ホーム > しごと・産業 > しごと・産業・企業立地 > 産業廃棄物 > 処理業者関連情報 > 千葉市県外産業廃棄物の適正処理に関する指導要綱の一部改正

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年4月3日

千葉市県外産業廃棄物の適正処理に関する指導要綱の一部改正

千葉市では県外で発生した産業廃棄物(以下「県外産業廃棄物」という。)の市内での処分について、不法投棄等の不適正処理を防止するとともに最終処分場の確保を図るため、平成12年4月に「千葉市県外産業廃棄物の適正処理に関する指導要綱」(以下「要綱」という。)を施行し、市内での処分について事前協議等を行ってまいりました。
平成25年4月には県外産業廃棄物を市内で中間処理等する場合の事前届出制度を廃止し、中間処理業者から毎月の実績報告を受けることとしましたが、このたび中間処理の実績報告について下記のとおり要綱の一部を改正することとしましたので、お知らせします。
今後とも廃棄物の適正な処理に御協力をお願いします。

1 県外産業廃棄物を市内で中間処理等を行う場合

県外産業廃棄物の処理を行った中間処理業者は、毎月の処分実績を記載した産業廃棄物処分実績報告書「様式第7号」を

  • 4月から6月までの分を8月15日までに
  • 7月から9月までの分を11月15日までに
  • 10月から12月までの分を翌年2月15日までに
  • 翌年1月から3月までの分を含めた年度集計分を5月15日までに

産業廃棄物指導課に提出する。ただし、4月から12月までの分については種類別の処分実績の報告は不要とする。

また、改正前要綱に基づく平成26年2月分の実績報告書の提出は不要とする。

2 県外産業廃棄物を市内で埋立処分を行う場合

4月から翌年3月までの分の実績報告書を翌年の5月15日までに産業廃棄物指導課に提出する。

3 施行期日

平成26年4月1日

4 改正要綱

千葉市県外産業廃棄物の適正処理に関する指導要綱(平成26年4月1日改正)(PDF:165KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

環境局資源循環部産業廃棄物指導課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター2階

電話:043-245-5682

ファックス:043-245-5689

sangyohaikibutsu.ENR@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)