• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2013年11月19日

雑がみ分別大作戦

1.古紙にはどんなものがあるの?

2.なぜ古紙は種類ごとにまとめる必要があるの?

3.古紙はどのように出せばいいの?

4.雑がみとは?

5.雑紙にはどんなものがあるの?

6.雑がみに出せない紙ごみにはどのようなものがあるの?

1.古紙にはどんなものがあるの?

千葉市では、「新聞」「雑誌」「雑がみ」「段ボール」「紙パック」の5種類を古紙として回収し、リサイクルしています。
これらは、種類ごとにまとめて、「資源物」として出してください。

古紙の分別の種類
1.新聞(新聞紙・折込広告・コピー用紙)
2.雑誌(単行本・冊子・ノート・カタログ等)
3.雑がみ→詳しくはこちら
(菓子やティッシュの紙箱、紙製のはがき・封筒、トイレットペーパーの芯、カレンダー、包装紙・紙袋など)
4.段ボール
5.紙パック(500ml以上のもののみ)
※500ml未満のものは、構造上リサイクルに向かないため、燃えるごみに出してください。

2.なぜ古紙は種類ごとにまとめる必要があるの?

古紙の種類ごとに、リサイクルされるものが異なります。そのため、種類の異なる古紙を一緒に出してしまうと、リサイクルすることができません。だから必ず、種類ごとにまとめて出してください。
これらの古紙は、パルパーという大きな洗濯機のような機械で水に溶かされ、新たな製品にリサイクルされます。詳しくは、「(財)古紙再生促進センター(外部サイトへリンク)」のホームページをご覧ください。

3.古紙はどのように出せばいいの?

【1】リサイクルできない紙は燃えるごみへ

【2】古紙は、新聞、雑誌、雑がみ、段ボール、紙パックの5種類に分別する

新聞 雑誌 雑がみ 段ボール 紙パック
新聞紙・折込広告・コピー用紙 雑誌・単行本・冊子・ノート・カタログ・パンフレット等 菓子やティッシュの紙箱・紙製のはがき・封筒・トイレットペーパーの芯・カレンダー・包装紙・紙袋等   牛乳やジュースの紙パック
※500ml以上のもののみ

【ワンポイント】

  • 新聞紙・折込広告・コピー用紙を混ぜることで、質の良い再生紙ができるため、ひとまとめにしてOK。


【ワンポイント】

  • アイロンプリント紙やシールなどの付録は、取り除いて可燃ごみへ。
  • ホチキスの針はリサイクル過程で分離するため、そのままでもOK。

【ワンポイント】

  • 雑がみには様々なものがあるが、すべてひとまとめにしてOK。
  • ごみ箱の横に雑がみ保管用の紙袋や封筒を置き、入れておくと集めやすい。

【ワンポイント】

  • 留め具はリサイクル過程で分離するため、そのままでもOK。
  • 粘着テープや宅配便伝票は取り除いて燃えるごみへ。
  • 収集・運搬しやすいよう、必ずたたむ。

【ワンポイント】

  • 洗って開いて乾かしてから出す。
  • 500ml未満のもの、内側がアルミコーティングされているもの(スープの紙パックなど)はリサイクルできないため、燃えるごみへ。

【3】種類ごとにまとめ、運搬中に風で飛ばされないよう、ひもで十文字にしばる

※ビニールひも又は紙ひもでしばる。(しばったひもは、古紙を水に溶かす前に簡単に切断・除去できるので、ビニールひもでもOK)
※「雑がみ」は、紙袋にまとめて、その上からひもでしばって出してもOK。(紙袋も「雑がみ」であるため)ただし、紙袋の持ち手が紙以外のものでできている場合は、取り除く。
≪禁止事項≫
×新聞などの「雑がみ以外の古紙」を、紙袋に入れて出すこと。
(紙袋は「雑がみ」であり、「雑がみ以外の古紙」と「雑がみ」を混ぜてしまうことになるため)
×ガムテープでしばること。
×「雑がみ」を入れた紙袋の口をガムテープでふさぐこと。
(ガムテープは、リサイクル過程で除去することが難しいため)

【4】ひもでしばったら、回収へ出してください。

  • 「集団回収」をやっている地域では、できるだけ「集団回収」にご協力ください。
    ※集団回収については、集団回収のページをご覧ください。
  • 「ごみステーション」でも、古紙を回収しています。
    ※週1回「資源物(古紙・布類)」回収日に、朝8時までに「ごみステーション」へ出してください。
    ※古紙は、雨の日でも出すことができます。(布類は、雨の日に出すことはできませんので、ご注意ください。)
    ※回収日は「町丁別ごみ収集日一覧」をご覧ください。
  • 量が多い場合は、「古紙回収庫」へお持ちください。
    ※「古紙回収庫」は施錠されていますので、持ち込みの際は、事前にご利用の施設に電話連絡をお願いします。
    (受付:平日9時00分~12時00分、13時00分~17時00分)
    詳しくは、「古紙の自己搬入について」をご覧ください。

4.雑がみとは?

