ここから本文です。

更新日:2019年10月12日

台風被害に伴う減免制度について

減免制度について

台風により被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

台風に伴う家庭ごみについて、事前に減免手続きを行うことで自己搬入時のごみ処理手数料が免除されます。

台風被害に起因しない生活ごみ(可燃ごみ、不燃ごみ、有害ごみ、粗大ごみ)や資源物(びん・缶・ペットボトル、古紙・布類、剪定枝・刈り草・葉)については、減免の対象とはなりません。詳細は廃棄物施設維持課へご相談ください。

 

1 可燃ごみについて

 清掃工場で受入れします。

2 上記以外のごみ

 トタンなど台風により「飛来したごみ」など不燃ごみについては、新浜リサイクルセンターで受入れします。清掃工場では受入れできません。

 また、布団・畳など通常時に搬入先が清掃工場になっているものは、新浜リサイクルセンターで破砕処理できず設備の故障につながるため、濡れていても清掃工場へ持ち込んでください。

 

 

ごみポータルへ戻る

このページの情報発信元

環境局資源循環部廃棄物施設維持課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所4階

電話:043-245-5653

ファックス:043-245-5473

shisetsuiji.ENR@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)