ホーム > くらし・地域・手続 > ごみ・リサイクル > ごみ > 家庭ごみ > ルールが守られていないごみの取り残し

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年8月21日

ルールが守られていないごみの取り残し

市では、ごみの減量・再資源化を推進するため、ごみ出しルールが守られていないごみの取り残しを行っています。
市民の皆様、一人ひとりの取り組みによって、焼却ごみは年々着実に減り、目標としていた「焼却ごみ1/3削減」を平成26年度に達成することができました。
しかし、いまだにルールが守られずに出されるごみがあることから、さらなるごみ減量・再資源化を図るため、ごみの分別・排出ルールの遵守をお願いいたします。

ごみの分別・排出ルール

  1. きちんと分別して出す
  2. 地域で決められたごみステーションに出す
  3. 収集日の早朝から朝8時までに出す
  4. 決められた容器で出す

取り残しの対象となるもの

  • 収集日を間違えて出されたごみ
    例)可燃ごみの収集日に可燃ごみ以外が出されている場合
  • 指定袋に入れずに出されたごみ
    例)レジ袋や段ボールなど、指定袋以外で出された場合
    ※生ごみが多く、カラス等による散乱の可能性が高いものは、やむを得なく、収集することがあります。
  • 分別されずに、出されたごみ
    例)可燃ごみと資源物が分別されずに混在したまま出された場合
  • その他(ごみステーションに出せないもの)
    (粗大ごみ、排出禁止物、家電リサイクル法対象機器など)
    粗大ごみの出し方
    排出禁止物の処理について
    家電リサイクル法対象機器の処理について
  • 事業所から出されたごみ
    事業所、商店、飲食店などから出るごみの処理は有料です。
    家庭ごみステーションには出せません。
    事業所ごみの処理について

警告シールの見本

↑ごみ出しルールが守られていないものには、【警告シール】を貼り、取り残しをします。理由を確認して適正な排出をお願いします。

分別・排出ルール違反の例


レジ袋によるごみ排出

分別不徹底(段ボールによるごみ排出)

可燃ごみ指定袋に段ボールを入れて排出

不燃ごみ指定袋に空き缶を入れて排出


不燃ごみと有害ごみの分別不徹底・指定袋等の不使用

粗大ごみの不法投棄

ごみが取り残されていたら・・・

  • ご自分が出されたごみが取り残されていた場合は、一旦、ごみを持ち帰ってください。
  • 違反内容を確認し、ごみ出しルールを守ったうえで、あらためて出してください。
  • 改善が見られなかったごみについては、職員がごみを開封調査し、排出者が特定された場合は、訪問・指導を行うことがあります。

なお、交通に支障がある場合や、防災上・衛生上などやむを得ない場合は、取り残しをせずに、収集を行うことがあります。

みなさまのご理解とご協力をお願いします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

環境局資源循環部収集業務課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所4階

電話:043-245-5246

ファックス:043-245-5477

shushugyomu.ENR@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)