる方(1住所1名に限る)
  • 定員
    各コース50名、計100名
    応募者多数の場合は抽選となります。
  • 所要期間
    各手法につき7日間、計3週間程度。連続していなくてもかまいません。その他、調査終了後のアンケートが必要です。
  • 説明会

コース

コースは2種類設けています。それぞれ3つの手法で水切りに取り組んでいただきます。
必ずしも希望コースになるとは限りません。

Aコース(説明会:11月5日10時30分~11時30分)

  • シリコン製流しごみ受け
    やわらかい素材でできたごみ受けです。生ごみを廃棄する前に、手で押さえて水を絞ります。
  • 紙製水切り袋
    水切り穴が開いている、耐水紙の袋です。生ごみを入れ、廃棄する前に押しつぶして水を絞ります。
  • 新聞紙ごみ入れ
    新聞紙を折り作成したごみ入れです。廃棄前に押しつぶして水を絞ります。

Bコース(説明会:11月5日14時30分~15時30分)

  • 手動回転式脱水器
    内部のかごに生ごみを入れて蓋をし、ハンドルを回すことで生ごみを脱水します。
  • 空き缶を使った水切り
    空き缶の底を使って生ごみを絞ってから、手動回転式脱水器で脱水します。
  • ペットボトル水切り器
    ペットボトルを用いた生ごみ水切り器です。口に水切りネットを通し、引っ張ることで水を絞ります。

申し込み 10月19日(金曜日)必着

1次募集 募集は終了しました

調査について

  • モニター条件水切りへらそうくん
    市内在住・生ごみの減量に興味があり、調査に協力できる方(1住所1名に限る)
  • 定員
    各コース90名、計180名
    応募者多数の場合は抽選となります。
  • 所要期間
    各手法につき7日間、計3週間程度。連続していなくてもかまいません。その他、事前説明会への参加、調査終了後のアンケートが必要です。

申し込み


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

環境局資源循環部廃棄物対策課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所4階

電話:043-245-5379

ファックス:043-245-5624

haikibutsutaisaku.ENR@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)