「新聞」「雑誌」「段ボール」「紙パック」以外の、リサイクルできる雑多な古紙のことです。
うっかり燃えるごみに捨ててしまいがちですが、分別して「資源物」として出せば、新たな製品に生まれ変わります。
燃えるごみの量を減らすためには、雑がみの分別がとても大切です。
踊りながら雑がみのことを学べる雑がみ分別体操もぜひご覧ください。

5.雑紙にはどんなものがあるの?

  • 食品・菓子やティッシュなどの紙箱
  • 紙製のはがき・封筒・名刺
  • トイレットペーパーの芯
  • カレンダー
  • 包装紙・紙袋
  • たばこの箱
  • Yシャツの台紙・紙製の洋服タグ
  • メモ用紙・紙製のファイル
  • 食品・菓子やティッシュなどの紙箱
  • 新聞折込以外のチラシ

食品・菓子やティッシュなどの紙箱


※油や食品で汚れている場合は、箱ごと燃えるごみへ出してください。
※ティッシュ箱の取り出し口にあるビニールは、取り除いて燃えるごみへ出してください。
※値札シールは小さく、リサイクルに支障がないため、ついたままでもOKです。

紙製のはがき・封筒・名刺


※窓付き封筒の窓は、「リサイクル可能」と表記がある物以外は、取り除いて燃えるごみへ出してください。
※切手は小さく、リサイクルに支障がないため、ついたままでもOKです。
※住所などの個人情報が書かれた部分は、取り除いて燃えるごみへ出してください。

トイレットペーパーの芯


※ラップの芯は水に溶けないため、燃えるごみに出してください。

カレンダー


※金属でできた留め具は、取り除いて不燃ごみへ出してください。

包装紙・紙袋


※包装紙についたシール、セロテープ、カーボン紙は、取り除いて燃えるごみへ出してください。
※紙袋についた布製・プラスチック製のひも、ビニール、金属などは取り除いてください。

たばこの箱


※銀紙、セロファンは、取り除いて燃えるごみへ出してください。
※金色・銀色を使用した外箱は再生利用できないため、燃えるごみへ出してください。

Yシャツの台紙・紙製の洋服タグ


メモ用紙・紙製のファイル


※ファイルについては、留め具など紙以外の部分は取り除いてください。

6.雑がみに出せない紙ごみにはどのようなものがあるの?

紙のリサイクルは、水に溶かして新たな紙にします。そのため、以下のようなものはリサイクルできないので、燃えるごみに出してください。

  • 水に溶けないもの
  • においのついたもの
  • 複写の紙やアイロンプリント紙
  • 食品や油で汚れたもの

水に溶けないもの

  • 固いラップの芯やビニールコーティングのもの・・・紙は水に溶かして新たな紙にするため、水に溶けないものはリサイクルできません。
  • 紙コップ、ヨーグルトやカップ麺の容器などの防水加工紙

  • 写真・アルバム(※写真集や雑誌はリサイクルできます。「雑誌」として出してください。)
  • 圧着はがき・親展はがき(見開きにはがして中身を見るはがき)

  • アルミ・金紙・銀紙・ビニールでコーティングされた紙(ガムの包装紙など)

においのついたもの

  • 洗剤や線香の箱、石けんの箱や包み紙など…再生品に匂いが残ってしまうためです。

複写の紙やアイロンプリント紙

  • カーボン紙、ノーカーボン紙、アイロンプリント紙…インクが強くしみこんでおり、再生品にインクが残ってしまうためです。
     

食品や油で汚れたもの

  • 宅配ピザ・ケーキ・ドーナツ等の箱など…再生品の品質が落ちるため、多少でも汚れた紙は雑がみとして出せません。

その他

  • 個人情報が記載されたもの、機密文書…リサイクル過程で情報漏えい等のおそれがありますので、燃えるごみへ出してください。
  • シール・シール台紙・粘着メモ(付せんなど)…水に溶かした際に粘着部分が機械に付着し、故障の原因となるため。
  • 感熱紙(レシート、FAXロール紙など)…熱を加えて印字する紙であり、表面に特殊な薬品が塗られているためです。
  • 和紙全般(半紙など)…一般の紙と原料が異なるためです。

  • 合成紙(ケーキ・キャラメルなどの包装紙、クッキングシートなど)…プラスチックが含まれているためです。
  • クレヨンで描かれた紙…クレヨンに含まれる油が、再生品の品質を落とすためです。
  • 長期保存で日焼け・変色した紙…再生品の品質を落とすためです。
  • 紙製の卵パック…パックの一部に布が使われていることが多いためです。
  • 点字用紙(感熱発泡タイプのもの)…突起部分にコーティングされているものが多いためです。
  • 家庭でシュレッダー処理した紙…圧着はがきやレシートなど、再生できない紙が混ざっていることが多いためです。


このページの情報発信元

環境局資源循環部廃棄物対策課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所4階

電話:043-245-5067

ファックス:043-245-5624

haikibutsutaisaku.ENR@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)